従業員とゲスト用インターフェースを設定する方法

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
CA SDM を使用すると、従業員とゲストに別々のインターフェースを設定できます。 これらの別々のインターフェースは、[管理]タブの[オプション マネージャ]で設定します。 これらのインターフェースは、以下の値によって制御されます。
  • employee_intf_incident_support
    以下の値が表示されます。
    • リクエストのみ
    • インシデントのみ
    • インシデントとリクエストの両方
  • guest_intf_incident_support
    以下の値が表示されます。
    • リクエストのみ
    • インシデントのみ
    • インシデントとリクエストの両方
新規インストールの場合、ITIL はデフォルトで[
インシデントのみ
]に設定された値で設定されています。 以前の非 ITIL の設定からマイグレートしている場合、オプションはインストールされますが、値は[
リクエストのみ
]に設定されます。
従業員用インターフェースの構成
インシデント、リクエスト、またはその両方を表示する従業員用インターフェースを構成できます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブをクリックします。
    [管理]コンソールが表示されます。
  2. [オプション マネージャ]-[リクエスト マネージャ]をクリックします。
    [オプション リスト]が表示されます。
  3. [employee_intf_incident_support]をクリックします。
    [オプションの詳細]ページが表示されます。
  4. [オプション値]フィールドを以下のいずれかの値に変更します。
    • インシデントのみ
      (ITIL のデフォルト)従業員用インターフェースにインシデント チケット タイプのみを表示します。
    • リクエストのみ
      従業員用インターフェースにリクエスト チケット タイプのみを表示します。
    • インシデントとリクエストの両方
      従業員用インターフェースにインシデント チケット タイプとリクエスト チケット タイプの両方を表示します。
    [保存]をクリックします。
  5. [更新]をクリックして選択内容を確認します。
    [オプションの詳細]が更新されます。
  6. [オプションの詳細]を閉じます。
ゲスト用インターフェースの構成
インシデント、リクエスト、またはその両方を表示するゲスト用インターフェースを構成できます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブをクリックします。
  2. [オプション マネージャ]-[リクエスト マネージャ]をクリックします。
  3. [guest_intf_incident_support]をクリックします。
  4. [オプション値]フィールドを以下のいずれかの値に変更します。
    • インシデントのみ
      (デフォルト)ゲスト用インターフェースにインシデント チケット タイプのみを表示します。
    • リクエストのみ
      ゲスト用インターフェースにリクエスト チケット タイプのみを表示します。
    • インシデントとリクエストの両方
      ゲスト用インターフェースにインシデント チケット タイプとリクエスト チケット タイプの両方を表示します。
    [保存]をクリックします。
  5. [更新]をクリックして選択内容を確認します。
    [オプションの詳細]が更新されます。
  6. [オプションの詳細]を閉じます。