アプリケーション サーバ上で複数の CA SDM Web エンジンを設定する方法

CA SDM の高可用性アーキテクチャでは、通常は各アプリケーション サーバ上で webengine/domsrvr のペアを 1 つのみ使用します。 ただし、特定の CA SDM 環境では、各アプリケーション サーバ用に 2 つ以上の webengine/domsrvr ペアを使用できます。これは、追加のハードウェアまたは仮想マシンを設定せずにサーバの負荷を分散させるのに役立ちます。
casm173
概要
CA SDM の高可用性アーキテクチャでは、通常は各アプリケーション サーバ上で webengine/domsrvr のペアを 1 つのみ使用します。 ただし、特定の CA SDM 環境では、各アプリケーション サーバ用に 2 つ以上の webengine/domsrvr ペアを使用できます。これは、追加のハードウェアまたは仮想マシンを設定せずにサーバの負荷を分散させるのに役立ちます。
F5 ロード バランサは、webengine 間ではなく、サーバ間での負荷分散のみを実行します。 webengine 間での負荷分散を行う唯一の方法は、CA SDM 内の Web Director を使用することです。 通常、高可用性環境では、F5 ロード バランサの背後にあるアプリケーション サーバ上で 2 つ以上の webengine/domsrvr のペアを使用する場合、F5 ロード バランサを複数のサーバに分散し、各アプリケーション サーバ上の Web Director によって、その特定のサーバ上の webengine 間での負荷分散を実行します。 これを行うには、以下のように CA SDM システムを設定する必要があります。
ユース ケースの例
CA SDM 環境に、以下のサーバ構成があるとします。
  • バックグラウンド サーバ
  • スタンバイ サーバ
  • 3 つのアプリケーション サーバ(APP1、APP2 および APP3)
  • F5 ロード バランサ(APP1、APP2 および APP3 間で負荷を分散)
  • 各アプリケーション サーバ上に 1 つの domsrvr/webengine ペア
上記のセットアップ設定では、目標は各アプリケーション サーバ上に 4 つの domsrvr/webengine ペアを分散することです。 [管理]タブで、[システム]-[設定]に移動して、各アプリケーション サーバ上で以下を実行することで、使用している設定を編集します。
  1. Web Director を作成します。
  2. 既存の webengine (元の webengine)を編集し、その特定のサーバ上で新しい Web Director を使用するように設定します。
  3. オブジェクト マネージャをさらに 2 つ追加します。
  4. Web エンジンをさらに 2 つ追加し、その特定のサーバ上で専用の domsrvr を使用するようにそれぞれを設定します。 また、手順 1 で作成した Web Director を使用するように Web エンジンを設定します。
  5. 設定を保存します。
  6. BG (最初に SB にフェールオーバする必要があります)、SB (最初に元の BG にフェールバックする必要があります)、APP1、APP2 および APP3 サーバの順番に pdm_configure を実行します。
  7. アプリケーション サーバ上の 3 つの Web Director 間で負荷を分散するように F5 ロード バランサを設定します。
構成は視覚的に以下のようになります。
APP1
  • WebDirector1
  • Domsrvr1
  • Domsrvr2
  • Domsrvr3
  • Webengine1 (WebDirector1 の背後)(Domsrvr1 を使用するように設定)
  • Webengine2 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr2 を使用するように設定)
  • Webengine3 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr3 を使用するように設定)
APP2
  • WebDirector1
  • Domsrvr1
  • Domsrvr2
  • Domsrvr3
  • Webengine1 (WebDirector1 の背後)(Domsrvr1 を使用するように設定)
  • Webengine2 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr2 を使用するように設定)
  • Webengine3 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr3 を使用するように設定)
APP3
  • WebDirector1
  • Domsrvr1
  • Domsrvr2
  • Domsrvr3
  • Webengine1 (WebDirector1 の背後)(Domsrvr1 を使用するように設定)
  • Webengine2 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr2 を使用するように設定)
  • Webengine3 (WebDirector2 の背後)(Domsrvr3 を使用するように設定)
F5 ロード バランサの設定は以下のようになります。
  • APP1 → WebDirector
    • Webengine1
    • Webengine2
    • Webengine2
  • APP2 → WebDirector
    • Webengine1
    • Webengine2
    • Webengine2
  • APP3 → WebDirector
    • Webengine1
    • Webengine2
    • Webengine2