CA Service Catalog の主な提供物の管理

CA Service Desk Manager と CA Service Catalog を統合した後に、Service Point に表示される CA Service Catalog の主な提供物およびリクエストを管理できます。 CA Service Catalog の提供物は、テナントに固有です。
casm173
Service Point で CA Service Catalog の主な提供サービスおよびリクエストを管理できるようになりました。 CA Service Catalog の提供サービスは、テナントに固有です。
ご使用の環境の事業部門とテナントの間のマッピングが考慮されていることを確認してください。 共通テナント管理またはマルチテナント管理により、管理者は単一の管理ツールを使用して、複数製品(CA Service Catalog および CA Service Desk Manager を含む)の事業部門(テナント)の作成および管理を同時に行うことができます。 詳細については、「ビジネスユニットおよびテナント管理の管理」を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    に移動し、
    [xFlow インターフェース]
    -
    [Service Point]
    -
    [構成]
    を選択します。
  3. 構成リストから構成を選択し、
    [編集]
    をクリックします。
  4. [カタログ]
    ドロップダウン リストから、カタログの主な提供物およびリクエストを Service Point に表示するには
    [はい]
    を選択し、無効化/有効化するには
    [いいえ]
    を選択します。
  5. [保存]
    をクリックします。
CA Service Catalog のクラスタ化環境に関する考慮事項
ご使用の環境で CA Service Catalog がクラスタ化されており、ロード バランサを使用して Service Point 内のカタログ インスタンスと通信する必要がある場合は、以下の手順に従います。
カタログの主な提供サービスを Service Point に表示するために、Service Point は CA SDM のオプション マネージャに依存しています(
[管理]-[CA Service Catalog]-[casc_endpoint]
)。 しかし、CA Service Catalog がクラスタ化されており、Service Point でその他のカタログ サーバまたはロード バランサをポイントする必要がある場合は、CA SDM の
[管理]
-
[xFlow インターフェース]
-
[一般]
-
[casc_endpoint]
キーを使用して、このオプションをオーバーライドできます。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    に移動し、
    [xFlow インターフェース]
    -
    [一般]
    を選択します。
  3. 構成キー
    casc_endpoint を検索します。
    この構成キーは、デフォルトで非アクティブ状態に設定されています。
  4. 構成キーを選択し、
    [編集]
    をクリックします。
  5. 構成値を変更してカタログ クラスタ URL をポイントし、
    [アクティブ]
    状態に設定します。
Service Point を構成した後に問題が発生した場合は(たとえば、Service Point でカタログの主な提供サービスを検索できないなど)、「Service Point のトラブルシューティング」を参照してください。