テナントの管理

マルチテナントでは、複数の独立したテナント(およびそのユーザ)が の単一の実装を共有できます。 では、ソリューションに含まれる製品のテナントを、単一の場所から作成および管理することができます。 テナント管理の一環として、管理サービス製品を使用して以下のタスクを実行することができます。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
マルチテナントでは、複数の独立したテナント(およびそのユーザ)が
CA Service Management
の単一の実装を共有できます。
CA Service Management
では、ソリューションに含まれる製品のテナントを、単一の場所から作成および管理することができます。 テナント管理の一環として、管理サービス製品を使用して以下のタスクを実行することができます。
マルチテナンシーの有効化または無効化
ソリューション内のテナントを管理するには、マルチテナンシーを有効にする必要があります。 ソリューション内にテナントがない場合またはテナントを管理しない場合は、テナントを無効にすることができます。
マルチテナンシーを無効にすると、アプリケーションへのアクセス権を持つすべてのユーザがテナント関連データを利用できるようになります。
テナントの作成
必要に応じて任意の数のテナントを定義し、クライアントにサポートを提供する複数の会社を管理できます。 新しいテナントを作成すると、そのテナントでは、
CA Service Management
実装が、そのテナントだけで使用しているものとしてのみ表示されます。そのテナントから別のテナントのデータを更新または表示することはできません。
テナントの表示および更新
組織内で管理しているすべてのテナントのリストを表示できます。 必要に応じて、テナントの詳細に変更を加えることができます。 たとえば、新しい条件に合わせてテナントの使用条件を変更することができます。 テナントを管理しなくなった場合は、非アクティブにすることができます。
管理提供サービスを使用して、テナントの親の詳細を更新することはできません。 親の詳細を更新するには、それぞれの製品のユーザ インターフェースにアクセスする必要があります。