Maileater が受信電子メールを処理する方法

casm173
CA Service Desk Manager は、デフォルトとして 30 秒に設定されている
チェック間隔
の設定に基づいて受信電子メールを確認します。 30 秒以内に複数の電子メールが到着した場合は、これらの電子メールのどれが最初に処理されますか。 maileater では、
送信された日付と時刻
の順に電子メールを処理しますか。
通常、電子メールは、CA Service Desk Manager maileater プロセスで到着する電子メールの順序に基づいて処理されます。
以下のシナリオ例で説明します。
例 1:
2 つの電子メール(
電子メール 1
および
電子メール 2
)は同時に送信されますが、メール サーバは
電子メール 1
を送信する際に時間がかかります(添付ファイルなどの理由で)。
電子メール 2
は、CA Service Desk Manager が接続し、maileater プロセスで電子メールを受信するメール サーバに最初に送信されます。このシナリオでは、maileater は
電子メール 2
を最初に処理します。
  • 添付ファイルと共に送信された電子メール 1。
  • プレーン テキストで送信された電子メール 2。
受信トレイに複数の電子メールがある場合、CA Service Desk Manager は maileater プロセスで到着した時間の順に処理します。
例 2
以下の 3 つの電子メールは、前のメール チェック後にメールボックスに受信および保存されます。
  • 電子メール 1: 受信した日付/時刻 10:31 18/Jul/2017
  • 電子メール 2: 受信した日付/時刻 10:32 18/Jul/2017
  • 電子メール 3: 受信した日付/時刻 10:33 18/Jul/2017
ここで、この場合は、電子メール 1 が maileater によって最初に処理され、電子メール 2、電子メール 3 の順に処理されます。
詳細については、「メールボックスの定義」を参照してください。