Service Point でのリクエストの承認プロセス

CA SDM と CA Service Catalog の統合環境を使用している場合、Service Point は、Service Catalog リクエストを承認する機能を提供するようになりました。 Service Point のログイン ユーザは、CA Service Catalog リクエストを承認、拒否、転送、委任、および取得/返却できます。
Service Point は、CA Service Catalog から保留中の承認リクエストを取得し、カタログ リクエスト ウィザードを通じてリクエストを承認します。 ログイン ユーザまたはユーザ グループは、承認待ち状態のリクエストを表示できます。 ユーザまたはグループにリクエストが割り当てられていない場合、Service Point は該当するメッセージを表示します。 Service Point では、[マイ承認]タブに保留中の承認リクエストがすべて表示されます。
以下の手順に従います。
  1. CA Service Point にログインし、ホーム ページで[マイ承認]タブをクリックします。
  2. 承認待ち状態にあるリクエストを選択し、リクエスト ページから適切なアクションを実行します。
  3. 選択
    : リクエストを承認または拒否するためのドロップダウン オプションを提供します。
    あるサービスを却下すると、リクエスト全体が却下されます。 リクエストは、送信したユーザに返却されます。ユーザは、リクエストを更新して再度送信するか、却下を最終結果として受け入れるかを決定します。 リクエスト内のすべてのサービスが承認されると、リクエスト ウィザードはリクエストをリクエスト ライフ サイクルの次のフェーズに移動します。
    図 - Service Point での承認リクエスト
    Image showing Request Approvals in Service point
  4. 取得/返却
    : ログイン ユーザは、別のアナリスト、ユーザ、またはグループにリクエストを割り当てるか、またはキュー内の割り当てられたリクエストをリクエスト担当者に返却するかを選択できます。 キュー内のアクション待ちリクエストについて、所有権を取得するか、または返却します。 ユーザは、同じビジネス ユニットまたはサブビジネス ユニット内のグループ キューまたは別のユーザのキューから所有権を取得できます。 同様に、自分のキューから自分のグループのキューに、アクション待ちリクエストの所有権を返すことができます。 自分のグループに割り当てられているアクション待ちリクエストの所有権を取得または返却できます。
    取得および返却は、アクション待ちリクエストが割り当てられているグループのユーザとしてログインしている場合のみ機能します。 これは、CA Service Catalog 管理者と、必要なアクセス制御が設定されたその他のユーザのみが実行できます。
  5. 転送
    : リクエスト マネージャは、自分または他のリクエスト マネージャに割り当てられているアクション待ちリクエストを転送できます。 ユーザまたは別のユーザに割り当てられているアクション待ちリクエストを転送できます。
    たとえば、ユーザが、割り当てられたタスクを実行または承認できない場合などに行います。
  6. 委任
    リクエスト マネージャは、自分のアクション待ちリクエストを委任することができます。 リクエスト マネージャは、自分または他のリクエスト マネージャに割り当てられているアクション待ちリクエストを自動委任することができます。
    たとえば、ユーザが、割り当てられたタスクを実行または承認できない場合などに行います。 自動委任は、リクエストの監視はするが、直接的には対処しないマネージャに便利です。 つまり、自動委任によって、リクエストはタイムリーに対処できるようになります。 アクション待ちリクエストを委任できるのは 1 回のみです。
    アクション待ちリクエストの所有者のみが、必要なアクセス制御が設定されている場合に委任を行うことができます。