CA SDM サーバでローリング メンテナンスを実行する方法

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
高可用性環境からローリング メンテナンスを使用してマイグレートすることはできません。 マイグレーション アクティビティを開始する前に、すべてのアプリケーションおよびスタンバイのサーバで CA SDM サービスをシャットダウンする必要があります。 詳細については、「CA SDM をアップグレードする方法」を参照してください。
この記事には、以下のトピックが含まれています。
システム管理者は、CA SDM サーバのローリング サーバ メンテナンスを実行します。 このメンテナンスは、サーバに対してパッチを適用する場合、または一般的なメンテナンスを実施する場合に実行できます。 すべてのサーバに対して、特定の順序でメンテナンスを実行することをお勧めします。 このプロセスにより、すべてのサーバが同様の変更で更新され、エンド ユーザに対する中断が最小限になるか、または発生しません。 サーバに固有の変更については、ほかのすべてのサーバを更新する必要はありません。
共通の MDB パッチや OS またはセキュリティ パッチを適用する前に、すべての CA SDM サーバをシャットダウンしてください。 このような場合、ユーザ タスクが中断され、すべてのサーバが起動して稼働するまで、CA SDM にアクセスできません。 システム管理者には、状況に応じてパッチの適用を計画することをお勧めします。
以下の図は、CA SDM サーバのローリング メンテナンスを実行する推奨プロセスを示しています。
お客様の組織の標準によっては、組織内のローリング メンテナンス プロセスが推奨プロセスとは異なる場合があります。
CA SDM サーバでローリング メンテナンスを実行する方法
How to Perform Rolling Maintenance on CA SDM Servers
以下の手順に従います。
  1. (新しいバックグラウンドとして昇格させる)スタンバイ サーバを停止します。
  2. スタンバイ サーバのローリング メンテナンスを実行します。
  3. スタンバイ サーバを起動します。
  4. 古いバックグラウンド サーバのローリング メンテナンスを実行します。
  5. 古いバックグラウンド サーバを起動します。
    バックグラウンド サーバを起動すると、スタンバイ サーバになります。
  6. すべてのスタンバイ サーバのローリング メンテナンスを実行します。
    スタンバイ サーバを停止し、ローリング メンテナンスを実行して、そのサーバを起動します。
考慮事項の確認
バックグラウンド サーバからスタンバイ サーバへのフェールオーバ時には、以下の点を考慮します。
  • 新しいユーザはログインできません。
  • すでに接続されているユーザの場合は、フェールオーバ中にいくつかのアクションは動作しません。 フェールオーバ後にアクションを試す必要があります。 以下のアクションが機能しません。
    • 添付ファイルを使用したチケットの作成
    • 添付ファイルのダウンロード
    • ナレッジ ドキュメントの検索
    • 新しいナレッジ ドキュメントのインデックス作成
    • 受信メール
    • フェールオーバが完了するまでトリガされない SLA イベント
CA SDM サーバの自動フェールオーバを有効にするようにサードパーティ ツールが設定されている場合、ローリング メンテナンスを開始する前に、自動フェールオーバを無効にする必要があります。
スタンバイ サーバとバックグラウンド サーバ間でのバージョン管理の抑制
CA SDM のバージョン管理は、すべての CA SDM サーバにわたるシステム変更を管理するのに役立ちます。 スタンバイ サーバを起動する前に、スタンバイ サーバに対するバージョン管理を抑制したことを確認します。 このプロセスにより、スタンバイ サーバはバックグラウンド サーバのシステム変更に対してアップグレードされません。 バージョン管理を抑制するには、アップグレードしたスタンバイ サーバに対して以下のコマンドを実行します。
以下のコマンドを実行するときは、バージョン管理を無効にしないでください。
pdm_server_control -v
新しいバックグラウンド サーバとしてのスタンバイ サーバの昇格
バックグラウンド サーバを停止する前に、(アップグレードした)スタンバイ サーバを新しいバックグラウンド サーバとして昇格させます。 サポート オートメーション が CA SDM でインストールされている場合、バックグラウンド サーバのシャットダウンをアクティブなサポート オートメーション ユーザに通知します。
以下の手順に従います。
  1. バックグラウンド サーバ上で以下のコマンドを実行して、サポート オートメーションを使用しているすべてのアクティブなユーザに作業を保存するよう通知します。
    sa_server_notifier [-h] | [-q seconds] | [-c]
    • -h
      ヘルプ ページを表示します。
    • -q seconds
      このオプションは、ローカル サーバ(バックグラウンド)に指定された時間間隔内に休止するよう通知します。 この間隔は、サーバがオフラインになるまでの秒数です。 このオプションは、スタンバイ サーバまたはアプリケーション サーバには使用できません。
    • -c
      このオプションは、以前に送信された休止リクエストをキャンセルします。
    サポート オートメーションを使用しているすべてのアクティブなユーザにポップアップ メッセージが表示されます。 このメッセージは、ユーザにサーバのシャットダウンと、シャットダウンまでに残された時間について通知します。 ユーザは自分の作業を保存し、そのスケジュールされた時間内にログアウトする必要があります。
  2. 新しいバックグラウンド サーバとして昇格させるスタンバイ サーバ上で、以下のコマンドを実行します。
    pdm_server_control -b
    • -b
      ローカルのスタンバイ サーバにバックグラウンド サーバになるよう通知します。 スタンバイ サーバがすでに実行されている必要があります。 このサーバが実行されていない場合は起動されますが、フェールオーバは実行されません。フェールオーバを開始するには、コマンドを再度実行します。
    バックグラウンド サーバは自動的にシャットダウンし、スタンバイ サーバが新しいバックグラウンド サーバとして昇格されます。 この変更は、エンド ユーザ セッションには影響を与えません。 進行中の更新(存在する場合)は保存され、新しいバックグラウンド サーバがオンラインになるまで遅延されます。
アプリケーション サーバのローリング メンテナンスの実行
ベスト プラクティスとして、まず最小限のユーザが接続しているか、ユーザが接続していないアプリケーション サーバのローリング メンテナンスを実行できます。 次に、更新されたサーバにログインするために、ほかのアプリケーション サーバ上でアクティブなすべてのユーザに通知します。 これで、ほかのアプリケーション サーバのメンテナンスを実行できます。 このプロセスにより、ユーザがアプリケーション サーバ間で複数回移動されないことが保証されます。
以下の手順に従います。
  1. アクティビティの少ないアプリケーション サーバを停止し、ローリング メンテナンスを実行して起動します。
    アプリケーション サーバが、すべての変更で更新されます。
  2. アプリケーション サーバのローリング メンテナンスを実行して起動します。
    アプリケーション サーバが、すべての変更で更新されます。
  3. ほかのアプリケーション サーバに対して手順 3 および 4 を実行します。
    すべてのアプリケーション サーバが、すべての変更で更新されます。
アクティビティの少ないアプリケーション サーバの選択
ユーザ アクティビティが最も少ないアプリケーション サーバを選択します。 各アプリケーション サーバに対して以下のコマンドを実行し、アクティブなセッションが最少または存在しないサーバを選択します。
pdm_webstat
このコマンドでは、SOAP または REST Web サービス セッションはキャプチャされません。
ほかのアプリケーション サーバの停止
アプリケーション サーバを停止する前に、アプリケーション サーバ上のすべてのアクティブなユーザに対して、アクティビティの少ないアプリケーション サーバに移動するように通知します。 アクティビティの少ないアプリケーション サーバにすべてのユーザを移動する前に、そのサーバを再起動したことを確認します。
以下の手順に従います。
  1. (推奨)停止するアプリケーション サーバ上のすべてのアクティブな アナリストに対して、そのセッション情報を使用して CA SDM のチケットを作成するように通知します。 このプロセスにより、セッション情報が失われないようになります。 たとえば、 サポート オートメーション アナリストが、ハードウェアの問題を解決するために顧客とセッション中だとします。 このような場合、アプリケーション サーバがシャット ダウンする前に、サポート オートメーション アナリストは、そのセッション情報を使用して CA SDM で問題を作成できます。
  2. アプリケーション サーバ上のすべてのアクティブなユーザに対して、再起動したアクティビティの少ないアプリケーション サーバに移動するように、通知(電子メール通知など)を送信します。 この通知には、更新されたアプリケーション サーバの詳細を含めることができます。
  3. アプリケーション サーバ上で、以下のコマンドを実行します。
    pdm_server_control [-h] -q interval -s server_name
    • -h
      ヘルプ ページを表示します。
    • -q interval -s server_name
      ローカルまたはリモート アプリケーション サーバに指定された時間間隔内に休止するよう通知します。 この間隔は、サーバがオフラインになるまでの秒数です。 server_name を指定せずにこのオプションを使用すると、ローカル サーバに休止するよう通知されます。 このオプションは、バックグラウンドまたはスタンバイ サーバには使用できません。
    アプリケーション サーバ上のすべてのアクティブなユーザにポップアップ メッセージが表示され、サーバのシャットダウンとシャットダウンまでに残された時間が通知されます。 ユーザは自分の作業を保存し、その時間内にログアウトする必要があります。 アプリケーション サーバは指定された時間の後に停止します。 ユーザが自分の作業を再開するには、ほかのアプリケーション サーバにログオンします。 サポート オートメーション アナリストは、チケットを参照して自分の作業を再開できます。
    アプリケーション サーバが正常に停止されます。