インシデント トラッキングのインストール

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
インシデント トラッキングによって、アナリストはインシデントに対して 1 つ以上のフラグを選択してインシデントを追跡できます。 アナリストが指定した情報から、レポートするインシデントの評価基準が提供されます。 たとえば、アナリストはインシデントが誤って割り当てられたことを示すことができます。 レポートで誤って割り当てられたチケットの割合が多い場合、組織は割り当てを調整する必要があることがわかります。
たとえば、アナリストは組織が以下のような処理を行うための情報を指定できます。
  • SLA 対応を改善し、サポート組織の低いレベルで解決することができます。
  • 間違って割り当てられているチケットを識別します。
  • 解決にリモート制御ツールが使用されたチケットを把握できます。
efficiency_tracking オプション マネージャ オプションをインストールすることによって、アナリストはインシデントの詳細ページの[効率性トラッキング]タブに表示されるトラッキング オプションを使用できるようにします。
インシデント トラッキングのインストール
HID_Install Incident Tracking
インシデントに特定のフラグを設定し、アナリストがインシデントを追跡できるオプションをインストールできます。 アナリストが指定した情報から、レポートするインシデントの評価基準が提供されます。 オプションをインストールすると、トラッキング フラグが[インシデント詳細]ページの[効率性トラッキング]タブに表示されます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブで、[オプション マネージャ]-[リクエスト マネージャ]を参照します。
    [オプション リスト]が表示されます。
  2. efficiency_tracking をクリックします。
    デフォルト値が設定された[efficiency_tracking オプションの詳細]ページが表示されます。
  3. [編集]をクリックします。
    デフォルト値が設定された[efficiency_tracking オプションの更新]ページが表示され、[説明]を編集することができます。
  4. [インストール]をクリックします。
    [efficiency_tracking オプションの詳細]ページが表示されます。
  5. [ウィンドウを閉じる]をクリックします。
    インシデント トラッキングがインストールされました。ただし、[効率性トラッキング]タブはインシデント詳細ページ上には表示されません。
  6. CA SDM サービスを再起動します。
    [効率性トラッキング]タブはインシデント詳細ページ上に表示されます。