Web サービスを使用したビジネス プロセスの自動化

管理者は、CA Service Catalog Web サービスを使用して、ビジネス プロセスを自動化し、カタログ ユーザによる手動入力を削減できます。 標準 Web サービス プロトコルを使用するどのクライアントからも Web サービスにアクセスできます。
casm173
管理者は、CA Service Catalog Web サービスを使用して、ビジネス プロセスを自動化し、カタログ ユーザによる手動入力を削減できます。 標準 Web サービス プロトコルを使用するどのクライアントからも Web サービスにアクセスできます。
Web サービスは、インターネットで利用できるソフトウェアの操作またはメソッドのコレクションです。 Web サービスでは、標準化された XML メッセージング システムが使用されます。 Web サービスは XML を使用して、すべての通信をエンコードします。クライアントは、XML メッセージを送信して Web サービス操作を呼び出し、対応する XML 応答を待機します。
CA Service Catalog には、事前定義済みの Web サービスが含まれています。 たとえば、UserService Web サービスは、ユーザについての情報の管理に使用できる
getUser
メソッドと
editUser
メソッドを提供します。 BusinessUnitService Web サービスは、同様の機能をビジネス ユニットに提供します。 この一連の Web サービスが 、 CA Service Catalog のアプリケーション プログラミング インターフェース(API)を構成します。
Web サービスは Simple Object Access Protocol(SOAP)を使用します。 SOAP は、アプリケーション間通信のための単純な XML ベースの通信プロトコルおよびエンコーディング フォーマットです。
SOAP の CA Service Catalog 実装は Axis に準拠しています。 Web サービスには、Axis に準拠しているクライアントであればアクセスできます。 実装者は、自分の使い慣れた任意のプログラミング言語を使用して、メソッド呼び出し構文により、公開されたメソッドを呼び出すことができます。 実装者は、選択したプログラミング言語に精通した Web サービスの熟練ユーザである必要があります。
Web サービスは Web Service Description Language(WSDL)をサポートしています。 WSDL を使用して、リモート サービスにアクセスするスタブを作成できます。 CA Service Catalog の展開済みサービスの機械可読記述を Axis から自動的にエクスポートすることもできます。
Web サービスの使用方法の詳細については、CA Service Catalog にログインして、[管理]-[ツール]-[リンク]-[Web サービス API ]をクリックしてください。 API ドキュメントは、自動的に生成される Java ドキュメントであり、CA Service Catalog Web サービス メソッドに基づきます。 あるいは、カタログ コンポーネント コンピュータで[開始]-[プログラム]-[CA]-[サービス カタログ]-[ドキュメント]-[Web サービス API]をクリックして、このドキュメントにアクセスしてください。
以下の手順に従います。