SDMP 設定プロパティ ファイル

sdmp_config.properties ファイルを編集して、エクスポートまたはインポートのプロセスの動作を制御します。 デフォルトでは、このファイルは NX_ROOT/site/cfg/sdmp_config.properties にインストールされます。
casm173
sdmp_config.properties
ファイルを編集して、エクスポートまたはインポートのプロセスの動作を制御します。 デフォルトでは、このファイルは
NX_ROOT/site/cfg/sdmp_config.properties
にインストールされます。
SDMP 設定ファイルには、以下のプロパティが含まれています。
export_import_path
このプロパティは、環境のプロモーションのルート フォルダを定義します。 ローカル パス、マップされたドライブ パス、または認証済みのネットワーク共有パスを正しい形式で設定します。
例:
C:\\data\\work
または
C:/data/work
\\\\sharedpath\\work
または
//sharedpath/work
値を指定しない場合は、
NX_ROOT
パスが使用されます。
disk_space
このプロパティは、設定とカスタマイズのプロモーションに適用できます。 エクスポートまたはインポートのプロセスを実行するのに十分なディスク容量がシステム内にあることを確認します。
デフォルト:
10 MB
値を MB 単位で指定します。
timeout
CA SDM 環境のプロモーションでは、CA SDM pdm コマンド ユーティリティを使用します。 コマンド ライン ユーティリティで、指定したタイムアウト期間に応答がない場合、ユーティリティは終了します。
デフォルト:
600 秒
値を秒単位で指定します。
db_data_disk_space
このプロパティは、オブジェクト データのプロモーションに適用されます。 エクスポートまたはインポートのプロセスを実行するのに十分なディスク容量がシステム内にあることを確認します。
デフォルト:
10 MB
値を MB 単位で指定します。
skip.validation.tomcat
ソースとターゲットの Tomcat バージョンの比較または検証がスキップされるかどうかを示します。 値が True に設定された場合、検証はスキップされます。
デフォルト:
False
skip.validation.java
ソースとターゲットの Java バージョンの比較または検証がスキップされるかどうかを示します。 値が True に設定された場合、検証はスキップされます。
デフォルト:
False
skip.validation.wsp
ソース システムでのカスタマイズの変更(WSP)がスキップされるかどうかを示します。 値が True に設定された場合、カスタマイズはスキップされます。
デフォルト:
False