イベント ログ データ保存の変更

システム環境変数 @NX_EVENT_LOG_EXCLUDE(NX.env ファイル内で設定、CA SDM サービスの再起動が必要)によって、イベント ログ(event_log テーブル)に保存されるデータの量を制御できます。 この変数によって、[クイック プロファイル]ページのボタンとして起動可能な[最近のアクティビティ]の一部として追跡、レポート、および使用するイベントのみ保存できます。
casm173
システム環境変数
@NX_EVENT_LOG_EXCLUDE
NX.env
ファイル内で設定、CA SDM サービスの再起動が必要)によって、イベント ログ(event_log テーブル)に保存されるデータの量を制御できます。 この変数によって、[クイック プロファイル]ページのボタンとして起動可能な[最近のアクティビティ]の一部として追跡、レポート、および使用するイベントのみ保存できます。
この変数では、カンマによって、リスト項目を区切ります(例:
@NX_EVENT_LOG_EXCLUDE = FAQ,KD_OPEN
)。 たとえば、以下の表にある LOGIN、LOGOUT イベントを使用すると(@NX_EVENT_LOG_EXCLUDE 値が LOGIN,LOGOUT)、製品ではログインおよびログアウト イベントが記録されません。
この変数を使用してイベント ログに保存するデータを変更する際には、以下の情報を参照してください。
イベント
Enum
作成者
セット
コメント
LOGIN
1
CA SDM
ユーザがシステムにログインすることを指定します。
LOGOUT
2
CA SDM
numdata1
ユーザがログアウトすることを指定します(numdata1=ログアウトの原因:
0
- 正常
1
- タイムアウト
2
- 異常
CR_CREATE
3
CA SDM
sd_ob_type, sd_obj_id, kd, numdata1
ユーザがリクエストを作成することを指定します(numdata1=影響を受けるエンド ユーザの ID)。
ISS_CREATE
4
CA SDM
sd_ob_type, sd_obj_id, kd, numdata1
ユーザが変更要求を作成することを指定します(numdata1=影響を受けるエンド ユーザの ID)。
CHG_CREATE
5
CA SDM
sd_ob_type, sd_obj_id, kd, numdata1
ユーザが案件を作成することを指定します(numdata1=影響を受けるエンド ユーザの ID)。
EMAIL
6
ナレッジ管理
kd
アナリストがドキュメントを電子メールで送信することを指定します。
LINK
7
ナレッジ管理
kd, sd_obj_type, sd_obj_id
ユーザが解決策を受け入れ、チケットにリンクすることを指定します。
UNLINK
8
CA SDM
sd_id, sd_obj_type,sd_obj_id
ユーザが解決策をチケットからリンク解除することを指定します。
SEARCH
9
ナレッジ管理
numdata1,
ユーザがナレッジを検索することを示します(mdata1=CI_ASKED_QUES id)。
FAQ
10
ナレッジ管理
numdata1
FAQ 検索を示します。ここで、numdata1 は O_INDEXES id(カテゴリ)を表します。
DT_NAVIGATE
11
ナレッジ管理
kd,numdata1,textdata1
ユーザが決定ツリーをナビゲートすることを示します(numdata1=ES_NODES ID)。
textdata1=パス)。.
KD_BOOKMARK
12
ナレッジ管理
kd
ユーザが KD をブックマークに追加することを指定します。
KD_COMMENT
13
ナレッジ管理
kd, numdata1
ユーザが KD にコメントを追加することを示します(numdata1=O_COMMENTS id)。
KD_CREATE
14
ナレッジ管理
sd_ob_type, sd_obj_id,
kd
ユーザがドキュメントを作成することを指定します。 CA SDM ID は、リクエストまたは案件からナレッジのサブミットを使用して KD を作成するときに使用されます。
KD_OPEN
15
ナレッジ管理
kd, numdata1
ユーザが KD を開くことを指定します(numdata1=BU_TRANS ID)。
KD_RATE
16
ナレッジ管理
ユーザが KD を評価することを指定します(numdata1=BU_TRANS ID)。
KD_NEW
17
ナレッジ管理
numdata1
ユーザが[ナレッジ]タブの[新規ドキュメント]フォルダをクリックすることを指定します。
NX_ATTACH_ AUDIT_TO_NEW_TICKET
18
CA SDM
ユーザが新規チケットを開くと、現在のセッションのすべてのイベントは、デフォルトでチケットの[イベント ログ]タブ上に表示されます。
0
- チケットに関するイベントのみが、[イベント ログ]タブに表示されます。
1
- 現在のセッションのすべてのイベントが、チケットの[イベント ログ]タブに表示されます。
TICK_OPEN
19
CA SDM
チケットが表示されたことを示します。
TICK_SEARCH
20
CA SDM
ユーザがチケットを検索したことを示し、検索数をリンクします。
KD_PRNT
21
ナレッジ管理
kd
ナレッジ ドキュメントが印刷されたことを示します。