CA Service Catalog の設定

このセクションには、以下の記事が含まれています。
casm173
このセクションには、以下の記事が含まれています。
インターフェース(Web ブラウザ、コマンド ライン、Web Screen Painter)を使用して管理上行われた「変更」、「適用」、「設定」はすべてサポートされます。つまり CA サポートが基本的な提案およびトラブルシューティングを手助けします。 CA サポートは、お客様のために変更は行いません。それはお客様の責任で行われます。 たとえば、テーブルにフィールドを追加し、Web Screen Painter でフィールドをフォームに配置することは、完全にサポートされている「変更」です。 また、オプション マネージャの管理によって機能をインストールまたはアンインストールすることは、完全にサポートされている「設定」です。
SPEL コードの使用、Java スクリプト(またはスクリプト言語)、基板のベース コード ラインに対するユーザ固有の変更(CA サービスやパートナーによって実行)は、CA サポートによってサポートされていません。 お客様はこれらの作業を実行できますが、何か問題が発生した場合のサポート、メンテナンス、トラブルシューティングに対する責任を担います。 そのような「カスタマイズ」が標準の正常な動作に影響する場合、CA サポートはカスタマイズを削除して問題が解決するかどうかを確認するようお客様に依頼します。