ファイル タイプ

CA SDM は、添付ファイルをサポートする事前定義済みのファイル タイプを提供します。 たとえば、事前定義済みのファイル タイプとして、Adobe Acrobat は、添付ファイルとして pdf ファイル形式をサポートします。 ファイル タイプを作成することもできます。 たとえば、インシデントのスナップショットをアップロードするために JPEG ファイル タイプを作成します。
casm173
HID_File_Types
添付ファイルとして使用できるファイル タイプを定義して、ユーザがファイル タイプを識別しやすくなるようにファイル タイプごとにアイコンを割り当てることができます。
ファイル タイプの作成
CA SDM は、添付ファイルをサポートする事前定義済みのファイル タイプを提供します。 たとえば、事前定義済みのファイル タイプとして、Adobe Acrobat は、添付ファイルとして pdf ファイル形式をサポートします。 ファイル タイプを作成することもできます。 たとえば、インシデントのスナップショットをアップロードするために JPEG ファイル タイプを作成します。
以下の手順に従います。
  1. CA SDM の設定に応じて、以下の CA SDM サーバから Web UI にログインします。
    • 標準: プライマリまたはセカンダリ サーバ
    • 高可用性: アプリケーション サーバまたはバックグラウンド サーバ
  2. [管理]
    -
    [添付ファイル ライブラリ]
    を選択し、添付ファイル ライブラリの[使用できないファイル タイプ]を選択します。
  3. 新規作成
    ]をクリックします。
    [ファイル タイプの新規作成]
    ページが開きます。
  4. 以下のフィールドを指定します。
    [タイプ]では、ファイル タイプまたは関連するソフトウェア アプリケーション(Word ドキュメント、イメージ、実行可能ファイルなど)を指定します。 [拡張子]では、基本ファイル名に追加して、ファイル タイプを示す文字を指定します。 たとえば、doc という拡張子は Microsoft の Word ドキュメントを示します。 [アイコン名]では、このファイル タイプの識別に使用されるアイコンを含む画像ファイルの名前を指定します。 [ステータス]では、レコードがデータベース内でアクティブになっていて、使用できるかどうかを示します。
    [保存]をクリックします。
    ファイル タイプが作成されます。