コントロールのプロパティ

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
属性
属性プロパティでは、コントロールと関連付けられる CA SDM テーブル内のフィールドを指定できます。 プロパティ ダイアログ ボックスでこの値を設定するには、[属性]プロパティの右側にあるセルをクリックし、選択ボックスの右側に表示される[参照]ボタンをクリックします。 属性の選択ツリーから目的の属性を選択し、[選択]をクリックします。
自動入力
自動入力機能は、フォームをサブミットする前に、ルックアップ フィールドを確認して入力を完了します。 ユーザがハイパーリンクをクリックし、入力したテキストで基礎となるテーブル内の値が識別されると、検索フォームはポップアップせず、CA SDM によって値が入力されます。 また、ユーザが新しい値をルックアップ フィールドに入力して Tab キーを押すと、自動入力機能が有効になります。 これにより、CA SDM がサーバにクエリを行い、ルックアップ フィールドの条件に合ったレコードがすべて一覧表示されます。この場合、指定された値と最初の数文字が一致したレコードが表示されます。 条件が一致した場合、値全体がフィールドにコピーされます。 条件が一致するレコードが複数あった場合、選択フォームがポップアップします。
自動入力プロパティは、ドロップダウン フィールドでも使用されます。この理由は、項目数が設定可能なしきい値を超えた場合(「ルックアップ」を参照)、CA SDM は自動的にドロップダウン フィールドをルックアップに変換できるためです。
自動入力プロパティは、プロパティ ダイアログ ボックスで、ドロップダウン ボックス、階層ルックアップ ボックス、またはルックアップ ボックスの各コントロールに対して設定できます。 このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[自動入力]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 [いいえ]を選択すると、Tab キーで別のフィールドにカーソルを移動しても、コントロールに自動的に値が入力されません。 自動入力のデフォルト値は true です。
キャプション
キャプション プロパティでは、コントロールの上に表示されるヘッダ ラベルを指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[キャプション]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
ノートブックのタブとリストの列にもキャプションが表示されます。 [リスト デザイナ]でキャプションを指定すると、これらのコントロールの[プロパティ]ダイアログ ボックスの値が置き換えられます。
メニュー アイテムのタイトルは、[メニュー デザイナ]ダイアログ ボックスで設定できます。 そのためには、リストから該当する項目を選択し、[キャプション]テキスト ボックスにテキストを入力します。
列の幅
CA SDM は、HTML テーブルの詳細フォームや検索フィルタにコントロールを配置します。このとき、コントロールはテーブルの行や列に配置されます。 列の幅プロパティでは、1つのコントロールがテーブル内で使用する列数を指定します。 このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[列の幅]プロパティの右側にあるセルに適切な数値を入力します。
コントロールの列の幅も、このプロパティ ダイアログ ボックスで設定できます。 設定するには、[列の幅]プロパティの右側にあるセルに整数を入力します。
条件
条件プロパティでは、If 条件コントロールと Else If 条件コントロールの条件ロジックを設定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[条件]プロパティの右側にあるセルに適切な論理条件を入力します。
条件プロパティの構文は以下のとおりです。
  • 0 は false、それ以外の数字はすべて true
  • "" は false、"any-string" は true
  • "value op value" と指定すると、左の値と右の値が、演算子(op)に従って評価されます。 両方の値が数値の場合(オプションで先頭に - または + を付けることが可能)、両方の数値が比較されます。 それ以外場合、これらの値は文字として比較されます(ASCII 照合)。 以下に有効な op 値を示します。
演算子の値
説明
==
等しい
!=
等しくない
>=
以上(\>= または >= と記述する必要がある)
<
より小さい(\< または < と記述する必要があります)
>
より大きい(\> または > と記述する必要があります)
<=
以下(\<= または <= と記述する必要がある)
&
左右の値のビット論理和を実行します。 任意のビットが設定されている場合は true、何も設定されていない場合は false です。
%
左の値が右の値の倍数である場合は true が返され、それ以外の場合は false が返されます(2 次元テーブルを作成するときに便利です)。
:
UNIX の grep コマンドのように、バイト指向のパターン マッチを実行します。 右の値で定義した正規表現が左の値に含まれている場合は true が返されます。
以下に例を示します。
<PDM_IF $count \>= 10> . . . <PDM_ELIF $count &#60; 5> . . . <PDM_ELSE> . . . </PDM_IF>
条件には、結合子として &&(and)または ||(or)を指定できます。 どちらの結合子を先に指定しても構いません。 Webエンジンは、左から右へ結合子に達するまで条件を検証します。 最初の条件がtrueで結合子が||である場合、Webエンジンはそれ以降の評価を続行せず、条件全体がtrueであると判断します。 最初の条件がfalseで結合子が&&である場合、Webエンジンはそれ以降の評価を続行せず、条件全体がfalseであると判断します。 それ以外の場合は、条件の評価結果が確定しないので、結合子の後の条件も評価します。
デフォルト
デフォルト プロパティでは、関連付けられた属性が空である場合のドロップダウン フィールドのデフォルト値を指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[デフォルト]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
このプロパティを指定すると、基礎となる属性が空である場合に(通常は新しいレコードを作成した場合のみ)、指定した値が選択ボックスで自動的に選択されます。 指定した値がドロップダウンの選択項目のいずれにも対応していない場合、またはフィールドがルックアップとして表示される場合、このプロパティは無効になります。 このプロパティは任意指定です。省略すると、空の属性に対して、デフォルト値がない状態になります。
無効
無効プロパティでは、初期表示でコントロールを無効にするかどうかを指定します。 無効にしたコントロールは、グレーのテキストで表示され、選択することもテキストを入力することもできなくなります。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[無効]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 デフォルトでコントロールを無効にするには、このプロパティに[はい]を指定します。 無効にしたコントロールを有効にするには、フォームを表示した後で、JavaScript を実行する必要があります。
リスト フォームの検索フィルタ セクションにあるテキスト ボックスで、[無効]プロパティに[はい]を指定した場合、[QBE 条件]、[QBE 表示]、および[QBE 値]プロパティの値も指定する必要があります。
イベント
イベント プロパティでは、属性に関連付ける 1 つ以上のイベント ハンドラを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[イベント]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。 HTML ステートメントと同じ形式で値を指定します。ただし、ハンドラの文字列で使用する二重引用符の前に、バックスラッシュを 3 つ指定する必要があります。 たとえば、フォーム detail_cr.htmpl にあるリクエスト領域コントロールのイベント プロパティの場合、次のようになります。
onChange=\\\"change_category_func('cr')\\\"
このように指定すると、フィールド値が変わるたびに、JavaScript 関数 change_category_func(‘cr’) が呼び出されます。
スペースで区切ることによって、同じイベント プロパティで複数のイベント ハンドラを指定できます。 使用可能なイベント ハンドラとその使用法のリストについては、HTML または JavaScript のドキュメントを参照してください。
ファクトリ
ファクトリ プロパティでは、ルックアップまたはドロップダウン コントロール内のフィールドによって参照される CA SDM テーブルを指定します。 このプロパティは、通常は空です。つまり、ファクトリのデフォルトは、CA SDM のオブジェクト定義の属性に関連付けられた値になります。 この値をオーバーライドする必要はありません。
このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[ファクトリ]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで適切な値を選択します。
関数
メニュー アイテムの関数プロパティでは、ユーザが該当する項目を選択したときに呼び出される JavaScript を指定します。 このプロパティを指定するには、[メニュー デザイナ]ダイアログ ボックスの[関数]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。 関数には任意の有効な JavaScript を指定できますが、二重引用符の前にはバックスラッシュを指定する必要があります。
事前定義済みの便利な JavaScript 関数を以下に示します。
  • upd_frame(form)
    メイン ウィンドウのコンテンツ フレームに新しいフォームをロードします。
  • create_new(factory, use_template, width, height [,args])
    新しいレコードを定義するフォームがポップアップします。
  • popup_window(name, form[, width, height [,features [,args]] ])
    新しいウィンドウがポップアップします。
  • showDetailWithPersid(persid)
    詳細レコードがポップアップします。
上記の関数で指定する内容は以下のとおりです。
  • form
    フォーム xxx.htmpl の HTMPL ファイル名または操作コードです(例: CREATE_NEW)。
  • factory
    データベース オブジェクトの名前です。
  • use_template
    新しいオブジェクトをテンプレートから作成するかどうかを指定します。この場合、ユーザはリストからテンプレートを選択する必要があります。 値は true または false です。
  • width
    フォームの幅をピクセルで表した値で、デフォルト値は 0 です。
  • height
    フォームの高さをピクセルで表した値で、デフォルト値は 0 です。
  • features
    ウィンドウ機能のリストです。JavaScript window.open() 関数と同じ形式で指定します。
  • args
    フォームに指定した操作の引数です。「キーワード = 値」の形式で 1 つ以上の引数を指定します。
  • persid
    factory:id の形式の固定 ID です。
ID
ID プロパティでは、コントロールを参照する JavaScript で使用されるコマンド ボタン、タブ、または読み取り専用テキスト ボックス コントロールの HTML ID または JavaScript ID を設定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[ID]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
初期
初期プロパティでは、ドロップダウン フィールドの初期値を指定します。 このプロパティを指定すると、コントロールに関連付けられた属性のデータベース値が無視され、指定した初期値が選択ボックスで選択されます。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[初期]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。 指定する値は、ドロップダウン内の選択項目のいずれかに対応している必要があります。対応していない場合は、ドロップダウンの初期値が空になります。 この引数は任意指定です。省略すると、ドロップダウンには関連付けられた属性のデータベース値が表示されます。
リンクを保持プロパティでは、詳細フォームの読み取り専用ビューのテキスト ボックス内にある HTML Action: タグを、ハイパーリンクまたは単純なテキスト(クリック不可)のどちらで表示するかを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[リンクを保持]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 Action: タグをハイパーリンクとして表示する場合は、このプロパティに[はい]を指定します。 Action: タグをリテラル テキストとして表示する場合は、デフォルト値の[いいえ]を指定します。 Action: タグ以外の HTML タグは、([タグを保持]プロパティが指定されていない限り)常にリテラル テキストとして表示されます。
[タグを保持]プロパティに[はい]を指定した場合、リンクを保持プロパティは無視されます。 このプロパティが影響するのは、読み取り専用で表示する詳細フォームのみであることに注意してください。 HTML は、編集ビューでは常に通常のテキストとして表示されます。
タグを保持
タグを保持プロパティでは、詳細フォームの読み取り専用ビューのテキスト ボックス内にある HTML タグを、HTML または単純なテキスト(クリック不可)のどちらの形式で表示するかを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[タグを保持]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 HTML タグをそのままタグとして表示する場合は、このプロパティに[はい]を指定します。 HTML タグをリテラル テキストとして表示する場合は、デフォルト値の[いいえ]を指定します。
[タグを保持]プロパティに[はい]を指定した場合、リンクを保持プロパティは無効になります。 このプロパティが影響するのは、読み取り専用で表示する詳細フォームのみであることに注意してください。 HTML は、編集ビューでは常に通常のテキストとして表示されます。
リンク プロパティでは、詳細フォームの読み取り専用ビューのドロップダウン、ルックアップ、または読み取り専用ルックアップ フィールドを、クリック可能なハイパーリンクとして表示するかどうかを指定します。 ユーザがハイパーリンクとして表示されたフィールドをクリックすると、このフィールドが参照するレコードの詳細が表示されます。
このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[自動入力]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 読み取り専用ビューのフィールドをリンクとして表示する場合は、デフォルト値の[はい]を選択します。クリック不可の単純なテキストとして表示する場合は、[いいえ]を選択します。
ルックアップ
ルックアップ プロパティでは、ドロップダウン コントロールのエントリ数がインストール時に指定したしきい値(通常は 10)を超えた場合に、ドロップダウン コントロールをルックアップ コントロールに変換するかどうかを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[ルックアップ]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 ドロップダウンのエントリ数がしきい値を超えた場合に、ドロップダウン コントロールをルックアップ コントロールにする場合は、デフォルト値の[はい]を選択します。 エントリ数に関係なく、コントロールを常にドロップダウンとして使用する場合は、[いいえ]を選択します。
最大長
最大長プロパティでは、テキスト ボックス コントロールに入力できる最大文字数を指定します。 通常、このプロパティは空欄です。つまり、最大長のデフォルト値は、テキスト ボックスに関連付けられたデータベース列の実際の長さになります。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[最大長]プロパティの右側にあるセルに適切な数値を入力します。
オフ
オフ プロパティでは、チェック ボックス値が false のときに読み取り専用画面に表示される値を設定します。 この値を設定するには、[オフ]プロパティの右側にあるセルにテキストを入力します。
オン
オン プロパティでは、チェック ボックス値が true のときに読み取り専用画面に表示される値を設定します。 この値を設定するには、[オン]プロパティの右側にあるセルにテキストを入力します。
操作コード
操作コード プロパティでは、検索フィルタのドロップダウンの値と共に使用する SQL Select 演算子を指定します。 「QBE」から始まる文字列を値として指定し、それに続けて以下のいずれかの演算子を指定する必要があります。
演算子
説明
EQ
equals(等しい)
NE
等しくない
LT
より小さい
GT
より大きい
LE
以下
GE
以上
IN
LIKE
デフォルト値の QBE.EQ を指定した場合、検索フィルタにより、コントロールに関連付けられた属性がドロップダウンで選択した値と完全に一致した行が選択されます。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[操作コード]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
オプション ID
オプション ID では、コントロールを参照する JavaScript で使用されるオプション ボタンの HTML ID または JavaScript ID を設定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[オプション ID]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
プレビュー
プレビュー プロパティでは、dtlHTMLEditBox でクイック表示モードを表示するかどうかを指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[プレビュー]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 dtlHTMLEditBox コントロールでクイック表示モードを表示する場合は、デフォルト値の[はい]を選択します。 コントロールで HTML ソース モードのみを表示する場合は、[いいえ]を選択します。
プレビューする節
プレビューする節プロパティでは、フォーム用のデータを取得する where 節を指定します。 WSP では、この where 節を使用して、プレビュー時にフォームに表示するデータを取得します。 プレビューする節を指定しない場合は、フォームに関連付けられたテーブルに最後に追加された行が検索され、プレビュー対象のフォームにそのデータが表示されます。
プレビュー モード
プレビュー モード プロパティでは、フォームをプレビュー モードで表示するときの形式を指定します。 フォームのプレビュー モードを設定するには、[プレビュー モード]プロパティの右側にあるドロップダウン リストから[編集]または[読み取り専用]を選択します。 [編集]は、[プレビュー モード]のデフォルト値です。 フォームを読み取り専用モードでプレビューしている間は、フォーム上のコントロール ボックスを編集できません。 [プレビュー モード]に[編集]を設定した場合は、コントロール ボックスを編集できます。
プレビューするURL
プレビューするURLプロパティでは、プレビューするURLを指定します。 このプロパティには、xxxx.htmpl 形式の HTMPL ファイル名、CA SDM のURL(「OP=」で始まる場合は変更なしで使用されます)、またはフォームがプレビューできないことを示す「no」キーワードを指定できます。 OP=以外で始まる値の場合、フォーム{factory}または{factory:}の参照は、ユーザが表示を許可された参照ファクトリで最後に作成された行のIDまたは固定IDにそれぞれ置き換えられます。
QBE 条件
QBE 条件プロパティでは、検索フィルタで無効になっているテキスト ボックス フィールドの QBE 値プロパティと共に使用する SQL Select 演算子を指定します。 以下のいずれかの文字列を値として指定する必要があります。
演算子
説明
EQ
equals(等しい)
NE
等しくない
LT
より小さい
GT
より大きい
LE
以下
GE
以上
IN
LIKE
たとえば、値として IN を指定した場合、検索フィルタにより、無効になっているテキスト ボックス コントロールに関連付けられた属性が、SQL LIKE の比較規則によって QBE 値プロパティと一致した行が選択されます。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[QBE 条件]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
QBE 表示
QBE 表示プロパティでは、検索フィルタでテキスト ボックス フィールドが無効になっているときにユーザに表示する値を指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[QBE 表示]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
QBE値
QBE 値では、検索フィルタで無効になっているテキスト ボックス フィールドから生成される SQL Select where 節の一部で比較用に使用される値を指定します。 生成される where 節には、選択される行の一部が含まれます。このときの選択条件では、コントロールに関連付けられた属性と、QBE 値に指定した値が、QBE 条件に指定した演算子を使用して比較されます。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[QBE 値]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
読み取り専用
詳細フォームの他のすべての詳細コントロールと同様に、読み取り専用モードではコントロールを編集できません。
[バインド]に[はい]を設定すると、このパラメータは無視されます。
行プロパティでは、テキスト ボックス コントロールまたは HTML エディタによってフォーム上で使用される行数を指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[行]プロパティの右側にあるセルに適切な数値を入力します。
このプロパティを使用できるのは、詳細フォームのテキスト ボックスのみです。リスト フォームのテキスト ボックスでは使用できません。
サイズ
サイズ プロパティでは、コントロールの幅をピクセルで指定します。 このプロパティを空欄にすると、コントロールはデータの保持に必要な幅で表示されます。
このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[サイズ]プロパティの右側にあるセルに適切な数値を入力します。
スペル チェック
スペル チェック プロパティでは、ユーザがテキスト ボックスの内容をスペル チェックするために使用できる、[スペリング]ボタンをテキスト ボックス コントロールのタイトルの右側に表示するかどうかを指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[スペル チェック]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 [スペリング]ボタンを表示する場合は、[はい]を選択します。表示しない場合は、デフォルト値の[いいえ]を選択します。
時間
時間プロパティでは、日付コントロールと読み取り専用日付コントロールの日付と共に時刻を表示するかどうかを指定します。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[時間]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 時刻を表示する場合は、デフォルト値の[はい]を選択します。日付のみを表示する場合は、[いいえ]を選択します。
タイトル
タイトル プロパティでは、エレメントのタイトルを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[タイトル]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
ツールバー
ツールバー プロパティでは、dtlHTMLEditBox コントロールに関連付けられた HTML エディタに表示するツールバー セットを指定します。
  • tmpl
    ドキュメント テンプレート エディタのツールバー セットを表示します。
  • reportcard
    レポート カード エディタのツールバー セットを表示します。
  • default
    デフォルトのツールバー セットを表示します。
ヒント
ヒント プロパティでは、ユーザがコントロール アイテム上にマウス ポインタを置いたときに表示されるテキストを指定します。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[ヒント]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
Where節
Where 節プロパティでは、詳細フォームのドロップダウン コントロールに表示する値を選択する where 節を指定します。 このプロパティは任意指定です。空欄にした場合、詳細フォームのドロップダウンには、コントロールに関連付けられた属性によって参照されるテーブルのすべての行が表示されます。
このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[Where 節]プロパティの右側にあるセルに適切な値を入力します。
ワイルドカード
ワイルドカード機能を使用すると、リスト フォーム上のルックアップ ボックスや階層ルックアップ ボックスに対してワイルドカード検索を実行できます。 通常の検索でテキスト文字列を「%」シンボルで囲むと、ワイルドカード検索と同じ結果が得られます。 たとえば、テキスト フィールドで検索を実行する場合、文字列 %option% を指定すると、このテキスト フィールド内で「option」という単語を含むすべてのレコードを取得できます。 このプロパティを指定するには、[プロパティ]ダイアログ ボックスの[ワイルドカード]プロパティの右側にあるセルをクリックし、表示されたドロップダウンで[はい]または[いいえ]を選択します。 [はい]を選択すると、コントロールのワイルドカード プロパティが自動的に有効になります。 [いいえ]を選択すると、ワイルドカードのデフォルト値が指定されます。 このオプションが true である場合、検索で % シンボルが不要になります。
幅プロパティでは、ボタン コントロールの幅をピクセルで指定します。 このプロパティを空欄にすると、コントロールはデータの保持に必要な幅で表示されます。
このプロパティを指定するには、プロパティ ダイアログ ボックスの[サイズ]プロパティの右側にあるセルに適切な数値を入力します。