レガシー レポートの変更

CA SDM では、レガシー レポートを変更するか、独自のレポートをデザインすることができます。 以下の操作を行うことができます。
casm173
CA SDM では、レガシー レポートを変更するか、独自のレポートをデザインすることができます。 以下の操作を行うことができます。
  • 必要な情報が含まれるように、レガシーの概要レポート、詳細レポート、および分析レポートを変更する(たとえばフィールドを追加する)。
  • データベースから取得した情報を使いやすい形式で表示するレポートを新規に作成する。
  • コマンド ライン引数を組み込むことにより、変数情報の引数をレポートに渡す。 たとえばフィールドの現在値やSQLのWHERE節の式など、値や式を引数として使用できます。
  • コマンド ライン、スクリプト ファイル、またはメニュー オプションからレポートを生成する。
以下の手順に従います。
  1. レポートをデザインします。
    • レポートに含めるデータを決定します。
    • 「データを処理するための SQL 風のクエリ、式、および関数」と「データを印刷ページ用にフォーマットするためのステートメント」を含むレポート テンプレートを作成します。
  2. レポートは、以下のいずれかを使用して生成します。
    • コマンド ライン
    • CA SDM メニュー オプション
    • スクリプト ファイル
サードパーティ製のデータベース システムがある場合は、そのレポート生成ツールを使用して、CA SDM データベースのデータからレポートを作成できます。 CA SDM に備わっているさまざまなデータベース ビューにより、サードパーティ製のデータベース システムを使用して、変更したレポートを簡単に作成できます。 データベースのレポート作成の詳細については、ご使用のデータベース システムのマニュアルを参照してください。
Crystal レポートの変更
このレポートを表示するためには、以下の条件を満たす必要があります。
  • Crystal レポートを Crystal ディレクトリの $NX_ROOT/bopcfg/rpt にコピーし、Crystal レポート セレクタで使用できるようにする必要があります。
  • データベース クライアントが稼動しており、同じコンピュータまたは別のコンピュータで稼動しているデータベース サーバとの接続が確立されている必要があります。 CA SDM Client を使用して Crystal レポートまたは Access レポートを実行するためには、特定のデータベースに対応したデータベース クライアントをインストールし、データベース サーバとの接続を確立する必要があります。
カスタムCrystalレポートを作成した後で、以下の操作を行います。
  1. カスタムCrystalレポートを、以下のCrystalディレクトリにコピーします。
    $NX_ROOT/bopcfg/rpt
  2. カスタムCrystalレポートのファイル名を、以下の環境設定ファイルに追加します。
    crystal.cfg
これで、タスクバーの[スタート]メニューから、[プログラム]-[CA SDM]-[レポート]-[Service Deskレポート(Crystal Reports)]の順に選択して、Crystal レポートにアクセスできます。 [Service Deskレポート(Crystal)]ウィンドウが表示されます。
CA SDM のクライアントをアップグレードすることはできません。 そのため、CA SDM サーバで Crystal レポートを作成して使用している場合、CA SDM のバージョンをアップグレードするときは、カスタム レポートが失われないように、すべてのカスタム レポートを別の場所にコピーする必要があります。 アップグレードを行った後で、レポートを Crystal ディレクトリの $NX_ROOT/bopcfg/rpt にコピーして戻します。次に、レポート セレクタからアクセスできるように、crystal.config ファイルに変更を加えます。