CA SDM およびコンポーネントの設定

CA SDM および選択した追加製品をインストールした後で、以下の手順に従います。
casm173
CA SDM および選択した追加製品をインストールした後で、以下の手順に従います。
  • CA SDM コンポーネント(サーバ、データベース、Web インターフェース)の設定
  • Web サーバとプライマリ サーバとが異なるコンピュータ上にある場合の、Web インターフェースの設定
  • サポート オートメーションの設定
  • 自動ポリシーのナレッジ ドキュメント ライフサイクル レポートの実装
  • CA Business Intelligence の設定
  • マルチテナンシーの実装
この記事には、以下のトピックが含まれています。
CA SDM コンポーネントの理解
CA SDM コンポーネントには、CMDB、Visualizer、Web Screen Painter、およびサポート オートメーションが含まれます。
Configuration Management Database (CMDB)
CMDB は、ビジネス サービスのコンテキストで IT 関連データのさまざまなソースを統合して調整します。 これにより、リソース属性、関係、依存関係などの構成アイテム(CI)情報を表示することができます。 CMDB を使用して、予定されている変更に関連する関係を表示でき、ビジネス サービスの観点からそのような変更に関連する影響を把握(影響を分析)することができます。 CMDB は、CA SDM のインストール時に自動的にインストールされます。
Visualizer
Visualizer は、関係のタイプを含む、CI および関連する CI をグラフィカルに表します。 Visualizer で CI をダブルクリックすることで、関係をたどり、1 つの CI が他の CI に与える影響を理解することができます。 プライマリ サーバまたはセカンダリ サーバに CA SDM をインストールする際に、Visualizer を設定できます。 ただし、CA SDM をインストールした後に Visualizer を設定する場合は、CA SDM を起動してから、構成ウィザードの Visualizer を使用します。
Web Screen Painter
Web Screen Painter を使用して、ニーズに合わせて CA SDM のデータベース スキーマを変更することができます。 また、Web Screen Painter では、物理 DBMS スキーマを更新したり、他のユーザに影響を与えたりする前に、独自の Web フォームでスキーマ変更をテストすることもできます。 標準構成では、プライマリ サーバまたは任意のセカンダリ サーバに Web Screen Painter をインストールすることができます。 ただし、高可用性構成では、バックグラウンド サーバにのみ Web Screen Painter をインストールします。 スタンバイ サーバまたはアプリケーション サーバにインストールすると、起動時にエラー メッセージが表示されます。
サポート オートメーション
サポート オートメーションは、ツール、プロセス、およびテクノロジのセットです。 これにより、エンド ユーザに必要な最小限の操作でコンピュータの問題を自動的に診断、修復、回避できるようになります。 サポート オートメーションは、IT アナリストがエンド ユーザのコンピュータにリモートでアクセスし、問題を修正するのに役立ちます。 CA SDM のインストール時に、サポート オートメーションを設定できます。
REST Web サービスおよびサポート オートメーション設定の前提条件
REST Web サービスおよびサポート オートメーションには、tools.jar ファイルおよび javac が必要です。これらは、AIX 用の CA SDM インストーラでは入手できません。
AIX で REST Web サービスおよびサポート オートメーションを使用する場合は、JDK 1.7 をダウンロードして、任意の位置にインストールしてください。 $NX_Home/NX.env ファイルの NX_JRE_INSTALL_DIR 変数で定義されている JRE の場所に、JDK 1.7 から tools.jar ファイルをコピーします。
CA SDM サーバおよびデータベースの設定
CA SDM のインストールでは、サーバとデータベースが初期化および設定されます。 サーバおよびデータベースの設定の詳細については、「高可用性用にサーバを設定する方法」を参照してください。
CMDB の設定
CMDB 監査ログのセットアップ
CMDB 監査で使用されるオブジェクトとトリガの定義、属性、および HTML フォームは変更されました。
以下の手順に従います。
  1. site/mods/
    extension
    .mod (
    extension
    は拡張名)をすでに作成している場合は、
    cmdb_write_audit_log_site
    トリガを削除します。
    本製品のこのリリースでは、監査は自動的に作成および有効化されます。
  2. ログに記録する各属性に 'UI_INFO("AUDIT_LOG")' を追加します。
  3. 既存の HTML フォームをマイグレートするには、新しい CA SDM テンプレートを使用します。
AIX 上の CMDB Visualizer 設定
IBM AIX が該当
CA SDM では、デフォルトで、すべての動作環境に CMDB Visualizer がインストールされます。 必要に応じて、CMDB Visualizer を設定できます。 IBM AIX では、追加のセキュリティ ポリシー ファイルが必要になります。
以下の手順に従います。
  1. CMDB Visualizer が設定されていることを確認します。
  2. 無制限ポリシー ファイル(バージョン 1.4.2 以上)を IBM の Web サイトの[無制限 JCE ポリシー ファイル]ページからダウンロードします。
    ポリシー ファイルをダウンロードするには、IBM の Web サイトで登録を行ってください。
  3. 共有コンポーネント JRE ディレクトリ(デフォルトの場所: /opt/CA/SC/JRE/<version>/lib/security)にある local_policy.jar ファイルおよび US_export_policy.jar ファイルを、IBM の Web サイトからダウンロードしたポリシー ファイルに置き換えます。
  4. 以下のコマンドを使用して、Visualizer を停止して、開始します。
    pdm_tomcat_nxd -c STOP -t VIZ pdm_tomcat_nxd -c START -t VIZ
    CMDB Visualizer が IBM AIX 上に設定されます。
CMDB との互換性のためのサード パーティ スクリプトの変更
現在の製品リリースに含まれるスクリプトでは、ext_asset 属性の名前が、ID に変更されます。 CMDB 拡張テーブル用に、CA SDM Web サービスを使用するサード パーティ スクリプトを変更します。
以下の手順に従います。
  1. 変更するサード パーティ スクリプトを開きます。
  2. ext_asset の SQL 参照をすべて ID に置き換えます。
    スクリプトは、現在の製品リリースとの互換性を確保します。
CMDB レポートのターゲット サーバを切り替える方法
CA Cohesion ACM システムは、CMDB サーバに CI データをエクスポートして、CMDB のレポートを作成します。 CI データをエクスポートするには、CMDB のターゲット サーバを切り替えて、CMDB レポートを実行します。
以下の手順に従います。
  1. CI データをエクスポートするターゲットとして CMDB サーバを使用し、CMDB レポートを実行します。
  2. CA Cohesion ACM サーバ サービスを再起動します。
  3. CI データをエクスポートする別のターゲット CMDB サーバに切り替え、CMDB レポートを実行します。
  4. (オプション)手順 2 ~ 3 を繰り返します。
単一エントリ ポイントの設定
CA SDM で単一エントリ ポイントを設定すると、CA Service Catalog へのシングル サインオン(SSO)が可能になります。
CA SDM での CA Catalog 詳細の定義
CA Catalog の詳細を定義すると、CA SDM サーバは CA Catalog のインストール位置を識別できます。
以下の手順に従います。
  1. CA SDM にログインし、[
    管理
    ]タブに移動し、[
    オプション マネージャ
    ]-[
    一般
    ]-[
    catalog_server
    ]を選択します。
  2. 必要な CA Catalog 詳細を設定します。
  3. CA SDM サーバを再起動します。
  4. CA SDM の[Unified Self-Service]ページにログインします。
  5. [カタログ サービスの参照]をクリックします。
    CA Service Management
    のログイン ページが表示されます。
CA Catalog のシングル サインオンの有効化
CA SDM および
CA Service Management
の両方に CA EEM を設定すると、単一エントリ ポイントによって CA Service Catalog へのシングル サインオンが可能になります。 シングル サインオンが設定されている場合は、
CA Service Management
のログイン ページは表示されません。
CA SDM の Unified Self-Service にゲストとしてログインする場合、シングル サインオンは利用できません。
以下の手順に従います。
  1. CA SDM にログインし、[
    管理
    ]タブ-[
    オプション
    マネージャ]-[
    セキュリティ
    ]に移動し、
    eiam_hostname
    および
    user_eiam_authentication
    がインストールされていることを確認します。
  2. CA EEM に移動してユーザをセットアップし、これらのユーザが
    CA Service Management
    にも存在していることを確認します。
  3. CA SDM の[
    管理
    ]タブ-[
    セキュリティと役割の管理
    ]-[
    アクセス タイプ
    ]に移動し、[
    従業員
    ]役割を選択します。
  4. [Web 認証]タブの検証タイプが、[
    CA EEM - CA Embedded Entitlements Manager を使用
    ]に設定されていることを確認します。
  5. 定義済み CA EEM ユーザとしてログインし、[Unified Self-Service]ページに移動します。
  6. [カタログ サービスの参照]をクリックします。
    CA Service Catalog のメイン ページが表示されます。
システム環境の変更
オプション マネージャを使用する(推奨)かまたは環境テンプレート ファイルを編集して、システム環境をカスタマイズできます。
オプション マネージャの使用によるシステム環境の変更
CA SDM にログインした後、[
管理
]タブ-[
オプション マネージャ
]に移動し、以下のアクションを実行してシステム環境を変更します。
  • 使用可能なすべてのオプションのリストを入手します。
  • 関連付けられているアプリケーション、簡潔な説明、そのステータスなど、各オプションの概要を表示します。
  • 特定のオプションの詳細を表示します。
    オプションの詳細情報を表示している場合は、オプションを変更する際に実行する必要がある特別なアクションを表示できます。 たとえば、一部のオプションをインストールまたはアンインストールした後に、CA SDM サーバを再起動してオプションを有効にする必要があります。
  • すべてのオプションのステータスを概要レベルで確認します。
  • 使用可能なオプションのいずれかをアンインストールします(バックグラウンド サーバでのみ適用可能)。
    オプションの多くは、CA SDM のインストール時にインストールされ、あらかじめ設定されます。 オプション マネージャを使用してオプションをインストールまたはアンインストールすると、一部またはすべての初期設定が変更される可能性があります。
  • 定義済みの任意のオプションのインストールします(バックグラウンド サーバでのみ適用可能)。
環境テンプレートの編集によるシステム環境の変更
CA SDM では、環境テンプレート ファイル(NX.env.tpl)内で指定された環境変数を使用して、特定の動作を決定します。 システムの動作の一部は、環境変数を使用して変更できます。 通常はオプション マネージャを使用してシステムの動作を制御しますが、CA テクニカル サポートから特定の環境変数を直接変更するように指示されることもあります。
環境テンプレート ファイルを編集する場合に考慮すべき点
  • このファイルに設定する環境変数は、プロセスが実行されるプロセス空間内の環境変数を設定して無効化することができます。 この設定は、特定の状況では役立ちますが、必須ではありません。 変数の設定の前に(@)記号を付けると、その変数はプロセス空間の変数によって上書きされません。 上書きを許可する特定の理由がない限り、テンプレート ファイルの変数名の前には必ず @ 記号を付けてください。
  • このファイルのコメント文字は、シャープ記号(#)と感嘆符(!)です。 感嘆符は、オプションの無効化にも使用できます。
テンプレート ファイル(NX.env.tpl)を変更し、設定プロセスで環境ファイルに変更を適用できるようにします。 環境ファイル(NX.env)は絶対に直接変更しないでください。
以下の手順に従います。
  1. システム環境に応じた環境テンプレート ファイル(.tpl)をバックアップします。
    • UNIX -- $NX_ROOT/pdmconf/NX.env.tpl
    • Windows - インストール ディレクトリ\pdmconf\NX.env_nt.tpl
  2. CA SDM の設定に応じて、以下のサーバの環境テンプレート ファイルを編集します。
    • 標準: プライマリ サーバ
    • 高可用性: いずれかのスタンバイ サーバ
    このファイルは、任意のテキスト エディタを使用して表示および変更できます(Windows ユーザはワードパッドを使用します)。
  3. 必要な更新を行い、テンプレートを保存します。
  4. プライマリ サーバまたはスタンバイ サーバ上で環境設定ユーティリティを実行し、環境テンプレート ファイルに行った変更を実際の環境ファイルに適用します。
  5. CA SDM の設定に応じて、以下のいずれかのアクションを実行します。
    システムのシャットダウンを回避するために、CA SDM サーバ全体をリサイクルするのではなく、特定のプロセスのみを再起動するようにサポート技術者から指示されることがあります。