マイ リソースのセットアップ

垂直セグメントの[マイ リソース]には、ユーザに割り当てられたすべてのアセットおよび構成アイテム(CI)が一覧表示されます。 管理者は、Service Point に表示されるように[マイ リソース]を設定する必要があります。
casm173
HID_SP_MyResources
垂直セグメントの
[マイ リソース]
には、ユーザに割り当てられたすべてのアセットおよび構成アイテム(CI)が一覧表示されます。 管理者は、Service Point に表示されるように[マイ リソース]を設定する必要があります。
各アセットおよび CI に対して、次の事前定義済みの属性を使用できます。
Asset Tag、Name、DNS Name、Host Name、Mac Address、Serial Number
。 組織の要件に基づき、管理者は、アセットと CI のカスタム属性を作成できます。
カスタム オブジェクト属性を作成する方法
事前定義済みのオブジェクト属性が十分でないか、ご使用の環境に適合しない場合、カスタム オブジェクト属性を作成できます。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    タブに移動し、
    [xFlow インターフェース]
    -
    [オブジェクト属性]
    を選択します。
  3. 新規作成
    ]をクリックします。
  4. 必要に応じてフィールドにデータを入力します。
    1. オブジェクト タイプ
      タイプを
      [構成アイテム]
      として設定します
    2. 属性名
      属性の名前。
    3. ステータス
      属性の現在の状態(アクティブまたは非アクティブなど)。
    4. 属性値
      majic レベル オブジェクト属性。
    5. (オプション)
      ストリームに表示
      ストリームに表示
      ]チェックボックスを選択して、ワークストリーム ルール リストの属性を表示します。
    6. (オプション)
      属性の表示
      [チケット詳細]ページに属性を表示するには、
      [属性の表示]
      チェック ボックスを選択します。
  5. [保存]
    をクリックします。
属性を表示する方法
ビジネス ユーザに割り当てられているすべてのアセットと CI の
[マイ リソース]
セクションには、2 つの属性が表示されます。 以下の手順では、これらの 2 つの属性を選択する方法について説明します。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    タブに移動し、
    [xFlow アナリスト インターフェース]
    -
    [Service Point]
    -
    [構成]
    を選択します。
  3. 構成リストから構成を選択します。
  4. [マイ リソース属性]
    タブに移動します。
  5. 新規作成
    ]をクリックします。
  6. 必要に応じてフィールドにデータを入力します。
    1. アクティブ
      属性の状態(アクティブまたは非アクティブなど)を設定します。
    2. 構成アイテム属性
      虫眼鏡アイコンをクリックし、[オブジェクト属性リスト]から属性を検索します。
    3. 最初のフィールド?
      Service Point 内の CI で属性が表示される順序を表します。
  7. 保存
    ]をクリックします。