電子メール応答を設定する方法

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
メールボックスで使用する電子メール通知は、電子メールに応じて連絡先に送信される応答に固有のものです。 たとえば、連絡先が電子メール通知内の応答リンクをクリックすると、応答メールがメールボックスに送信されるように、電子メールを設定できます。
この設定は標準の電子メール通知とは異なります。
以下の手順に従います。
  1. 受信電子メール用のメールボックスを設定していることを確認します。
  2. (オプション)連絡先定義に通知電子メール アドレスを指定します。
    [管理]タブで、[セキュリティと役割の管理]-[連絡先]を選択し、編集する連絡先を選択します。
CA SDM Web UI を開く
CA SDM の設定に応じて、以下のサーバから Web UI にログインします。
  • 標準: プライマリまたはセカンダリ サーバ
  • 高可用性: アプリケーション サーバまたはバックグラウンド サーバ
メール サーバの設定
イベントの通知(自動および手動通知)は単一のメール サーバ定義を使用して送信されます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブで[オプション マネージャ]-[電子メール]
    を選択します。
    [オプション リスト]ページが開きます。
  2. インストールする電子メールのオプションをクリックします。
    [オプションの詳細]
    ページが表示されます。
  3. [編集]をクリックし、フィールドを必要に応じて指定し、[インストール]をクリックします。
    メール サーバは通知(送信メール)を送信するように設定されます。
  4. 関連する[オプション リスト]
    オプションがすべて設定されるまで、手順を繰り返します。
電子メール オプション
電子メール インターフェースでは、電子メール通知を送信します。ユーザは、電子メールを使用してチケットを作成できます。
オプション
説明
mail_from_address
電子メール通知の送信者アドレスを指定します。 アドレスのフォーマットは、「表示名<[email protected]company.com>」です。
mail_login_password
SMTP サーバのログイン パスワードを指定します。
mail_login_userid
SMTP サーバのログイン ユーザ ID を指定します。
mail_max_threads
SMTP サーバとの通信を同時に試みることができる最大接続数を指定します。
mail_reply_to_address
電子メール通知の返信先アドレスを定義します。 このオプションは、電子メールの返信先が送信元と一致しない場合に役立ちます。 デフォルト値は、送信者アドレスと同じです。
mail_smtp_domain_name
SMTP サーバのドメイン名を定義します。 値を NONE に設定すると、ドメイン名を削除できます。
mail_smtp_hosts
電子メール通知の SMTP サーバ ホスト名を、スペース区切りのリストで指定します。
mail_smtp_host_port
デフォルトの STMP ポートを上書きする SMTP ポートを指定します。
mail_smtp_security_level
SMTP セキュリティ レベルを指定します。 次の値を指定できます。0 = セキュリティなし、1 = 基本的な認証、2 = NTLM、3 = MD5、4 = ログイン。 このオプションを 1 に設定した場合は、mail_login_password と mail_login_userid オプションを設定してください。 ほとんどの SMTP サーバでは、認証は必要ありません。
mail_smtp_use_tls
電子メールでトランスポート レイヤ セキュリティ(TLS)の使用法を指定します。 有効な設定は Yes (TLS を使用)、および No (TLS を使用しない)です。
mail_ca_cert_path
信頼できる証明書が展開されているパスを指定します。
高可用性設定では、すべての CA SDM サーバの同じ場所に信頼された証明書を展開する必要があります。 CA SDM では、CA 証明書の Base 64 エンコード(PEM)形式のみをサポートしています。
mail_show_to_cc_list
電子メール通知の受信者をすべて表示します。 手動による電子メール通知では、「宛先」と「CC」のリストの受信者が両方とも表示されます。自動電子メール通知では、「宛先」のリストの受信者のみが表示されます。 このオプションは、デフォルトでインストールされています。
ポケットベルの電子メール通知方法では、[宛先]または[CC]リストのすべての受信者のリスト表示をサポートしていません。
電子メール通知方法の変更
電子メール応答を設定する電子メール通知方法を変更します。
以下の手順に従います。
  1. [管理]タブで[通知]-[通知方法]-[電子メール]
    を選択し、[編集]をクリックします。
  2. [電子メール通知方法の更新]
    ページで[SMTP サポート]
    チェック ボックスをオンにし、SMTP を有効にします。
  3. 通知方法
    ]として pdm_mail [–F from_email_address] [–T reply_to_email_address] を入力します。
    • from_email_address
      メッセージの送信元アドレスとして使用されるアドレスを指定します。 このアドレスは、送信メール サーバに設定されている送信者アドレスを上書きします。
    • reply_to_email_address
      応答を送信するアドレスを指定します。 このアドレスは、送信メール サーバに設定されている返信先アドレスを上書きします。
      返信先アドレスが送信メール サーバの構成に設定されていて、返信先アドレスが通知方法に指定されていない場合は、送信メール サーバの構成の返信先アドレスは通知方法と共に使用されます。
    キーワード「$(REPLY_FROM)」がいずれかのアドレスとして指定されている場合、そのアドレスはメールボックスのユーザ名およびメール サーバ ホスト名から構成されます。 このキーワードはメールボックス ルールが通知方法を使用する場合にのみ有効です。それを使用する通知方法は他の目的に使用することはできません。 たとえば、ユーザ名 =dev、サーバ名 =mail32.ca.com、$(REPLY_FROM)[email protected] となります。このキーワードは、メール サーバが電子メール ドメイン名と同じメール サーバ名を受け入れるように設定されている場合にのみ使用します。 このキーワードは注意して使用してください。ホスト名がメールボックス構成で完全にドメイン拡張されていない(たとえば mailserver1.customer7.com の代わりに mailserver1)場合は、フィールド インタープリタによって自動的に拡張されません。
    from_email_address と reply_to_email_address は、ユーザがメッセージを読むときに、そのメッセージの[送信元]および[返信先]ヘッダに表示されるアドレスです。 アドレスが同一の場合は、from_address のみを指定できます。
  4. [保存]をクリックします。
    電子メール通知方法が変更されます。 連絡先が電子メール通知に応答すると、応答はデフォルトでは指定されたメールボックスにアドレス指定されます。
代替送信者アドレスによる識別
最初にメッセージを送信した電子メール アドレスとは別の電子メール アドレスを使用する送信者を CA SDM が識別できるように、メッセージの件名に -m パラメータを使用することができます。 スペースおよび CA SDM が認識する電子メール アドレスが後ろに続く -m キーワードは、件名行の最後の要素である必要があります。 件名に -m パラメータを使用する場合は、以下の情報を考慮します。
  • 実際の送信元アドレス、および -m で指定される代替アドレスはどちらも包含リストおよび除外リストで検証されます。
  • 代替アドレスとして指定される電子メール アドレスには、表示名ではなくアドレスのみが含まれている必要があります。
  • 件名行で複数の単語が -m パラメータに続く場合、代替アドレスは認識されません。
メールボックス ポーリング
エラーが送信メール サーバ上で発生した場合は、電子メール通知は送信されず、%NX_ROOT%\site\mail_queue ディレクトリのキューに入れられます。 メール サーバが再度アクティブになると、一定の間隔の後で、電子メールを処理して送信します。 メール サーバがビジーだったときにキューに入れられた電子メールをリサイクルする間隔を変更することができます。
ユーザが以下のいずれかを実行するまで、送信メールサーバは、送信に失敗した通知電子メール メッセージを再サブミットします。
  • 送信メール通知を処理するメール デーモン(pdm_mail_nxd)を停止します。
  • 手動で、メッセージを %NX_ROOT%\site\mail_queue ディレクトリから削除します。
電子メール再試行間隔の変数を設定する
メール サーバへの電子メールの送信失敗を再試行する時間間隔(秒)を定義できます。
CA SDM では、送信メール サーバが受信しても配信できなかったメッセージの送信を再試行しません。 これらのメッセージについては、送信メール サーバの再試行機能およびポリシーがある場合は有効です。
再試行はメッセージ単位で行われます。 メール サーバが一定の期間使用できない場合、すべてのメッセージが一度に送信されるのではなく、メッセージのそれぞれのタイマが期限切れになったときに再試行されます。 ただし、送信メール デーモンを再起動した場合、すべての未送信メッセージはその時間に送信されるように試行します。また、それらがすべて送信に失敗した場合、それらの再試行タイマはすべて同時にリセットされます。
NX.env ファイルの設定(NX_EMAIL_RETRY_INTERVAL)は再試行間隔を制御します。 1 つ以上のサーバでデフォルトの再試行間隔の設定を変更できます。
以下の手順に従います。
  1. CA SDM の設定に応じて、以下のサーバにログインします。
    • 標準: プライマリ サーバ
    • 高可用性: バックグラウンド サーバ。
  2. $NX_ROOT ディレクトリに移動します。
  3. テキスト エディタ(ワードパッドなど)を使用して NX.env ファイルを開きます。
  4. NX_EMAIL_RETRY_INTERVAL 間隔の値を、以下のように変更します。
    NX_EMAIL_RETRY_INTERVAL=number_of_seconds
    • NX_EMAIL_RETRY_INTERVAL
      失敗した電子メールの試行を再試行する時間間隔(秒)を定義します。
    • number_of_seconds
      各電子メールの再試行間隔の秒数を指定します。 デフォルトは 600 秒(10 分)です。 使用できる最小値は 20 秒です。 最小値の 20 秒未満の値または 2000000 秒を超える値を設定した場合は、デフォルト値の 10 分が使用されます。
  5. ファイルを保存して閉じます。
  6. CA SDM サーバを再起動します
    変更は有効になっています。