XSL、XML、JavaScript、および画像ファイルの変更

CA Service Catalog には、いくつかの XSL、XML、JavaScript、および画像ファイルが含まれています。 これらのファイルは、製品のすべてのページおよびすべてのページ要素を作成するために共に使用されます。 各ファイルは、1 つのページまたはページの一部を表します。 たとえば、ダイアログ ボックス、メニュー オプション、フォーム フィールドのコントロール、メッセージ、またはピクチャなどです。
casm173
CA Service Catalog には、いくつかの XSL、XML、JavaScript、および画像ファイルが含まれています。 これらのファイルは、製品のすべてのページおよびすべてのページ要素を作成するために共に使用されます。 各ファイルは、1 つのページまたはページの一部を表します。 たとえば、ダイアログ ボックス、メニュー オプション、フォーム フィールドのコントロール、メッセージ、またはピクチャなどです。
必要に応じて、要件に合わせて任意のこれらのファイルを変更できます。 XSL、XML、JavaScript、および画像ファイルを変更するには、以下の手順に従います。
  1. 変更する特定のページ、またはページの一部を決定します。
  2. 変更する要素と同じ名前のファイルを見つけます。 以下に例を示します。
    • 任意の統合された製品の設定情報を変更するには、toolsconfig.xsl ファイルを見つけます。
    • リクエスト ライフ サイクルの状態を変更するには、requestshared.xml ファイルを見つけます。
    • ユーザが新規管理設定の設定をテストする際に表示されるメッセージを変更するには、toolsconfig.js ファイルおよび toolsconfig.xsl ファイルを見つけます。
    • [管理]-[設定]ページの[編集]ボタンを変更するには、modify.gif および toolsconfig.xsl ファイルを見つけます。
    • リクエスト ステータス リストを変更するには、requeststatus.xml ファイルを編集します。
  3. ファイルを開いてその内容を参照し、変更対象の要素または動作を制御するものであることを確認します。
  4. ファイルを、元の場所からカスタムの場所にコピーします。 以下の表を参照として使用します。
  5. 要件に従って、ファイルを変更します。
  6. JavaScript または画像ファイルを変更する場合は、以下の手順を実行します。 他のファイルの場合は、以下の手順をスキップします。
    1. 変更した JavaScript ファイルを \FileStore\custom\explorer\scripts フォルダにコピーします。
    2. 変更した画像を \FileStore\custom\images フォルダにコピーします。
    3. JavaScript またはイメージ ファイルが使用されるカスタムの場所にある、XSL ファイルを見つけます。
    4. この XSL ファイルを更新して、JavaScript または画像ファイルの新しいカスタム パス名を指定します。 指定を行うには、JavaScript または画像ファイルの相対パスの先頭に「FileStore/」を付けます。 モデルとして以下の例を使用します。
    <script src="FileStore/custom/explorer/scripts/custom_form_example.js"></script>
    XSL ファイルは変更されたスクリプト ファイルのファイルストアの場所を参照しますので、この操作が必要になります。
    複数台のカタログ コンポーネント コンピュータを使用している場合は、ファイルストアがこれら
    すべて
    のコンピュータ間で共有されていることを確認します。
  7. すべてのカタログ コンポーネント コンピュータ上の USM_HOME\view\translets フォルダをクリアします。このフォルダ内のすべてのファイルを削除しますが、フォルダ自体は削除
    しないでください
  8. すべてのカタログ コンポーネント コンピュータを再起動します。
  9. 変更が、CA Service Catalog で意図したとおりに機能することを確認します。
以下の表では、親フォルダは USM_HOME/view/webapps/usm です。 ファイルストア フォルダは %USM_HOME/filestore です。 フォルダ項目(/Explorer/custom/explorer など)は、親フォルダおよびファイルストア フォルダの下にあるサブフォルダです。
ファイル タイプ
親フォルダ内の元の場所
ファイルストア フォルダ内のカスタムの場所
XSL
/explorer
/custom/explorer
XSL
/explorer/request
/custom/explorer/request
XML
/locale/icusen
*
/custom/locale/icusen
*
XML
/locale/icusen
*
/request
/custom/locale/icusen
*
/request
image
/images
/custom/images
image
/images/billing
/custom/images/billing
JS
/explorer/scripts
/custom/explorer/scripts
*
フォルダ名
icusen
は、英語版の実装にのみ適用されます。。 英語以外の実装を使用している場合、ロケール固有のフォルダ名は違うものになります。 このような場合、
icusen
ではなくロケール固有のフォルダ名を使用します。