スタンドアロン ビジネス ユニットの設定

スタンドアロン管理とは、以下のように、CA Service Catalog のみを使用してビジネス ユニットを管理することを意味します。
casm173
スタンドアロン管理とは、以下のように、CA Service Catalog のみを使用してビジネス ユニットを管理することを意味します。
  1. 管理
    ]-[
    ビジネス ユニット
    ]を選択します。
  2. ビジネス ユニット ツリーを展開して、対象のビジネス ユニットを見つけます。
  3. (該当する場合)[追加]アイコンをクリックして子ビジネス ユニットを追加します。 [
    新規ビジネス ユニットの追加
    ]ページのフィールドを入力して、[OK]をクリックします。
[新規ビジネス ユニットの追加]ページ
以下のフィールドについて簡単に説明します。
  • ビジネス ユニット ログイン ID
    ビジネス ユニット(サービス プロバイダ ビジネス ユニットを除く)へのログインに使用する値を指定します。 また、IXUtil のインポートおよびエクスポート コマンドを実行する場合にも、この値を使用します。 この値は一意である必要があります。
  • ビジネス ユニット名
    ビジネス ユニットの名前を指定します。
    このフィールドは、デフォルトでは、ビジネス ユニット ログイン ID と同じ名前になります。 このビジネス ユニット名は、ユーザ インターフェース全体、およびすべてのレポートおよび請求書で表示されます。
  • ビジネス ユニット ID
    共通テナント管理を使用しているかまたはスタンドアロン テナント管理を使用しているかどうかにかかわらず、自動生成の読み取り専用値を指定します。
    ビジネス ユニットを作成すると、このフィールドは CA Service Catalog によって自動入力されます。 ただし、サービス プロバイダ ビジネス ユニットだけは例外です。 ビジネス ユニット ID は、カタログ コンポーネントのインストール中に指定します。その後、この ID を変更することはできません。
    [ビジネス ユニット ID]フィールドは、必要に応じて参照します。 たとえば、テナント管理方法を、スタンドアロンから共通に変更します。 その場合、共通テナント マッピング ファイルを作成する際にビジネス ユニット ID を使用します。 また、IXUtil および Web サービスでもビジネス ユニット ID を使用します。
  • 開始日
    ビジネス ユニットが組織構造の一部となる、ローカル時間での日付を指定します。
  • 通貨名、日付フォーマット、時刻フォーマット、小数点の記号
    ユーザ インターフェースに表示される通貨名、日付フォーマット、時刻フォーマット、および小数点記号を指定します。 たとえばユーザがリクエストを作成および管理するときなどに、これらの仕様が表示されます。 あるいは、管理者がサービスやユーザなどを作成および管理するときも、それらが表示されます。
  • サブ ユニットを含む
    ビジネス ユニットがサブ ビジネス ユニット(子ビジネス ユニット)を含むことができるかどうかを指定します。
    ビジネス ユニットの作成後は、この設定を変更
    できません
  • ダッシュボード ライブラリ ネームスペースの作成
    [ダッシュボード ライブラリ]にビジネス ユニット用のフォルダを作成するどうかを指定します。 これによって、ライブラリの内容を整理しやすくなります。
  • 単一アカウント モード
    ビジネス ユニットに
    1 つのアカウントのみ
    を含めるかどうかを指定します。
    このオプションを選択した場合、単一のアカウントの名前を指定します。
    ビジネス ユニットの作成後は、この設定を変更
    できません
    ドキュメント ネームスペースの作成
    [ドキュメント]フォルダにビジネス ユニット用のフォルダを作成するどうかを指定します。 これによって、フォルダの内容を整理しやすくなります。
  • 主要連絡先情報
    ビジネス ユニットの主要連絡先となるユーザ ID を指定します。
  • テーマ
    イメージおよびアイコン(ロゴを除く)、メニュー、タブなどを含む、複数のルック アンド フィール要素の設定を
    指定
    します。 該当する場合、これらの要素には色、フォント名およびサイズ、強調表示、関連する仕様が含まれます。 これらのルック アンド フィール要素は、テーマのカスケード スタイル シート(CSS)ファイルを編集して、カスタマイズします。
    UI のルック アンド フィールは、ログインしているビジネス ユニットのテーマと一致します。 ビジネス ユニットに独自のテーマがない場合は、最も近接した親ビジネス ユニットのテーマが使用されます。 すべてのビジネス ユニットに対して同じテーマを使用できます。 あるいは、それぞれのビジネス ユニット用に異なるテーマを作成して使用することもできます。 特定のビジネス ユニットのテーマを更新する場合、この変更はそのビジネス ユニットのユーザに影響します。 また、独自のテーマを指定していないあらゆる子ビジネス ユニットにも変更が影響します。 テーマのカスタマイズの詳細については、「ブランディングの変更」を参照してください。
  • ロゴ
    各ビジネス ユニットについては、オプションで
    ビジネス ユニット
    ロゴを指定できます。 このロゴにより、このビジネス ユニットの製品ページの見出しおよびユーザへのリクエスト電子メールで使用される
    グローバル
    ロゴが置き換えられます。 ビジネス ユニット ロゴを使用して、ビジネス ユニットのブランドや他のメッセージングを個別にサポートすることができます。 すべてのビジネス ユニットのロゴを更新したり、または特定のビジネス ユニットのロゴのみを更新したりできます。 たとえば、ルート ビジネス ユニット直下のスーパー テナントのロゴのみをカスタマイズできます。
    CA Service Desk Manager でマルチテナンシーを有効にした場合、CA Service Catalog では、CA Service Desk Manager で指定したロゴが使用されます。 CA Service Desk Manager のロゴが適用されない場合、各ビジネス ユニットでは CA Service Catalog のグローバル ロゴが使用されます。
    子ビジネス ユニットに独自のロゴが設定されている場合、ログインするユーザには子のロゴが表示されます。 そうでない場合は、ログインするユーザにはグローバル ロゴが表示されます。 複数のビジネス ユニットへのアクセス権を持つユーザが各ビジネス ユニットへログインすると、異なるヘッダ ロゴが表示されることがあります。
  • ロケーション情報
    ビジネス ユニットの場所を指定します。
HID_Configure_Stand-Alone_Business_Units