機能の管理

casm173
管理者は、Service Point のマイ リソース機能を有効化(表示)または無効化(非表示)できます。
以下の手順に従います
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    タブに移動し、
    [xFlow インターフェース]
    -
    [Service Point]
    -
    [環境設定]
    を選択します。
  3. [名前]列で、機能を有効化または無効化するテナント名を選択します。
  4. 編集
    ]をクリックします。
  5. [マイ リソース]
    ドロップダウン リストから、
    [はい]
    を選択して表示するか、
    [いいえ]
    を選択して非表示にします。
  6. [保存]
    をクリックします。
Service Point での機能の追加
CA SDM 管理者は、Service Point でビジネス ユーザ用の設定または機能を追加、表示、および変更できるようになりました。 管理者は、この記事で説明されているように、サービス ポイントおよび仮想アナリストのさまざまな機能を簡単に管理できます。
機能設定を追加するには、以下の手順に従います。
  1. 従来の SDM UI にログインします。
  2. [管理]
    -
    [xFlow インターフェース]
    -
    [Service Point]
    -
    [構成]
    -
    [デフォルト]
    に移動します。
    [機能レベル構成]
    タブをクリックして、
    [機能の追加]
    ボタンをクリックします。 [名前]フィールドで
    [ルックアップ]
    (検索アイコン)をクリックします。 [
    検索
    ]をクリックします。
    [機能リスト]ページが表示されます。
  3. Service Point での機能の追加
    機能
    説明
    チャット エンジン
    仮想アナリストとライブ チャット サポートの間で選択するオプション。
    アナリストとのチャット
    Service Point でアナリストとのチャットを有効/無効にする機能を提供します。
    アナリスト名をマスク
    Service Point でアナリスト名をマスクするための優先名を指定します。
    チャット アイコン
    選択したアイコンをアップロードして保存します。 このアイコンは、チャット インターフェースを起動するために使用されます。 推奨されるイメージのサイズは 126 x 140 ピクセルの範囲です。
    SDM 管理者によって定義されている、使用できないファイル タイプ形式は使用されません。 使用できないファイルタイプを表示するには、SDM の
    [管理]
    タブで
    [添付ファイル ライブラリ]
    -
    [リポジトリ]
    -
    [ServiceDesk]
    に移動し、右クリックして
    [表示]
    を選択します。
    仮想アナリスト起動テキスト
    チャット インターフェースに選択したテキストを追加します。 このテキストは、チャット アイコンの横に表示されます。
    仮想アナリスト名
    仮想アナリスト サービス ボットの名前。 Service Point 仮想アナリストのデフォルトの名前は、要件に応じて変更できます。
    仮想アナリストのインシデント テンプレート
    仮想アナリストによってインシデントを作成するときに使用されるテンプレート。
    仮想アナリストのリクエスト テンプレート
    仮想アナリストを使用してリクエストを作成する際に使用されるリクエスト テンプレート。
    仮想アナリストの自動分類
    インシデントまたはリクエストの作成時に自動分類を有効/無効にします。 無効にすると、チケットの作成中にテンプレート カテゴリが使用されます。 有効にすると、仮想アナリストはスマート検索を使用してチケット カテゴリを識別します。
    チケット編集を許可
    Service Point でエンド ユーザがチケットを編集する権限を制御します。
    [いいえ]
    に設定されている場合、Service Point でチケット属性を変更することはできません。
  4. 表示されている[機能リスト]から、追加する機能を選択します。 値を選択するか、機能に値を指定します。 チャット エンジンを追加するには、値として
    [仮想アナリスト]
    を選択します。 たとえば、
    [アナリストとのチャット]
    機能は、
    [はい]
    [いいえ]
    に設定できます。
    [はい]
    に設定すると、Service Point でアナリストとのチャットを有効にする機能が提供されます。
  5. [新規機能の作成]ページで
    [保存]
    をクリックします。