CA Service Desk Manager アプリケーション サーバ用の F5 プールの作成

F5 ロード バランス機能を有効にするために CA SDM サーバ用の F5 プールを作成します。
casm173
F5 ロード バランス機能を有効にするために CA SDM サーバ用の F5 プールを作成します。
以下の手順に従います。
  1. [Main]
    -
    [Local Traffic]
    を選択し、
    [Pools]
    をクリックします。
    プールの初回セットアップ時は、[Pool List]は空です。 プール リストには、各プールの詳細が表示されます。
  2. [作成]
    をクリックします。
  3. [New Pool]ページの[Configuration]セクションに入力します。
    1. ドロップダウン リストから
      [Basic]
      を選択します。
    2. 新しいプールの名前と説明を入力します。 を参照してください。
    3. 利用可能なヘルス モニタ のリストから、事前設定済みのヘルス モニタを選択します。
      [HTTP]
      を選択し、アクティブ リストに移動します。
    4. 事前設定済みのヘルス モニタが使用できない場合、カスタムのヘルス モニタを作成します。 カスタム ヘルス モニタを作成する方法の詳細については、「カスタム ヘルス モニタの作成」を参照してください。
      F5 ロード バランサを展開する前に、CA SDM アプリケーション サーバのステータスを確認するためにアプリケーション サーバ上で CA SDM ヘルス サーブレットが設定されていることを確認します。 ヘルス モニタは、CA SDM アプリケーション サーバの稼働状況を監視します。 CA SDM ヘルス サーブレットの詳細については、「CA SDM アプリケーション サーバ上のヘルス サーブレットの展開」を参照してください。
  4. [Load Balancing Method]ドロップダウン リストから
    [Round Robin]
    を選択します。 デフォルトのオプションは、Round Robin (ラウンド ロビン)です。
  5. [Priority Group Activation]ドロップダウン リストから
    [Disabled]
    を選択します。
  6. 各ノードまたはサーバを新しい F5 プールに以下のように追加します。
    1. すでに定義されているノードを追加する場合は、
      [Node List]
      を選択します。
    2. ノードが定義されていない場合は、ノードを作成するために
      [New Node]
      オプションを選択します。
    3. この F5 プールに追加する CA SDM ノードを識別する CA SDM アプリケーション サーバの IP アドレス(ホスト名)を
      [Address]
      ドロップダウン リストから選択します。
      アプリケーション サーバが有効でなくなったか、使用されなくなったら、プール メンバを選択して
      [Disabled]
      をクリックします。
  7. [追加]
    をクリックします。
    このノードに追加した詳細は、[New Members]リストに表示されます。
  8. [終了]
    をクリックします。
    新しいプールが F5 プール リストに追加されます。
    ローリング メンテナンスを実行するために CA SDM アプリケーション サーバを停止する前に、CA SDM アプリケーション ヘルス サーブレットを展開していることを確認するか、このサーバを F5 ノード リストから削除します。 詳細については、「CA SDM アプリケーション サーバ上のヘルス サーブレットの展開」を参照してください。