リモート参照の作成

CA SDM アプリケーションから実行する外部プログラムへのリモート参照を構成できます。 CA SDM では、外部プログラムへのリモート参照を作成できます。
casm173
HID_Create_Remote_References
CA SDM アプリケーションから実行する外部プログラムへのリモート参照を構成できます。 CA SDM では、外部プログラムへのリモート参照を作成できます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブで、[Service Desk]-[アプリケーション データ]-[リモート参照]を選択します。
    [リモート参照リスト]ページが表示されます。
  2. [新規作成]をクリックします。
    [リモート参照の新規作成]ページが表示されます。
  3. 必要に応じて、リモート参照フィールドに入力します。
  4. [保存]をクリックします。
    リモート参照定義が保存され、[リモート参照の詳細]ページが表示されます。
[リモート参照]のフィールド
[リモート参照]のページにあるフィールドを使用して、リモート参照定義の指定、検索、および編集を行うことができます。
テキストを入力できるすべての検索フィールドで % ワイルドカード文字の使用がサポートされています。
以下のフィールドについて簡単に説明します。
  • 各機能へのアクセス
    リモート参照が属するファンクション領域を指定します。 たとえば、参照が管理ファンクションに関連している場合は[管理]を選択します。 参照が通知に関連している場合は[通知]を選択します。
  • アーキテクチャ タイプ
    リモート参照に適したオペレーティング環境を指定します(Windows または UNIX)。
  • NT サーバ、UNIX サーバ、または UNIX Client 実行コマンド
    Windows サーバまたは UNIX オペレーティング環境でリモート参照を実行する文字列を指定します。
    [詳細]アイコンをクリックして[その他の検索引数]フィールドを表示できます。 このフィールドは、SQL や Majic の知識を持つエキスパート ユーザのみを対象としています。 このフィールドに SQL WHERE 節を入力して、追加の検索引数を指定できます。