高可用性から標準設定へのサーバ設定の変更

CA SDM を標準設定から高可用性設定に変換できます。 以下を参照してください。
casm173
CA SDM を標準設定から高可用性設定に変換できます。 以下を参照してください。
高可用性設定から標準設定への変換
以下の手順に従います。
前提条件の確認
標準設定の計画を完了させます。 詳細については、「CA SDM のインストールの計画」を参照してください。
注: プライマリ サーバとして設定できるのは、バックグラウンド サーバだけです。 セカンダリ サーバとして設定できるのは、スタンバイ サーバおよびアプリケーション サーバだけです。
すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバの非アクティブ化
標準設定用にサーバを設定する前に、すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバを非アクティブ化してください。 以下の手順に従います。
  1. バックグラウンド サーバの Web インターフェースにログインします。
  2. 管理
    ]タブで、[
    システム
    ]-[
    サーバ
    ]を選択します。
    サーバ リスト
    ]ページが開きます。
  3. アプリケーション サーバのホスト名をクリックします。
    サーバの詳細
    ]ページが開きます。
  4. 編集
    ]をクリックします。
  5. レコード
    ]ステータスを[
    非アクティブ
    ]に変更します。
    非アクティブなサーバが存在する場合、そのサーバ上で CA SDM サービスを開始しないことをお勧めします。 このアクションにより、予期しない動作が発生する場合があります。
  6. [保存]
    をクリックします。
    アプリケーション サーバが非アクティブに設定されます。
  7. ほかのすべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバに対して、手順 3 ~ 6 を実行します。
    すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバが非アクティブに設定されます。
プライマリ サーバの設定
セカンダリ サーバを設定する前に、プライマリ サーバを設定する必要があります。 以下の手順に従います。
  1. バックグラウンド サーバの Web インターフェースにログインし、非アクティブにします。
  2. pdm_configure コマンドを使用して、設定を開始します。
    サーバ構成の選択
    ]画面が開きます。
  3. 設定タイプとして[
    標準
    ]を選択し、プロンプトに従って設定を完了します。 設定の詳細については、「サーバ設定ユーティリティ」を参照してください。
    プライマリ サーバが設定されます。
アプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバのタイプの変更
プライマリ サーバを設定した後、すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバのサーバ タイプをセカンダリ サーバに変更し、それらのサーバをアクティブ化します。 以下の手順に従います。
  1. プライマリ サーバが実行されていることを確認します。
  2. プライマリ サーバの Web インターフェースにログインします。
  3. 管理
    ]タブで、[
    システム
    ]-[
    サーバ
    ]を選択します。
    サーバ リスト
    ]ページが開きます。
  4. すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバの[
    レコード ステータス
    ]を[
    アクティブ
    ]に設定します。
  5. すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバのサーバ タイプをセカンダリ サーバに変更します。
    すべてのアプリケーション サーバおよびスタンバイ サーバのサーバ タイプが変更されます。
セカンダリ サーバの設定
プライマリ サーバを設定した後に各セカンダリ サーバを設定します。 この設定は、プライマリ サーバとの通信を確立するために必要です。 以下の手順に従います。
  1. 新しいセカンダリ サーバとして設定するアプリケーションまたはスタンバイ サーバにログインします。
  2. pdm_configure コマンドを使用して、設定を開始します。
    サーバ構成の選択
    ]画面が開きます。
  3. 設定タイプとして[
    標準
    ]を選択し、プロンプトに従って設定を完了します。
    セカンダリ サーバが設定されます。
  4. セカンダリ サーバとして設定する各サーバ上で手順 1 ~ 3 を繰り返します。
サーバの詳細を確認します
すべてのサーバを設定した後、各サーバが正しく設定され、使用可能になっていることを確認します。 以下の手順に従います。
  1. プライマリおよびすべてのセカンダリ サーバが実行されていることを確認します。
  2. プライマリ サーバの Web UI にログインします。
  3. 管理
    ]タブで、[
    システム
    ]-[
    サーバ
    ]を選択します。
    サーバ リスト
    ]ページが開きます。
  4. レコード ステータス
    ]が[非アクティブ]に設定されている場合は、サーバを編集して[
    アクティブ
    ]に設定します。 レコード ステータスを変更した場合は、そのサーバを再設定してください。
    サーバは正常に設定されました。