CA SDM 環境のプロモーションの制限事項

CA SDM 環境のプロモーションには以下の制限が適用されます。
casm173
CA SDM 環境のプロモーションには以下の制限が適用されます。
  1. 削除操作はサポートされていません。
    たとえば、ソース システムでアクセス タイプから役割を削除しても、ターゲット システムには昇格されません。
  2. 選択的なカスタマイズのプロモーションはサポートされていません。
    たとえば、開発システムで複数のスキーマ変更を作成したユーザは、特定の変更を選択してターゲット システムに昇格させることはできません。
  3. NX_ROOT/pdmconf/export.cfg
    ファイルに定義されている除外リスト内のオブジェクトが、昇格されたオブジェクトにリンクされるのは、それらのレコードがターゲット システムで利用可能な場合のみです。
    たとえば、OOTB cnt オブジェクトが除外リストに含まれており、担当者
    testuser
    が指定されている領域
    testarea
    を含む pcat オブジェクトをエクスポートするとします。 pcat オブジェクトをターゲット システムにインポートした後に、ユーザ(
    testuser
    )がターゲット システムに存在する場合、
    testarea
    レコードの担当者は
    testuser
    にリンクされます。 ユーザ(
    testuser
    )がターゲット システムに存在しない場合、このレコードの担当者フィールドは空になります。
  4. CA SDM 管理者は、Windows 以外のシステムではソフト リンクを昇格させることはできません。
  5. プロモーション操作が実行されているコンソールで
    Ctrl + C
    キーを押すと、確認メッセージにジョブを終了するための
    (Y/N)
    が表示されます。 プロモーション操作は、選択内容に関係なく終了します。
  6. 大量のデータをエクスポートまたはインポートする場合は、以下のシナリオに従う必要があります。
    1. インポート中にエラー「
      Exception in thread "main" java.lang.OutOfMemoryError: Java heap space
      」が発生した場合は、以下のタスクを実行します。
      • JVM を更新します。
        • NX_ROOT
          /bin/ フォルダに移動して、
          db_promote.bat
          ファイルを編集モードで開きます。
        • データ インポート マネージャ jar ファイルにメモリ ヒープ サイズのパラメータを追加します: %NX_JRE_INSTALL_DIR%/bin/java" -cp %JAVA_CP% com.ca.ServicePlus.dataimport.DataImportManager -a %*
          例: データ インポート マネージャ jar ファイルに 1024 MB のヒープ サイズを追加します: %NX_JRE_INSTALL_DIR%/bin/java"
          -Xmx1024M
          -cp %JAVA_CP% com.ca.ServicePlus.dataimport.DataImportManager -a %*
          32 ビット オペレーティング システムの場合、最大ヒープ サイズに 4 GB のみを定義できます。
      • 以下の方法で、エクスポート パッケージのサイズを削減します。
        • ユーザ インターフェースから、より小さなフィルタ範囲を選択します。
          たとえば、検索フィルタは 30 日間に設定されていますが、日付範囲を 15 日間に減らして再度エクスポートします。
        • NX_ROOT/pdmconf/
          export.cfg
          ファイル
          の MAXDEPTH プロパティの値を小さくします。
          エクスポートされるオブジェクトは、定義済みの最大レベルに制限されます。 最大の深さレベルを超える従属オブジェクトは手動でエクスポートしてください。
    2. 大量の MDB データがプロモーションの対象として選択されている場合、エクスポートまたはインポートが完了するまで数時間かかることがあります。 エクスポートまたはインポートを開始する前に、MDB のレベル設定を実行します。 MDB のレベル設定の詳細については、「ソースからターゲット システムに CA MDB データを移動する方法」を参照してください。