天気レベル

casm173
HID_xFlow_WeatherConfigure
アナリストは、天気レベルを使用して、アナリストやアナリスト グループに割り当てられたチケットおよび計画している環境の変更に基づく、当日の作業負荷予測を表示できます。
マルチテナンシーを有効にしている場合は、1 つのテナントにつき天気レベル構成は任意の時点で 1 つのみアクティブにできます。
: 新しいコンタクトが初めてインターフェースにアクセスするときは、天気レベル アイコンは表示されません。 天気レベルの計算後に表示されます。
この記事には、以下のトピックが含まれています。
天気レベルを構成します。

以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. [管理]
    タブに移動し、[
    xFlow インターフェース
    ]-
    [天気レベル]
    を選択します。
  3. 新規作成
    ]をクリックします。
    [天気レベル構成の新規作成]ページが開きます。
  4. 必要に応じてフィールドにデータを入力します。
    天気レベル構成名
    天気レベル構成名を指定します。
    ステータス
    天気レベル構成がアクティブであるか、非アクティブであるかを示します。
    説明
    天気レベル構成の詳細について説明します。
    推奨内容の表示
    選択してアナリストの修正候補を有効にします。
    しきい値 - 最小
    天気レベル構成の範囲計算の最小値を指定します。
    しきい値 - 最大
    天気レベル構成の範囲計算の最大値を指定します。
  5. [保存]
    をクリックします。
    天気レベル構成が保存され、天気レベル基準リストが表示されます。
  6. 天気レベル基準リストには、以下の事前定義済み基準が表示されます。
    管理者は基準の追加または削除はできません。
    パーソナル
    これらの基準は、ログイン アナリストに割り当てられた高ヒートレベルのチケットの重要度を計算することにより決定されます。 高ヒートレベル チケットごとのデフォルトの重要度は 10 で、この値は管理者によるカスタマイズが可能です。
    チーム
    この基準は、ログイン アナリスト グループに割り当てられた未トリアージ チケットおよび高ヒートレベル チケットの重要度を計算することにより決定されます。 デフォルトの重要度は未トリアージ チケットは 4、高ヒートレベル チケットは 2 です。 この値は管理者によるカスタマイズが可能です。
    環境
    この基準を使用して、スケジュールされた環境の変化(変更要求)の天気レベルを決定します。 チケットごとのデフォルトの重要度は 6 です。 管理者は、この基準のすべての属性をカスタマイズできます。
  7. [保存]
    をクリックします。
事前定義済みの天気レベル範囲
デフォルトのテナントについて、次の天気レベル範囲が事前定義されています。
Weather default range.JPG
天気レベルインデックス再作成
管理者は、天気レベルを計算する時間間隔を分単位で定義できます。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. 管理
    ]タブに移動し、[
    オプション マネージャ
    ]-[
    ヒートレベル - 天気レベル
    ]を選択します。
  3. オプションのリストから、
    Weather_Reindexing_Interval
    を選択します。
  4. [編集]
    をクリックし、
    [オプション値]
    フィールドで天気レベルの各インデックス再作成間隔(分単位)を指定します。
    デフォルト時間は 60 分です。 値は、30 ~720 分の範囲で指定できます。
  5. [保存]
    をクリックします。
  6. CA
    Service Desk Manager
    サーバ サービスを再起動します。
天気レベルの有効化または無効化
管理者は、天気レベルを有効または無効にすることができます。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として CA SDM にログインします。
  2. 管理
    ]タブに移動し、[
    オプション マネージャ
    ]-[
    ヒートレベル - 天気レベル
    ]を選択します。
  3. オプションのリストから、
    Heat_Weather
    を選択します。
  4. 編集
    ]をクリックし、[
    Optional Value
    ]を設定します。
    1. オフ
      ヒートレベルと天気レベルが無効であることを示します
    2. ヒートレベルのみ
      ヒートレベルが有効であり、天気レベルが無効であることを示します。
    3. ヒートレベルと天気レベルの両方
      ヒートレベルと天気レベルが有効であることを示します。
  5. [保存]
    をクリックします。
  6. CA
    Service Desk Manager
    サーバ サービスを再起動します。