CA Service Management ソリューション用の SSL 認証の有効化

SSL 認証を設定すると、ログインのセキュリティが強化されます。 xflow および検索サーバ用に SSL を有効化する方法の詳細については、「Secure Socket Layer (SSL)の有効化」を参照してください。
casm173
SSL 認証を設定すると、ログインのセキュリティが強化されます。
xFlow インターフェース
および検索サーバ用に SSL を有効化する方法の詳細については、「Secure Socket Layer (SSL)の有効化」を参照してください。
CA Service Management
で SSL 認証を有効にするには、以下の手順に従います。
ソリューション製品での SSL 認証の設定
最初にソリューションの一部としてインストールされている各製品で SSL 認証を設定する必要があります。
ソリューション製品で SSL 認証を設定する方法については、以下を参照してください。
SSL 認証バッチ ファイルの実行
CA Service Management
をインストールし、SSL 認証を設定した後に、SSL 認証のバッチ ファイルを実行する必要があります。
以下の手順に従います。
  1. [ISO_ROOT]\\DBCleanupUtility
    に移動します。
  2. UpdateScriptUSS.bat
    バッチ ファイルを実行します。
SSL 統合の有効化
各製品で SSL 認証を設定した後、共通の管理ユーザ インターフェースによって SSL 統合を有効にする必要があります。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として Unified Self-Service にログインします。
    Unified Self-Service がインストールされていない場合は、CA Service Catalog のユーザ インターフェースから提供サービスにアクセスできます。
  2. ホーム ページで、[
    サービスをリクエスト
    ]をクリックします。
  3. カテゴリ
    ]で、[
    Service Management 管理
    ]をクリックします。
  4. 製品統合
    ]をクリックします。
  5. 各製品タブの下で、
    [HTTPS]
    チェック ボックスをオンにして SSL ポート番号を指定します。
  6. [サブミット]
    をクリックします。