マクロとイベント

マクロを使用すると、オブジェクトにアクションを追加したり、特定の特性や条件を確認したりできます。 たとえば、マクロを使用して案件にアクティビティ ログを追加したり、優先度の高い案件を検索できます。 CA SDM には、未割り当て案件の検索、呼び出し側への通知、およびアクティビティ ログの作成などのタスクを実行するマクロが標準装備されています。
casm173
マクロを使用すると、オブジェクトにアクションを追加したり、特定の特性や条件を確認したりできます。 たとえば、マクロを使用して案件にアクティビティ ログを追加したり、優先度の高い案件を検索できます。 CA SDM には、未割り当て案件の検索、呼び出し側への通知、およびアクティビティ ログの作成などのタスクを実行するマクロが標準装備されています。
この記事には、以下のトピックが含まれています。
HID_Macros
マクロの作成
マクロを作成し、そのマクロを使用してオブジェクトにアクションを追加したり、特定の特性や条件を検索したりできます。
マルチテナンシーをインストールしている場合は、ドロップダウン リストから適切なテナントを選択します。 パブリック(共有)オプションを指定すると、すべてのテナントで使用できるオブジェクトが作成されます。
マクロを作成するには、以下の手順に従います。
  1. [管理]タブで、[イベントとマクロ]-[マクロ]を選択します。
    [マクロ リスト]ページが開きます。
  2. [新規作成]をクリックします。
    [マクロの新規作成]ページが表示されます。
  3. 以下のフィールドを指定します。
    シンボル
    マクロの簡潔な識別子を入力します。
    マクロ タイプ
    このマクロのタイプを選択します。 選択したマクロ タイプによって、指定が必要な残りのデータが制御されます。
    : CA SDM で CA IT PAM ワークフローが設定されている場合、選択できるのは[CA IT PAM アクションの実行]のみです。 CA SDM で CA Workflow が設定されている場合、選択できるのは[CA Workflow アクションの実行]のみです。
    オブジェクト タイプ
    マクロを実行するオブジェクトの種類を選択します。
  4. [続行]をクリックします。
    選択したマクロ タイプに基づいて、マクロに必要な残りのデータにも値が入力されます。
リモート参照の実行マクロ
このマクロ タイプによって、サーバ上の外部プログラムが起動します。
以下の手順に従います。
  1. 以下のフィールドを指定します。
    リモート参照
    マクロで起動する外部プログラムへのリモート参照の名前。 このフィールドにリモート参照名を直接入力するか、検索アイコンをダブルクリックしてリモート参照を選択します。
    コマンド パラメータ
    コマンドを実行するために必要な追加パラメータ。
  2. [保存]をクリックします。
    リモート参照の実行マクロが作成されます。
複数の通知マクロ
このマクロ タイプを実行すると、1 つ以上の連絡先に通知を送信できます。 送信するメッセージ、メッセージの受信者、および緊急度レベルを指定できます。
以下の手順に従います。
  1. [メッセージ テンプレート]フィールドにテンプレート名を直接入力するか、または検索アイコンをクリックして目的のテンプレートを選択します。 このテンプレートは、通知メッセージの作成に使用されます。
  2. [保存]をクリックします。
  3. 通知先として適切な連絡先を以下のタブで選択します。
    注:
    通知先となる連絡先を検索して追加選択するには、各タブに表示される[連絡先の更新]ボタンをクリックします。
    オブジェクトの連絡先
    チケットに関する通知を受信する、選択されたオブジェクト タイプで使用可能な組織、ベンダー、および構成アイテムを表示します。 たとえば、通知する影響を受けるエンド ユーザ、または影響を受けるエンド ユーザの組織を選択できます。
    連絡先
    通知マクロに追加された人物が、チケットに対する関連付けによらず、表示されます。
    連絡先タイプ
    アナリスト、顧客など、通知マクロで同じ分類として定義されたユーザが表示されます。
  4. [保存]をクリックします。
    複数の通知マクロが作成されます。
サイト定義の条件マクロ
このマクロ タイプを実行すると、True および False の条件文が評価されます。このマクロ タイプを管理者が作成すると、個々のサイトに独自の動作を設定できます。
以下の手順に従います。
  1. 以下のフィールドを指定します。
    [すべての条件が満たされた場合に次を返す]では、すべての条件が満たされた場合に返す値を選択します。 有効な値は、[はい]または[いいえ]です。 [レコード ステータス]では、マクロがアクティブであるか、非アクティブであるかを選択します。
  2. [保存]をクリックします。
  3. [条件]タブで、[条件の追加]をクリックします。
    [Atomic 条件の新規作成]ページが開きます。
  4. 必要に応じて以下のフィールドに値を入力します。
    シーケンス
    サイト定義の条件内で条件が評価される順序。
    属性の選択
    評価される属性。 このフィールドに属性名を直接入力するか、検索アイコンをダブルクリックして目的の属性を選択します。
    演算子の選択
    評価で使用する条件演算子を選択します。 有効な値は、[等しい]、[等しくない]、[より大きい]、[より小さい]、[空/Null]、[空/Null 以外]です。
    属性またはデータ値の選択
    評価される属性またはデータ値のどちらかを選択します。
    属性値/データ値
    評価される値。 属性またはデータ値をフィールドに直接入力するか、検索アイコンをダブルクリックして目的の値を選択します。
  5. [保存]をクリックします。
  6. この手順を繰り返して、必要な条件をすべて作成します。
    サイト定義のマクロが作成されます。
マクロの検索
各マクロの概要情報は、[マクロ リスト]ページで表示できます。 このページを表示するには、[管理]タブで、[イベントとマクロ]-[マクロ]を選択します。
フィルタをセットアップすると、特定の条件に一致するマクロのみを表示できます。
マルチテナンシーがインストールされている場合、[リスト]ページでは検索フィルタに[テナント]および[パブリック データ]の設定が表示されます。 パブリック データは、テナント データから除外するか、テナント データに包含することができます。パブリック オブジェクトのみ検索します。 詳細ページで、ドロップダウン リストから適切なテナントを選択します。 [<空>]を選択すると、オブジェクトはパブリックになります。
マクロ リストをフィルタするには、以下の手順に従います。
  1. [マクロ リスト]ページの[フィルタを表示]をクリックします。
    ページの上部に、[検索フィルタ]フィールドが表示されます。
  2. 以下のフィールドに適切な値を入力します。
    タイプ
    [マクロ タイプの詳細]ページで定義されるマクロ タイプのシンボルです。
    オブジェクト タイプ
    [マクロ タイプの詳細]ページで定義されるマクロ タイプのシンボルです。
    シンボル
    マクロのシンボルです。
    アクティブ
    データベースでマクロ レコードがアクティブであるか、非アクティブであるかを示します。
    [詳細]アイコンをクリックして[その他の検索引数]フィールドを表示できます。 このフィールドは、SQL や Majic の知識を持つエキスパート ユーザのみを対象としています。このフィールドでは、標準の検索フィルタ フィールドでは使用できない検索引数を指定できます。 このフィールドに SQL WHERE 節を入力して、追加の検索引数を指定できます。
  3. 検索
    ]をクリックします。
    [マクロ リスト]ページには、検索条件に一致するマクロが表示されます。
    : リスト結果は、Excel にエクスポートして CA SDM の外部で使用できます。エクスポートするには、[リスト]ページの[エクスポート]ボタンをクリックします。
マクロの編集
作成済みのマクロを更新できます。
以下の手順に従います
  1. [管理]タブで、[イベントとマクロ]-[マクロ]を参照します。
    [マクロ リスト]が表示されます。
  2. 目的のマクロを選択します。
    [マクロの詳細]ウィンドウが開きます。
  3. [編集]をクリックします。
    [マクロの更新]ウィンドウが開きます。
  4. 必要に応じてフィールドを編集します。
  5. 以下のいずれかのボタンをクリックします。
    • 保存
      -- マクロを保存し、ウィンドウを閉じます。
    • キャンセル
      -- 変更内容を保存せずにウィンドウを閉じます。
    • リセット
      -- すべてのフィールドを最後に保存された値にリセットします。
マクロ タイプ
各マクロ タイプの概要情報は、[マクロ タイプ リスト]ページで表示できます。 マクロ タイプは編集できませんが、マクロの動作と外観に影響を与える特定のマクロ タイプでマクロを作成できます。 このページを表示するには、[管理]タブで、[イベントとマクロ]-[マクロ タイプ]を選択します。
[マクロ タイプの詳細]ページには、以下のタブがあります。
  • 実行スクリプト
    このマクロの開始時に実行される CA Technologies 内部コードが表示されます。 たとえば、タスクのステータスが「待機」から「保留中」に変わった場合に、このマクロが実行されます。
  • 検証スクリプト
    このマクロ タイプの要件を示す CA 内部コードが表示されます。
マクロ タイプ リストのフィルタ
フィルタをセットアップすると、表示されるマクロ タイプを特定の条件に一致するマクロ タイプのみに制限できます。
以下の手順に従います。
  1. [マクロ タイプ リスト]ページの[フィルタを表示]ボタンをクリックします。
    ページの上部に、[検索フィルタ]フィールドが表示されます。
  2. マクロ タイプ リストにフィルタを適用する適切な値をフィールドに入力します。
    • Enum コード
      システムにマクロ タイプを定義する内部コードです。
    • シンボル
      マクロ タイプの目的を示す、マクロ タイプの識別子です。
    • アクティブ
      データベースでマクロ タイプ レコードがアクティブであるか、非アクティブであるかを示します。
  3. 検索
    ]をクリックします。
    [マクロ タイプ リスト]には、検索条件に一致する項目が表示されます。