チケット属性

[チケット属性リスト]ページでは、管理者は、チケットの作成、編集、エクスポート、および属性の検索ができます。
casm173
HID_xFlow_Ticket_Attribute
[チケット属性リスト]ページでは、管理者は、チケットの作成、編集、エクスポート、および属性の検索ができます。
LOCAL 属性は一時的で、データベースに保存されないため、チケット属性として追加することはお勧めしません。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として、従来の CA SDM インターフェースにログインします。
  2. [管理]
    タブに移動し、
    [xFlow インターフェース]
    -
    [コマンド バー]
    -
    [チケット属性]
    をクリックします。
    [チケット属性]ページが表示されます。
  3. [新規作成]
    をクリックして、チケットの属性を追加します。
    [新規チケット属性の作成]ページが表示されます。
    または
    属性の詳細を変更するには、属性をクリックし、
    [編集]
    をクリックします。
  4. 必要に応じてフィールドを定義します。
    • 属性名
      属性名を指定します。
    • ステータス
      属性をアクティブまたは非アクティブにするかどうかを指定します。
    • 属性値
      majic レベル オブジェクト属性を指定します。
      たとえば、要求オブジェクト(cr)に対し、属性値は
      assignee
      または
      assignee.organization
      または
      summary
      になり得ます。
    • (オプション)
      ストリームに表示
      ストリームに表示
      ]チェックボックスを選択して、ワークストリーム ルール リストの属性を表示します。
    • (オプション)
      属性の表示
      [チケット詳細]ページに属性を表示するには、
      [属性の表示]
      チェック ボックスを選択します。
      デフォルトでは、属性は表示されません。
  5. [保存]
    をクリックします。
    属性を無効にすると、対応する属性ルールが既存のワークストリームに対してグレイアウトされます。