受信電子メールを処理するためのメールボックスの設定方法

電子メールでは、従業員や顧客などのエンドユーザと通信することができます。 CA SDM のメールボックスは、ユーザからの受信電子メールを処理し、電子メールに従ってアクションを実行します。 たとえば、インシデントを作成するために、ユーザが電子メールを CA SDM に送信したとします。 メールボックスは、電子メールを確認し、インシデントを作成して、通知をユーザに送信します。
casm173
電子メールでは、従業員や顧客などのエンドユーザと通信することができます。 CA SDM のメールボックスは、ユーザからの受信電子メールを処理し、電子メールに従ってアクションを実行します。 たとえば、インシデントを作成するために、ユーザが電子メールを CA SDM に送信したとします。 メールボックスは、電子メールを確認し、インシデントを作成して、通知をユーザに送信します。
Maileater では、ワイルドカード SSL 証明書を使用したメール サーバの設定と、メール サーバ名が証明書のサブジェクトの別名に含まれる(かつ発行先には含まれない)設定をサポートするようになりました。
CA SDM では、 組織内で使用する準備ができているアクティブなデフォルトのメールボックス(デフォルトという名前)を提供します。 デフォルト メールボックスを変更したり、追加のメールボックスを作成したり、あるいはこれらの両方を行うことができます。 メールボックスを作成またはデフォルトのメールボックスを変更した後に、メールボックス ルールを定義します。 メールボックス ルールを使用すると、さまざまなアクション、返答またはその両方を設定できます。
1 つのメールボックスに適用するルールは、別のメールボックスに関連付けることはできません。 別のメールボックスに対して同じルールを再使用するには、それらのルールを別のメールボックス用に再作成します。 また、既存のメールボックスをコピーすることもできます。 メールボックス ルールを設定する前に、関連するメールボックスを非アクティブに設定することをお勧めします。 そうしないと、最初の変更と最後の変更の間に取得するメッセージが、有効になっているルールで処理されます。
以下の手順に従います。
  1. CA SDM の設定に応じて、以下のサーバから Web UI にログインします。
    • 標準: プライマリまたはセカンダリ サーバ
    • 高可用性: アプリケーション サーバまたはバックグラウンド サーバ