LDAP サーバの管理

複数の LDAP サーバを と統合できます。 提供される管理サービスにより、以下のタスクを実行できます。
casm173
複数の LDAP サーバを
CA Service Management
と統合できます。 提供される管理サービスにより、以下のタスクを実行できます。
  • LDAP サーバのソリューションへの追加
  • LDAP サーバの詳細の表示および更新(必要に応じて)
この記事には、以下のトピックが含まれています。
LDAP サーバの追加
CA Service Management
では、LDAP サーバからユーザの詳細をインポートできます。 LDAP サーバからユーザをインポートするには、まず、LDAP サーバをソリューションに追加する必要があります。 ソリューションに追加した LDAP サーバからのみ、ユーザをインポートすることができます。
以下の手順に従います。
  1. CA Service Catalog のユーザ インターフェースから提供サービスにアクセスできます。
  2. ホーム ページで、[サービスをリクエスト]をクリックします。
    リクエスト ページが表示されます。
  3. [カテゴリ]で、[Service Management 管理]をクリックします。
  4. [LDAP サーバの追加]をクリックします。
  5. LDAP サーバの詳細を指定し、[サブミット]をクリックします。
LDAP サーバの管理
ソリューションと統合されている LDAP サーバを表示および変更することができます。 ソリューションと統合されている LDAP サーバが不要になった場合は、その LDAP サーバを非アクティブ化できます。
以下の手順に従います。
  1. CA Service Catalog のユーザ インターフェースから提供サービスにアクセスできます。
  2. ホーム ページで、[サービスをリクエスト]をクリックします。
    リクエスト ページが表示されます。
  3. [カテゴリ]で、[Service Management 管理]をクリックします。
  4. [LDAP サーバの管理]をクリックします。
  5. 使用可能な LDAP サーバのリストを検索します。
  6. 更新する LDAP サーバを選択して、[更新]をクリックします。
  7. LDAP サーバの詳細を更新して、[サブミット]をクリックします。
CA SDM を使用して LDAP サーバを管理する方法の詳細については、「CA SDM を LDAP と統合する方法」を参照してください。