管理

CA APM の全体管理では、セキュリティの設定、ユーザ インターフェースの設定、ハードウェア照合の管理、および必要に応じて製品コンポーネントの構成設定の変更を行います。 製品の管理は柔軟ですので、以下の管理タスクは順不同に行うことができます。
casm173
CA APM の全体管理では、セキュリティの設定、ユーザ インターフェースの設定、ハードウェア照合の管理、および必要に応じて製品コンポーネントの構成設定の変更を行います。 製品の管理は柔軟ですので、以下の管理タスクは順不同に行うことができます。
以下のタスクの完了後に、すべてのユーザが製品にログインできるように、CA APM の URL およびログイン認証情報を提供します。
  • セキュリティ
    製品および機能へのユーザのアクセスを制御するには、セキュリティを定義します。 たとえば、あるユーザにはモデルおよびアセットへのアクセス権を与え、別のユーザにはリーガル ドキュメントへのアクセス権を与えます。
    詳細については、「セキュリティ」を参照してください。
  • ユーザ インターフェースの設定
    ユーザがデータを入力、管理、および検索する方法を簡略化するには、ユーザ インターフェースを設定します。 さらに、ユーザが許可されていないタスクの実行できないようにして安全を確保するとともに、IT アセット管理の慣行を遵守するようにします。 たとえば、すべての CA APM ユーザに対して[連絡先]ページを包括的に非表示にできます。 ただし、一部のユーザは、連絡先情報を確認および更新できる必要があります。 このため、こうしたユーザには[連絡先]ページを表示します。 ユーザ インターフェースの設定には柔軟性があり、ほとんどすべての形態のユーザ インターフェースを設定できます。
    詳細については、「ユーザ インターフェースの設定方法」を参照してください。
  • ハードウェア照合
    検出されたアセット
    を別の論理リポジトリの対応する
    所有アセット
    に一致させて、アセットを管理するには、ハードウェア照合を使用します。 アセットについて、許可されていないもの、見つからないもの、低利用率のもの、および高利用率のものを識別できますので、ハードウェアのアセット ベースを最適化できます。
    詳細については、「ハードウェア照合」を参照してください。
  • 製品コンポーネント
    製品のインストール時に設定した製品コンポーネントの構成を変更できます。 たとえば、Oracle のリスニング ポートを変更できます。 また、追加のサーバにコンポーネントを追加して、製品のパフォーマンスを維持しながら製品の拡張性を有効にできます。 たとえば、追加のサーバにハードウェア照合を追加できます。 柔軟に設定できるため、多くのコンポーネントの設定を変更できます。
    詳細については、「LDAP サーバの追加」を参照してください。