フォームのカスタマイズ

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
HID_Add Controls
WSP で編集するフォームを開いた後、ツールバー、メニュー コマンド、およびショートカットを使用してフォームをカスタマイズできます。 以下のカスタマイズを実行できます。
  • コントロールの挿入
  • コントロールのプロパティの編集
  • メニュー バーの変更
  • スタイルシートの変更
  • マウスオーバー プレビュー フォームの変更
  • リスト フォーム上のデータ グリッド リストの変更
  • 詳細フォーム上のノートブックの変更
  • HTML および JavaScript ファイルの変更
コントロールの追加
画面に新しいコントロールを追加するための方法は 4 つあります。 フォームに任意のタイプのコントロールを追加するには、以下のいずれかの手順に従います。
例 1: ドラッグ アンド ドロップ
  1. コントロール パレットで、追加するコントロールのボタンをクリックします。左マウス ボタンを押したまま、コントロールをフォーム上の目的の位置までドラッグします。
    コントロールを配置するためにマウス ボタンを放します。
    コントロールが、フォーム上に配置されます。
  2. コントロールの追加が完了したら、フォームを保存します。
例 2: ダブルクリックと再配置
  1. コントロール パレットで、追加するコントロールをダブルクリックします。
    コントロールがフォームに表示されます。
  2. コントロールにマウス ポインタを置いて左ボタンをクリックし、ボタンを押したままの状態でフォーム上のコントロールの位置を変更します。
    コントロールをフォーム上の目的の位置に配置します。
  3. コントロールの追加が完了したら、フォームを保存します。
例 3: 右クリックと選択
  1. コントロールを追加する位置でフォームを右クリックします。
    ドロップダウン リストが表示されます。
  2. ドロップダウン メニューから追加するコントロールを選択します。
    コントロールが、フォーム上に配置されます。
  3. コントロールの追加が完了したら、フォームを保存します。
例 4: コントロール メニュー
  1. [コントロール]メニューをクリックします。
    ドロップダウン メニューから追加するコントロールを選択します。
    コントロールがフォームに表示されます。
  2. コントロールにマウス ポインタを置いて左ボタンをクリックし、ボタンを押したままの状態でフォーム上のコントロールの位置を変更します。
    コントロールが、フォーム上に配置されます。
  3. コントロールの追加が完了したら、フォームを保存します。
フォーム上でのコントロールの配置
HID_Arrange Controls on a Form
コントロールを選択してドラッグすると、フォーム上のコントロールの位置を変更できます。 これにより、フォーム上でコントロールの相対的な位置を制御しているコントロールの位置プロパティが変更されます。
コントロールを移動するには、以下の手順に従います。
  1. フォーム上で、移動するコントロールを左クリックで選択し、マウス ボタンを押したままの状態にします。
    以下の例に示すように、選択したコントロールの周りにハンドルが表示されます。
    Handle Bar
  2. 選択したコントロールをフォーム上の新しい位置にドラッグし、マウス ボタンを離します。
必要に応じて、[編集]メニューから[元に戻す]を一度選択して最新の編集操作を取り消します。または、[元に戻す]を繰り返し選択して一連の操作を取り消します。
コントロールの移動
HID_Move a Control
コントロールをドラッグして移動するには、コントロールにマウス ポインタを置いて左マウス ボタンをクリックし、ボタンを押したままの状態でフォーム上のコントロールの位置を変更します。
コントロールをドラッグしてサイズを変更するには
  1. コントロールをクリックして選択します。
  2. サイズ変更ハンドルにマウス ポインタを移動すると、ポインタは Resize Arrow 1Resize Arrow 2Resize Arrow 3、またはResize Arrow 4 に変わります。
  3. 左マウス ボタンをクリックし、ボタンを押したままの状態で適切なサイズになるまでコントロールをドラッグします。
条件式などの一部のコントロールでは、枠が黒ではなく白になっていて、サイズを変更できない場合があります。 また、高さを変更できるのは、テキスト ボックスなどの特定のコントロールに限られます。