PDM マクロ定義

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
PDM_Macro
CA SDM は、HTMPL という言語で Web フォームを構築します。 HTMPL は、標準 HTML に、サーバ変数の参照および PDM_xxx 形式の独自タグを追加したものです。 これらのタグの 1 つである PDM_MACRO は、指定された JavaScript コード セグメントをデータベースからフォームにコピーします。 ほとんどの PDM_MACRO タグは、クライアント サイド JavaScript を呼び出します。JavaScript は、ユーザに表示される直前に Web フォームを構築します。 ほとんどの Web フォーム コントロールは、PDM_MACRO タグで構築されます。 たとえば、ロケーション詳細フォーム上にサイト フィールドを構築する PDM_MACRO タグは、以下のようにコード化されます。
<PDM_MACRO NAME=dtlLookup hdr="Site" attr="site">
PDM_MACRO タグには、1 つ以上のキーワード パラメータ(プロパティ)が含まれます。 NAME パラメータは、マクロの名前を指定するためにすべての PDM_MACRO 上で必要です。 それ以外のパラメータは、マクロ上に応じて必須または任意となります。
データベースに格納されている PDM_MACRO 定義のサイト カスタマイズはサポートされていないため、行わないでください。
btnEndRow
btnEndRow マクロは、フォーム上の水平行に表示される 1 つ以上のボタンのグループの終了をマークします。 ボタン行は、btnStartRow マクロか、または NewRow=yes 引数を持つボタン マクロのいずれかで始まります。 ボタン行は、btnEndRow マクロか、または EndRow=yes プロパティを持つボタン マクロのいずれかで始まります。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=btnStartRow . . .> <PDM_MACRO name=button . . .> <PDM_MACRO name=button . . .> . . . <PDM_MACRO name=btnEndRow>
このマクロにはプロパティはありません。
btnStartRow
btnStartRow マクロは、フォーム上の水平行に表示される 1 つ以上のボタンのグループの開始をマークします。 ボタン行は、btnStartRow マクロか、または NewRow=yes 引数を持つボタン マクロのいずれかで始まります。 ボタン行は、btnEndRow マクロか、または EndRow=yes プロパティを持つボタン マクロのいずれかで始まります。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=btnStartRow . . .> <PDM_MACRO name=button . . .> <PDM_MACRO name=button . . .> . . . <PDM_MACRO name=btnEndRow> :
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • centered=true|
    false
    フォーム上のボタン行を中央に配置するかどうかを指定します。 このプロパティを指定しない場合、ボタン行が左寄せされます。
  • padding=
    0
    |
    number
    行中のボタン間のハード(改行しない)スペースの数を指定します。 このプロパティを指定しない場合、ボタンはできる限り詰められて配置されます。
button
ボタン マクロは、フォームのユーザがアクションを呼び出すためにクリックできるボタンを定義します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • btnType=negative|
    positive
    ボタンが正のアクション(保存など)または負のアクション(キャンセルなど)のどちらを実行するかを指定します。 この指定は、ドキュメント専用です。ボタンを正または負として指定しても、ボタンの外観または使用に影響はありません。
  • Caption=
    text
    (必須)ボタンのラベル用のテキストを指定します。 オプションで、キャプションの最後にホットキー ヒントを角かっこで囲んで指定できます(Caption=”Save[Sv]” など)。 ホット キー ヒントを指定した場合、CA SDM はヒント内の文字列からボタンのホットキーを選択します。 ホット キー ヒントを指定しない場合、CA SDM はキャプション全体の文字列からホットキーを選択します。
  • Disabled=Yes|
    No
    初期表示でボタンを無効にするかどうかを指定します。 このプロパティを指定しない場合、ボタンは有効になります。
  • EndRow=yes|
    no
    このボタンがボタンの水平行の最後かどうかを指定します。 EndRow=yes を指定した場合、CA SDM はこのボタンの後ろに btnEndRow マクロを自動的に挿入します。 このプロパティを指定しない場合、CA SDM はこのボタンを行の最後のボタンとして設定しません。
  • Func=
    string
    (必須)フォームのユーザがボタンをクリックしたときに呼び出される JavaScript を指定します。
  • hotkey_name=
    string
    (必須)ホット キーを選択するためのキャプションを指定します。 このプロパティおよび ASCII 文字列を指定する必要があります。 CA SDM は、hotkey_name 文字列の文字からボタンのホットキーを選択します。 hotkey_name マクロは、ラテン アルファベットを使用するロケールでは無視されます。これらのロケールでは、常にキャプションを使用してホットキーを定義します。
  • ID=
    string
    (必須)ボタンの JavaScript ID を指定します。
  • NewRow=yes|
    no
    このボタンが水平行の最初のボタンかどうかを指定します。 NewRow=yes を指定した場合、このボタンの前に btnStartRow マクロが自動的に挿入されます。 このプロパティを指定しない場合、このボタンは行の最初のボタンとして設定されません。
  • tabIndex=n|
    -1
    ボタンの HTML tabIndex を指定します。 tabIndex は、フォーム上の tabIndex を持つ他の HTML 要素との関係としてのみ意味を持ちます。 フォームのユーザは、要素の tabIndex 値に基づいて要素から要素へと順番に Tab キーで移動できます。 このプロパティを指定しない場合、ボタンはデフォルトの tabIndex を受け取ります。
  • Tooltip=
    string
    ボタンのツールヒント テキストを指定します。 このプロパティを指定しない場合、プロパティのデフォルトとしてボタンのキャプションが使用されます。
  • Width=
    0
    |
    number
    ボタンの幅をピクセル単位で指定します。 このプロパティを省略するか、または 0 に設定した場合、ボタンはそのキャプションが収まる幅で作成されます。
cmdbMetadata
cmdbMetadata マクロは、CI およびトランザクション情報を表示するときに使用されるバージョン指定、TWA ビューワ、および CMDBf ビューワ用の属性レベル メタデータを提供します。 このメタデータは、以下の目的に使用されます。
  • 各属性を分類し、それらに関するヘルプ情報を提供する。
  • 各 MDR プロバイダ属性名を対応する CA CMDB 属性名にマップし、それらが一緒に表示されるようにする。 このマクロは UI コントロールを作成せず、通常 HTMPL ファイルの中で使用されます。 この HTMPL ファイルは表示フォームに組み込まれ、バージョン指定、TWA ビューア、および CMDBf ビューアで使用されます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    CA CMDB 属性名を指定します。 このプロパティは CI 表示からプロバイダ属性を非表示にする場合を除き、常に必要です。 後続のすべてのプロパティは、この属性の処理を参照します。 指定された属性名は有効であり、大文字と小文字が区別され、CI 属性名である必要があります。
  • category=
    attributeCategoryName
    バージョン指定および CMDBf ビューア属性表示での、グループ関連属性に対するこの属性のカテゴリを指定します。 このカテゴリは通常、CI 詳細表示上の属性が含まれるタブです。 属性は、これらのフォーム上でカテゴリによって並べ替えられます。
  • common=yes|
    no
    (非推奨)この属性が共通属性(nr オブジェクト内)かどうかを指定します。 このプロパティは使用しないでください。 共通属性用のメタデータの拡張は指定しないでください。
  • currentcivalue=
    dottedNotation
    属性の現在値に対する特別のなドット区切り表記を明示的に指定します。 このプロパティは、現在の CI 値にアクセスするためのデフォルトのドット区切り表記が不適切である場合に必要です。 たとえば、共通属性を定義し、それらの属性が拡張テーブルに存在しない場合などに必要となります。
    ドット区切り表記の例については、cmdb_metadata_common.htmpl フォームを参照してください。
  • dbcolumn=
    UAPMcolumnName
    UAPM データベースの列名を指定し、指定された CA CMDB 属性名と関連付けることができるようにします。
  • extension=
    objectName
    属性名が含まれる拡張オブジェクト名を指定します。 このプロパティは、拡張テーブルに存在する属性を定義するときに必要です。
  • heading=
    string
    この属性を説明する短いラベルを指定します。 通常、このプロパティは、CI 詳細フォームが表示するデフォルト ラベルとして設定します。
  • help=
    string
    属性の簡単な説明を指定します。
  • hide_provider_attr=yes|
    no
    (CMDBf ビューアで使用する場合のみ) yes を指定した場合、CMDBf ビューア表示からプロバイダ属性を非表示にします。 provider_attr および provider_name または provider_name_regexp のいずれかを指定する必要があります。
  • provider_attr=
    MDRattributeName
    (CMDBf ビューアで使用する場合のみ)現在の属性(attr)にマップされる MDR プロバイダ属性名を指定します。 attr および provider_name または provider_name_regexp のいずれかを指定する必要があります。
  • provider_name=
    MDRname
    (CMDBf ビューアで使用する場合のみ) MDR 属性名(provider_attr)に関連付けられる MDR プロバイダ名を指定します。 このプロパティは、特定の MDR プロバイダ名との完全一致を指定します。 provider_attr の指定が必要です。 このプロパティは、provider_name_regexp と相互に排他的です。
  • provider_name_regexp=
    regularExpression
    (CMDBf ビューアで使用する場合のみ) MDR 属性名(provider_attr)に関連付けられる MDR プロバイダ名の正規表現を指定します。 このプロパティは、MDR プロバイダ名と一致させるための正規表現パターンを指定します。 正規表現は、有効な JavaScript RegExp() パターンを使用します。 provider_attr の指定が必要です。 たとえば、\"MyMdr.*\" は、\"MyMdr\" で始まるすべてのプロバイダ名と一致します(\"MyMdr1\"、\"MyMdrAbcd\" など)。 \".*\" は、すべてのプロバイダ名と一致します。 このプロパティは、provider_name と相互に排他的です。
  • standardcivalue=
    dottedNotation
    標準 CI の属性の対応する値のドット区切り表記を指定します。 このプロパティは、標準の CI 値にアクセスするためのデフォルトのドット区切り表記が不適切である場合に必要です。 たとえば、共通属性を定義し、それらの属性が拡張テーブルに存在しない場合などに必要となります。
dtlCheckbox
dtlCheckbox マクロは、HTMPL 詳細フォーム上のチェック ボックス コントロールを指定します。 このコントロールは、以下のように表示されます。
  • フォームの編集ビュー上のチェック ボックス。
  • 読み取り専用ビュー上の on または off プロパティで指定されたテキスト。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • off=
    0
    |
    text
    チェック ボックスがオンではない場合、読み取り専用フォームに表示されるテキストを指定します。
  • on=
    1
    |
    text
    チェック ボックスがオンの場合、読み取り専用フォームに表示されるテキストを指定します。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
dtlCheckboxReadonly
dtlCheckboxReadonly マクロは、HTMPL 詳細フォームの上の読み取り専用チェック ボックス コントロールを指定します。 コントロールは、フォームの編集および読み取り専用ビューの両方で、on または off プロパティによって指定されたテキストとして表示されます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • off=
    0
    |
    text
    チェック ボックスがオンではない場合、読み取り専用フォームに表示されるテキストを指定します。
  • on=
    1
    |
    text
    チェック ボックスがオンの場合、読み取り専用フォームに表示されるテキストを指定します。
dtlCheckboxWithDesc
dtlCheckboxWithDesc マクロは、説明付きのチェック ボックス コントロールを定義します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • code=
    string
    チェック ボックスの内部値を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • desc=
    text
    チェック ボックスの後に表示される説明テキストを指定します。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • func=
    script
    チェック ボックスをオンまたはオフにするための機能を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • padding=
    0
    |
    number
    チェック ボックスの前のスペースの数を指定します。
  • sameCol=true|
    false
    チェック ボックスと説明を 1 つの列に配置することを指定します。 デフォルトでは、チェック ボックスと説明は 2 つの列に配置されます。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • value
    読み取り専用ビューでの属性の値を指定します。
dtlDate
dtlDate マクロは、HTMPL 詳細フォーム上の日付コントロールを指定します。 日付コントロールには、詳細フォームの編集ビューの日付ピッカ ポップアップで編集できる日付と時間が含まれています。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr
    属性の名前を指定します。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • time=
    yes
    |no
    フィールドに日付と時間の両方を含めるか、または日付のみを含めるかを指定します。
dtlDateDropdown
dtlDate マクロは、HTMPL 詳細フォーム上の日付コントロールを指定します。 空の場合、このフィールドはフォームの編集ビュー上にドロップダウン コントロールとして表示されます。 このドロップダウン コントロールには、「1 日以内」、「1 週間以内」などの日付選択が含まれています。 このコントロールには、dtlDate コントロールと同じ方法で空でない値を持った日付フィールドが表示されます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • codename=
    string
    日付ドロップダウン コントロールに表示される値セットの名前を ui_selection オブジェクトから指定します。 これらの値は、codename に対して指定された値と一致するコード属性を持つ値です。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
dtlDateReadonly
dtlDateReadonly マクロは、HTMPL 詳細フォーム上の編集不能な日付コントロールを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • time=
    YES
    |NO
    フィールドに日付と時間の両方を含めるか、または日付のみを含めるかを指定します。
dtlDropdown
dtlDropdown マクロは、HTMPL 詳細フォーム上のドロップダウン選択コントロールを指定します。 このコントロールは、フォームの編集ビュー上にドロップダウンまたはルックアップとして表示され、読み取り専用ビューにテキストとして表示されます。
CA SDM 管理者は、ドロップダウン リストに表示されるエントリの最大数を指定できます(デフォルトは 10)。ドロップダウン リストのサイズがこの数を超えると、CA SDM はこのリストをルックアップに自動変換します。 この動作は、このマクロのルックアップ プロパティでオーバーライドできます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • autofill=
    yes
    |no
    ルックアップとして表示される場合にフィールドへの自動入力を許可するかどうかを指定します。 自動入力を使用すると、値の最初の数文字を入力して Tab キーを押すことにより、フィールドに値を入力できます。 このアクションにより、以下のいずれかのアクションが実行されます。
    • サーバからフィールドの完全な値がリクエストされます。
    • 指定された値が存在しないか、または曖昧な場合、選択フォームがポップアップ表示されます。
  • cbwidth=
    0
    |
    number
    ドロップダウン リストの幅をピクセル単位で指定します。 省略時、または0 を指定した場合、リストのサイズはその最も広いエントリの幅に自動的に設定されます。
  • codename=
    string
    日付ドロップダウン コントロールに表示される値セットの名前を ui_selection オブジェクトから指定します。 これらの値は、codename に対して指定された値と一致するコード属性を持つ値です。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • default=
    text
    属性が NULL の場合のデフォルト値を指定します。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • extraURL=
    string
    コントロールのコンテンツを制限するための Where 節の述語を URL フォーマットで指定します。 たとえば、extraURL と「ADDITIONAL_WHERE」が以下のように表示されます。
    PDM_MACRO name=dtlLookup hdr="My own Field" attr="zField" extraURL="ADDITIONAL_WHERE=delete_flag=0"
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • initial=
    value
    ドロップダウン リストの初期選択値を指定します(データベース内の属性の値はオーバーライドされます)。
  • link=
    yes
    |no
    読み取り専用ビュー上のコントロールが属性値の詳細へのリンクかどうかを指定します。
  • list_display=
    attributeName
    テーブルの共通属性名を指定します。 use_list_display=1 であり、codename が空白であり、ファクトリ、rel_attr_name、および whereclause プロパティが指定されている場合にのみ有効です。
  • list_orderby=
    attributeName
    ドロップダウン リストの順序を指定します。 use_list_display=1 であり、codename が空白であり、ファクトリ、rel_attr_name、および whereclause プロパティが指定されている場合にのみ有効です。
  • lookup=
    yes
    |no
    ドロップダウン リスト内のエントリの数が設定された値(通常 10)を超える場合、フィールドがルックアップに自動的に変換されるかどうかを指定します。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • rel_attr_name=
    attributeName
    格納される参照されたテーブルから属性を指定します。 このプロパティは、use_list_display=1 が指定されており、codename が空白であり、ファクトリ、list_display、および whereclause プロパティが指定されている場合には必須です。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • use_list_display=
    0
    |1
    ドロップダウン コントロールを参照された属性ではなく明示的なクエリから構築するかどうかを指定します。 use_list_display=1 の場合、ファクトリ、list_display、rel_attr_name、および whereclause プロパティも指定する必要があります。
  • whereclause=
    string
    Where 節を指定します。
dtlDropdownWithDesc
dtlDropdown マクロは、HTMPL 詳細フォーム上のドロップダウン リストを指定します。 ドロップダウン リストの前にはキャプション(ヘッダ)が置かれ、後ろにはテキスト説明が置かれます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • desc=
    text
    ドロップダウン リストの後ろに表示される説明テキストを指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • sel_fac=
    factoryName
    ドロップダウン リストに表示される内容全体を収めるファクトリを指定します。 このプロパティは、sel_list が空の場合に有効です。
  • ドロップダウンの値のカンマ区切りリストを指定します。 値はペアで指定します。表示される値に続けて対応する内部値を指定します。 @ 記号は、個々の値を区切ります(リスト内の最初および最後の値を除く)。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • value=
    string
    読み取り専用ビューでの属性の値を指定します。
dtlEnd
dtlEnd マクロは、詳細フォームのコンテンツを定義するマクロの終了をマークします。 このマクロは、フォームの最後のマクロである必要があります。 すべての詳細フォームは、以下のコードで作成します。
<PDM_MACRO name=dtlForm . . .> <PDM_MACRO name=dtlStart . . .> <PDM_MACRO name=dtlStartRow . . .> . . . <PDM_MACRO name=dtlEnd>
このマクロにはプロパティはありません。
dtlEndDiv
dtlEndDiv マクロは、JavaScript で表示または非表示にできる詳細フォーム マクロのグループの終了をマークします。 このマクロは、dtlStartDiv マクロと組み合わせて使用します。また dtlEndTable マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=dtlStartDiv divid="my_div" . . .> . . . <PDM_MACRO name=dtlEndTable> <PDM_MACRO name=dtlEndDiv>
このマクロにはプロパティはありません。
dtlEndTable
dtlEndTable マクロは、HTML テーブルの終わりをマークします(ユーザ用ではありません)。 dtlStartTable マクロは存在しません。詳細フォーム テーブルは、レイアウトに応じて HTML テーブルを自動的に開始および終了します。 dtlEndTable マクロは、マクロ グループを HTML ブロックに分離する必要がある場合(dtlStartDiv および dtlEndDiv で区分を作成する場合など)にのみ必要となります。
dtlEndTable にはプロパティはありません。
dtlForm
dtlForm マクロは、詳細フォームのコンテンツを定義するマクロの開始をマークします。 このマクロは、フォームの最初のマクロである必要があります。 すべての詳細フォームは、以下のコードで作成する必要があります。
<PDM_MACRO name=dtlForm . . .> <PDM_MACRO name=dtlStart . . .> <PDM_MACRO name=dtlStartRow . . .> . . . <PDM_MACRO name=dtlEnd>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • button=
    true
    |false
    編集ビューでデフォルト ボタンを表示するかどうか、および読み取り専用ビューで編集ボタンを表示するかどうかを指定します。 デフォルト ボタンは、[保存]、[キャンセル]、および[リセット]です。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hideeditbtn=true|
    false
    読み取り専用ビューで[編集]ボタンを非表示にするかどうかを指定します。
  • onsubmit=
    script
    デフォルトのフォーム サブミット ハンドラをオーバーライドします。 ほとんどの場合、デフォルト ハンドラで十分です。
  • saveclose=true|
    false
    編集ビューで[保存と終了]ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • skip_tenant_hdr=yes|
    no
    フォームのヘッダでテナント フィールドを非表示にするかどうかを指定します。
  • skiphdr=yes|
    no
    標準フォーム ヘッダ(デフォルト ボタンなど)をスキップするかどうかを指定します。
dtlHier
dtlHier マクロは、詳細フォームの階層ルックアップ コントロールを指定します。 編集ビューでは、コントロールのキャプション(ヘッダ)をクリックして階層選択フォームをポップアップ表示できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • autofill=
    yes
    |no
    ルックアップとして表示される場合にフィールドへの自動入力を許可するかどうかを指定します。 自動入力を使用すると、値の最初の数文字を入力して Tab キーを押すことにより、フィールドに値を入力できます。 このアクションにより、以下のいずれかのアクションが実行されます。
    • サーバからフィールドの完全な値がリクエストされます。
    • 指定された値が存在しないか、または曖昧な場合、選択フォームがポップアップ表示されます。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • common_name=
    attributeName
    詳細フォームに表示する、参照先テーブルの属性の名前を指定します。 このマクロはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
dtlHTMLEditbox
dtlHTMLEditbox マクロは、詳細フォームの HTML 編集フィールドを定義します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • bound=
    yes
    |no
    コントロールが属性にバインドされるかどうかを指定します。
  • className=
    value
    スタイル シート クラスを指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • escape=
    JS2
    |C|JS|HTML
    読み取り専用ビューでデータをエスケープする方法を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • maxlength=
    number
    編集フィールドの最大長を指定します。
  • optionid=
    string
    HTML 編集フィールド コントロールの JavaScript ID を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • persid=
    value
    編集フィールドに表示されるオブジェクトの固定 ID を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • preview=
    yes
    |no
    編集フィールドが[クイック表示]モードをサポートするかどうかWO指定します。
  • readonly=yes|
    no
    HTML エディタが読み取り専用かどうかを指定します。 このプロパティは、bound=no の場合を除き無視されます。
  • rows=1|number
    フォーム上でテキスト ボックスが占める行の数を指定します。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • spellchk=yes|
    no
    編集ビューのフィールド ラベルの隣にスペル チェック ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • tenant=
    value
    テナントの内部 ID (UUID)を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • tenantName=
    value
    テナントの名前を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • toolbar=
    default
    |reportcard|tmpl
    編集フィールドに表示される HTML 編集ツールのセットを指定します。 このプロパティには、以下の値があります。
    • default - デフォルトのツールバー セット
    • reportcard - ナレッジ レポート カード向けのツールバー セット
    • tmpl - ドキュメント テンプレート エディタ向けのツールバー セット
dtlLookup
dtlLookup マクロは、詳細フォームのルックアップ コントロールを指定します。 編集ビューでは、コントロールのキャプション(ヘッダ)をクリックして選択フォームをポップアップ表示できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • autofill=
    yes
    |no
    ルックアップとして表示される場合にフィールドへの自動入力を許可するかどうかを指定します。 自動入力を使用すると、値の最初の数文字を入力して Tab キーを押すことにより、フィールドに値を入力できます。 このアクションにより、以下のいずれかのアクションが実行されます。
    • サーバからフィールドの完全な値がリクエストされます。
    • 指定された値が存在しないか、または曖昧な場合、選択フォームがポップアップ表示されます。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • common_name_attr=
    attributeName
    詳細フォームに表示する、参照先テーブルの属性の名前を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • extraURL=
    string
    コントロールのコンテンツを制限するための Where 節の述語を URL フォーマットで指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • link=
    yes
    |no
    読み取り専用ビュー上のコントロールが属性値の詳細へのリンクかどうかを指定します。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
dtlLookupReadonly
dtlLookupReadonly マクロは、HTMPL 詳細フォーム上の読み取り専用ルックアップ コントロールを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • link=
    yes
    |no
    読み取り専用ビュー上のコントロールが属性値の詳細へのリンクかどうかを指定します。
dtlLrelMultiselbox
dtlLrelMultiselbox マクロは、多対多選択フォーム用の複数選択フィールド(並列選択)コントロールを表示します。 このマクロは、以下のような入力コントロール セットを表示します。
  • 左側の複数選択フィールドおよびヘッダ
  • 左側の複数選択フィールドおよびヘッダ
  • 複数選択フィールドの間に配置される 2 つの選択ボタン
  • 複数選択フィールドの下に配置されるページネーション テキスト
  • 複数選択フィールドの下部の 2 つの[選択のクリア]ボタン
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
dtlRadio
dtlRadio マクロは、オプション ボタン コントロールのグループ、および各コントロールに続けて配置されるオプション テキストを表示します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • actcode=
    string
    アクション コードを指定します。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • codename=
    string
    (必須)ui_selection オブジェクトから、日付ドロップダウン リスト コントロールに表示される値セットの名前を指定します。 これらの値には、codename に対して指定された値に一致するコード属性があります。
  • dataclass=
    string
    オプション ボタンのテキストに使用する CSS クラス名を指定します。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • sameRow=true|
    false
    オプション ボタンを同じ行に表示するかどうかを指定します。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
例: dtlRadio
NX_ROOT\bopcfg\www\htmpl\web\analyst\detaikl_pri_cal.htmpl ファイルでは、以下のようにマクロを使用します。
<PDM_MACRO name=dtlRadio hdr="Duplicate Ticket Action" attr="action" actcode="$args.action" codename="dupActions">
dtlReadonly
dtlReadonly マクロは、HTMPL 詳細フォームの読み取り専用テキストボックスを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • fmtfunc=
    name
    フィールドの表示フォーマットを設定する JavaScript 関数の名前を指定します。 この関数は、属性の値を単一の引数として渡し、フォームに表示される文字列を返す必要があります。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • hdrclass=
    text
    キャプションのフォーマットを定義する CSS クラスを指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • inline=yes|
    no
    ヘッダ テキストおよびデータをコロン「:」で区切って同じ行に配置するかどうかを指定します。 このプロパティは、attr="n/a" の場合にのみ使用します。
  • value=
    value
    attr="n/a" の場合、フォームに表示する値を指定します。
dtlShowtext
dtlShowtext マクロは、フォームにプレーン テキストを表示します。テキストに関連付けられたラベルまたはヘッダは表示されません。 このマクロを使用すると、以下のアクティビティを実行できます。
  • 表示するテキストを属性に関連付ける。
  • 必要なときにテキストをフォーマットして表示する。
  • テキストの下にバーを表示する
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • argumts=
    string
    fmtmsg フォーマット関数に渡す引数を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • dataclass=pageHeader|hdr|required|alertmsg|className
    表示されるテキストに適用する CSS クラスを指定します。
  • fmtmsg=
    string
    テキストの表示フォーマットを定義する関数の名前を指定します。 この関数の引数は、argumts パラメータで指定します。 この関数は、表示される値であるテキスト文字列を返す必要があります。
  • keeplinks=yes|
    no
    HTML リンク(Action: タグ)がリンクとして表示されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかどうかを指定します。 表示するテキストに HTML リンクが含まれる場合は、HTML リンクを保持します。 デフォルト値は no です。
  • keeptags=yes|
    no
    HTML タグが HTML リンクとして解釈されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかを指定します。keeptags=yes を指定すると、keeplinks プロパティがオーバーライドされます。
  • showbarimg=yes|
    no
    テキストの下にバー イメージを表示するべきかどうかを指定します。
  • value=
    text
    (必須)表示する値を指定します。 値は属性に関連付けることができます。
例: dtlShowtext
NX_ROOT\bopcfg\www\htmpl\web\analyst\detaikl_pri_cal.htmpl ファイルは、以下のマクロを使用します。
<PDM_MACRO name=dtlShowtext colspan=6 dataclass=hdr value="Priority Calculation Options">
  • colspan
    連結するフィールド列の数を指定します。
  • dataclass
    テキストに適用する CSS を指定します。
  • 表示するテキスト値を指定します。
dtlStart
dtlStart マクロは、詳細フォームを開始します。このマクロは、フォームの 2 番目のマクロである必要があります。 すべての詳細フォームは、以下のコードで作成します。
<PDM_MACRO name=dtlForm . . .> <PDM_MACRO name=dtlStart . . .> <PDM_MACRO name=dtlStartRow . . .> . . . <PDM_MACRO name=dtlEnd>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • center=true|
    false
    フォームを中央揃えするかどうかを指定します。
  • scroll=true|
    false
    フォームにスクロール バーを常に配置するかどうかを指定します。
dtlStartDiv
dtlStartDiv マクロは、JavaScript で表示または非表示にできる詳細フォーム マクロのグループの開始をマークします。 このマクロは、dtlEndDiv マクロと組み合わせて使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=dtlStartDiv divid="my_div". . .> . . . <PDM_MACRO name=dtlEndTable> <PDM_MACRO name=dtlEndDiv>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • align=
    left
    |center|right
    DIV の配置を指定します。
  • class=
    className
    DIV の CSS クラスを指定します。
  • divid=
    string
    (必須) DIV の JavaScript ID を指定します。
  • style=
    string
    DIV のスタイルを指定します。
dtlStartExpRow
dtlStartExpRow マクロは、詳細フォームの展開可能な行の開始を指定します。 展開可能な行を使用すると、行のタイトル バーをクリックすることで行コントロールを非表示にできます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • class=
    className
    新しい行内のコントロールが含まれる HTML テーブルの CSS クラスを指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • exp_rows="1,2,…"
    展開可能なセクション内の行番号を指定します。行番号は、1 から
    N
    までの連続番号を引用符で囲んで指定します。
    N
    は、展開可能なセクション内で必要な行数を表します。 このセクションには、dtlStartExpRow の後のコントロール、および次の n-1 dtlStartRow マクロが含まれます。
  • form_name=
    name
    含まれる HTMPL ファイルの名前を(拡張子 htmpl なしで)指定します。 name 値は、ファイルの名前です。 展開可能なセクションがタブ内に存在する場合、この引数はタブを含むファイルの名前を指定します。
  • label=
    string
    展開可能なセクション バーに表示されるラベルを指定します。
dtlStartRow
dtlStartRow マクロは、詳細フォームの行の開始を指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • class=
    className
    新しい行内のコントロールが含まれる HTML テーブルの CSS クラスを指定します。
  • hrClass=
    className
    オプションの境界線の CSS クラスを指定します。 このプロパティは、hrSpan にゼロ以外の値が指定されている場合にのみ有効です。
  • hrSpan=
    0
    |
    number
    新しい行の上に配置されるオプションの境界線がまたがる列数を指定します。 デフォルト値のゼロの場合は、境界線は指定されません。
dtlSurvey
dtlSurvey マクロは、各調査の質問に対する複数選択式の回答を表示します。 調査質問では、表示されるオプション ボタンから回答を 1 つのみ選択できる場合と、表示されるチェック ボックスから複数の回答を選択できる場合とがあります。 このマクロは、リスク調査のプレビュー、リスク調査のサブミット、サブミットされた調査の表示などの調査フォームで使用できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • answerselected=
    number
    選択された回答のインデックスを指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • factory=
    name
    調査が含まれるファクトリを指定します(通常は risk_svy_atpl)。
  • parentid=
    number
    質問のデータベース ID を指定します(通常は $question.id)。
  • parentmultiflag=
    number
    チェック ボックスまたはオプション ボタンのどちらを表示するかを指定します。 この値は通常 $question.mult_resp_flag です。
  • parentsequence=
    number
    質問のシーケンスを指定します。 この値は通常 $question.sequence です。
  • view=
    preview
    |doview|viewsubmitted
    表示する調査ビューを指定します。 以下のオプションのいずれかを指定できます。
    • preview - 調査プレビュー ページを表示します。
    • doview - サブミットする準備ができた調査ページを表示します。
    • viewsubmitted - サブミット済みの調査ページを表示します。
dtlTextbox
dtlTextbox マクロは、詳細フォームのテキスト フィールドを指定します。 編集ビューでは、このフィールドに自由形式のテキストを入力できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • disp_entities=yes|
    no
    HTML エンティティ(&amp;、&#26237 など)を読み取り専用ビューで表示するかどうかを指定します。 disp_entities=no の場合、HTML エンティティは入力したとおりに表示されます。disp_entities=yes の場合、HTML エンティティは外部値に変換されます。
  • evt=
    ”eventName=’script’”
    HTML ステートメントで指定する場合と同じ方法で 1 つ以上の HTML イベント ハンドラを指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。 以下に例を示します。
    evt="onclick='myfunc()' onchange=\\\"myfunc2()\\\""
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • JSButton=function()
    コントロールのヘッダの隣にボタンを作成する JavaScript 関数を指定します。
  • keeplinks=yes|
    no
    HTML リンク(Action: タグ)がリンクとして表示されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかどうかを指定します。 表示するテキストに HTML リンクが含まれる場合は、HTML リンクを保持します。 デフォルト値は no です。
  • keeptags=yes|
    no
    HTML タグが HTML リンクとして解釈されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかを指定します。keeptags=yes を指定すると、keeplinks プロパティがオーバーライドされます。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • maxlength=
    number
    編集フィールドの最大長を指定します。
  • password=yes|
    no
    テキスト フィールドにパスワード フィールドを挿入するかどうかを指定します。 CA SDM は、編集ビューと読み取り専用ビューの両方で、パスワードを一連のアスタリスクに置き換えます。
  • rows=1|number
    フォーム上でテキスト ボックスが占める行の数を指定します。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • spellchk=yes|
    no
    編集ビューのフィールド ラベルの隣にスペル チェック ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • srchknow=yes|
    no
    フィールド ラベルの隣にナレッジ検索ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • value=
    text
    属性から値を取得できないときに表示する値を指定します。
dtlWriteproperty
dtlWriteproperty マクロは、変更/案件カテゴリ、またはリクエスト、インシデント、問題領域のカスタム プロパティを指定します。 プロパティは、各チケットのプロパティ タブに表示されます。 このマクロは、単一のプロパティのフォーマットを、左側のラベル、中央の入力フィールド、右側のサンプル値として設定します。 入力フィールドは、テキスト ボックス、ドロップダウン リストまたはチェック ボックスのいずれかです。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • label=prop
    n
    .label
    プロパティのラベルを、propn.label という形式で指定します。n は、propNum 引数で指定されたプロパティ番号です。
  • make_required=YES|
    NO
    YES を指定すると、関連付けられた属性がオブジェクト レベルで必要であるどうかに関係なく、フィールドが必須になります。 必須フィールドには、空白以外の値を指定する必要があります。
  • propNum
    (必須)プロパティの番号を指定します。 プロパティは、プロパティ番号に基づく順序で表示されます。
  • sample=prop
    n
    .sample
    プロパティのサンプル値を、propn.sample という形式で指定します。n は、propNum 引数で指定されたプロパティ番号です。
  • validation_rule=prop
    n
    .validation_rule.id
    プロパティの検証ルールを、propn.validation_rule.id という形式で指定します。n は、propNum 引数で指定されたプロパティ番号です。
  • validation_type=prop
    n
    .validation_type
    プロパティの検証タイプを、propn.validation_type という形式で指定します。n は、propNum 引数で指定されたプロパティ番号です。
  • value=prop
    n
    .sample
    プロパティの値を指定します。n は、propNum 引数で指定されたプロパティ番号です。
ebr_search_filter
ebr_search_filter マクロは、関連するナレッジ検索用の詳細フィルタを指定します。 このマクロはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • order_by=
    true
    |false
    フィルタに[並べ替え]コンボ ボックスを追加するかどうかを指定します。
  • view=Architect|
    Generic
    |Knowledge
    フィルタを[ナレッジ]タブ、[アーキテクト]タブ、またはで一般的に([ナレッジ]および[アーキテクト]以外のタブ)に表示するかどうかを指定します。
elsEditField
elsEditField マクロは、リスト フォームの[リスト内で編集]機能用の編集可能フィールドを指定します。 リスト フォームに[リスト内で編集]機能が存在することを定義するには、elsStartEdit および elsEndEdit マクロを追加します。 [リスト内で編集]フォームのフィールドは、1 つ以上の elsEditField および elsEditReadOnly マクロを使用して定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=elsStartEdit search_filter="__search_filter"> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditReadonly . . .> . . . <PDM_MACRO name=elseEndEdit>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • datatype=0
    入力検証用のデータ型を指定します。 サポートされるデータ型は 0 のみです。0 の場合、フィールドは整数として検証されます。
  • EndRow=yes|
    no
    フィールドが[リスト内で編集]フォームの最後のフィールドかどうかを指定します。 EndRow=yes を指定すると、CA SDM はフォームの新しい行に次のフィールドを表示します。
  • extraEvt=function()
    フィールドを変更するときにオンチャージ イベント ハンドラとしてコールされる JavaScript 関数を指定します。
  • extraURL=
    string
    コントロールのコンテンツを制限するための Where 節の述語を URL フォーマットで指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • StartRow=yes|
    no
    フィールドが[リスト内で編集]フォームの新しい行で開始するかどうかを指定します。
elsEditReadonly
elsEditReadonly マクロは、リスト フォームの[リスト内で編集]機能用の読み取り専用フィールドを指定します。 リスト フォームに[リスト内で編集]機能が存在することを定義するには、elsStartEdit および elsEndEdit マクロを追加します。 [リスト内で編集]フォームのフィールドは、1 つ以上の elsEditField および elsEditReadOnly マクロを使用して定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=elsStartEdit search_filter="__search_filter"> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditReadonly . . .> . . . <PDM_MACRO name=elseEndEdit>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • EndRow=yes|
    no
    フィールドが[リスト内で編集]フォームの最後のフィールドかどうかを指定します。 EndRow=yes を指定すると、CA SDM はフォームの新しい行に次のフィールドを表示します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • StartRow=yes|
    no
    フィールドが[リスト内で編集]フォームの新しい行で開始するかどうかを指定します。
elsEndEdit
elsEndEdit マクロは、リスト フォームの[リスト内で編集]機能用として指定されたフィールドの終了をマークします。 リスト フォームに[リスト内で編集]機能が存在することを定義するには、elsStartEdit および elsEndEdit マクロを追加します。 [リスト内で編集]フォームのフィールドは、1 つ以上の elsEditField および elsEditReadOnly マクロを使用して定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=elsStartEdit search_filter="__search_filter"> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditReadonly . . .> . . . <PDM_MACRO name=elseEndEdit>
このマクロにはプロパティはありません。
elsStartEdit
elsStartEdit マクロは、リスト フォームの[リスト内で編集]機能をアクティブ化し、フィールドのリストの開始をマークします。 リスト フォームに[リスト内で編集]機能が存在することを定義するには、elsStartEdit および elsEndEdit マクロを追加します。 [リスト内で編集]フォームのフィールドは、1 つ以上の elsEditField および elsEditReadOnly マクロを使用して定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=elsStartEdit search_filter="__search_filter"> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditField . . .> <PDM_MACRO name=elsEditReadonly . . .> . . . <PDM_MACRO name=elseEndEdit>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • search_filter="__search_filter"
    (必須) 検索フィルタの JavaScript オブジェクト名を指定します。 このプロパティは、示されているとおりに正確に指定します。
endFrameset
endFrameset マクロは、フレームセット定義の終了をマークします。 フレーム ページの定義には、startFrameset、endFrameset、および frame マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startFrameset. . .> <PDM_MACRO name=frame. . .> <PDM_MACRO name=frame. . .> . . . <PDM_MACRO name=endFrameset>
このマクロにはプロパティはありません。
endMenu
endMenu マクロは、メニューバー内のメニューの終了をマークします。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロにはプロパティはありません。
endMenubar
endMenubar マクロは、メニュー バーの定義の終了をマークします。このマクロの後には、メニュー バー上のメニューの定義が続きます。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロにはプロパティはありません。
endNotebook
endNotebook マクロは、詳細ページ上のノートブックの定義の終了をマークします。 ページ上に配置できるノートブックは1 つのみで、またそれはページ上の最後のアイテムである必要があります。 ノートブックの定義には、startNotebook、startTabGroup、tab、および endNotebook マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startNotebook. . .> <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=endNotebook>
このマクロにはプロパティはありません。
frame
frame マクロは、フレームセット ページのフレームを指定します。 フレームセット ページの定義には、tartFrameset、frameab、および endFrameset マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startFrameset. . .> <PDM_MACRO name=frame . .> <PDM_MACRO name=frame . .> . . . <PDM_MACRO name=endFrameset >
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • extra=
    string
    HTML <frame> ステートメントで指定する場合と同じ方法で、キーワードの文字列を指定します(必要に応じて引用符をエスケープします)。
  • frame_name=
    name
    (必須)フレームの名前を指定します(HTML <frame> ステートメントの name 引数と同じ)
  • frameborder=
    yes
    |no
    フレームに境界線を表示するかどうかを指定します(HTML <frame> ステートメントの frameborder 引数と同じ)。
  • id=
    name
    (必須)フレームの JavaScript ID を指定します(HTML <frame> ステートメントの id 引数と同じ)。
  • marginheight=
    number
    上下のマージンのサイズを指定します(HTML <frame> ステートメントの marginheight 引数と同じ)。
  • marginwidth=
    number
    左右のマージンのサイズを指定します(HTML <frame> ステートメントの marginheight 引数と同じ)。
  • noresize=true|
    false
    フレームのサイズを変更できるかどうかを指定します(HTML <frame> ステートメントの noresize 引数と同じ)。
  • scrolling=
    auto
    |yes|no
    フレームにスクロール バーを表示するかどうかを指定します(HTML <frame> ステートメントの scrolling 引数と同じ)。
  • style=
    string
    フレームの CSS スタイル情報を指定します(HTML <frame> ステートメントの style 引数と同じ)
  • tabindex=
    number
    フレームのタブ インデックスを指定します(HTML <frame> ステートメントの tabindex 引数と同じ)。
  • title=
    text
    スクリーン リーダ ユーザ用のタイトルを指定します。
  • web_form_name=
    string
    CA SDM がフレームに表示されたフォームの URL を取得できる web_form ファクトリ内のオブジェクトのコード名を指定します。 このプロパティは、web_form_url が指定されていない場合にのみ有効です。
  • web_form_url=
    string
    フレームに表示されるフォームの URL を指定します。
kt_Categories_Tree
kt_Categories_Tree マクロは、ナレッジ カテゴリ フレームを作成します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • frameborder=
    0
    |
    number
    枠線のサイズを指定します。
  • height=
    100px
    |
    value
    フレームの高さを指定します。
  • iframe=
    yes
    |no
    ツリー用の iframe を生成するかどうかを指定します。 定義済みフレームを使用する場合は、iframe=no を指定します。
  • menu=
    name
    ツリー メニュー タイプを指定します。 adm_tree、DOCUMENT_EDITOR、HTML_EDITOR、ATTACHMENTS_IMAGES、ATTACHMENTS_TAB、ATTACHMENTS_ADMIN、ARCHITECT、または FAQ を指定します。
  • ParentTenant=
    value
    親テナントを指定します。 通常、このプロパティは ParentTenant="$args.ParentTenant" として指定します。
  • tabindex=
    number
    フレームのタブ インデックスを指定します。
  • UseTenant=
    0
    |1
    テナントを使用するかどうかを指定します。
  • view=
    ArchitectTree
    |FAQ
    ビューを指定します(ArchitectTree または FAQ)。
  • width=
    100px
    |
    value
    フレームの幅を指定します。
lsCol
lsCol マクロは、リスト フォームの列を指定します。 リスト フォームのコンテンツは、lsStart、lsCol、および lsEnd マクロで定義します。 オプションで lsWrite および lsExport マクロを追加できます。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=lsStart. . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsWrite . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> . . . <PDM_MACRO name=lsEnd>
リスト全体の HTML は、lsEnd マクロによって出力されます。 それ以外のリスト マクロは、リストを生成するために lsEnd によって使用される情報を保存します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
    このプロパティは使用されないため無視されます。 このプロパティは、旧リリースとの互換性のために保持されています。
  • common_name_option=
    yes
    |no
    列に SREL 属性を含めるかどうかを指定します。 この属性値は、リストがエクスポートされるときに参照先テーブルの共通名で置き換えられます。
  • disp_entities=yes|
    no
    HTML エンティティ(&amp;、&#26237 など)を読み取り専用ビューで表示するかどうかを指定します。 このプロパティには、以下の値があります。
    • YES
      - HTML エンティティは外部値に変換されます。
    • NO
      - HTML エンティティは入力どおりに表示されます。
  • display_attr=
    COMMON_NAME
    |attrName
    SREL 属性が含まれる列について、参照先テーブルからリストに表示される列を指定します。 このプロパティは、SREL でない列については無視されます。
  • escape=
    C
    |HTML|JS|JS2
    列の値をエスケープする方法を指定します。 このプロパティには、以下の値があります。
    • C
      - 引用符、バックスラッシュ、および改行の前にバックスラッシュを挿入します。
    • HTML
      - 引用符、バックスラッシュ、「<」、および「>」を HTML エンティティに変換します。
    • JS
      - 引用符、バックスラッシュ、および新規行を JavaScript 16 進数(%nn)に変換します。
    • JS2
      - JS と同じですが、「%」を「%25」に変換します。
  • export=
    yes
    |no
    エクスポート ボタンをクリックしたときにこの列がエクスポートされるかどうかを指定します。
  • export_hdr_default
    デフォルトのヘッダ テキストを指定します。 リスト結果のエクスポートではこのプロパティを使用します。
  • exportFmt=
    function
    文字列形式コードを返す JavaScript 関数を指定します(かっこなし)。これは、エクスポート時に列のフォーマットを制御します。 このプロパティには、以下の関数値があります。
    • "YES_NO"
      - 「yes」または「no」のいずれかを返す
    • "FACTORY_LINK"
      - フォーマットなし(将来のために予約済み)
    • "LIST_LOOKUP:v1,v1a,v2,v2a,.."
      -- リストから変換。 ペアの最初の要素と一致する値は、ペアの 2 番目の要素に変換されます。
  • exportHdr=
    text
    |DISPLAY_NAME
    エクスポートされるときの列のヘッダを指定します。 この値は、明示的なテキスト、またはキーワード値 DISPLAY_NAME として値を指定できます。これは export_hdr_default の値にヘッダを設定します。
  • export_hdr_default=
    text
    exportHdr にキーワード値 DISPLAY_NAME がある場合、エクスポート列ヘッダのテキストを指定します。 このプロパティを指定する必要はめったにありません。デフォルトは列の属性の表示名です。
  • fmtfunc=
    function
    フィールドの表示フォーマットを設定する JavaScript 関数の名前を指定します。 この関数は、属性の値を含む単一の引数として渡され、フォームに表示される文字列を返す必要があります。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • hidden=yes|
    no
    列を表示するかどうかを指定します。 非表示列は、[リスト内で編集]またはエクスポートで役立つ場合があります。
  • img=
    name
    列に表示するイメージの URL が含まれる JavaScript 変数を指定します。 JavaScript 変数は前の lsWrite マクロで設定します。
  • justify=
    left
    |center|right
    列内のコンテンツの位置を指定します。
  • keeplinks=yes|
    no
    HTML リンク(Action: タグ)がリンクとして表示されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかどうかを指定します。 表示するテキストに HTML リンクが含まれる場合は、HTML リンクを保持します。 デフォルト値は no です。
  • keeptags=yes|
    no
    HTML タグが HTML リンクとして解釈されるか、または生テキストとしてフォーマットされるかを指定します。keeptags=yes を指定すると、keeplinks プロパティがオーバーライドされます。
  • label=
    string
    ラベルのテキスト位置をデータの左側にします。
  • link=
    yes
    |no
    読み取り専用ビュー上のコントロールが属性値の詳細へのリンクかどうかを指定します。
  • max_char=
    0
    |
    number
    列に表示する最大文字数を指定します。
  • nowrap=yes|
    no
    列内のテキストのラッピングを抑制するかどうかを指定します。 nowrap=yes を指定した場合、列のテキストは複数の行にラッピングされません。
  • required=yes|
    no
    テキストを列に表示する必要があるかどうかを指定します。 required=yes を指定し、属性に値がない場合、その値は「利用不可」に置き換えられます。
  • sort=
    ASC
    |DESC|no
    ユーザが列をクリックしたときのリストの並び替え順を指定します。
    • ASC (昇順)
    • DESC (降順)
    • no (並び替え列ではない)
  • startrow=yes|
    no
    列が拡張セクションの最初の列かどうかを指定します。 このプロパティは以下のように動作します。
    • startrow=yes が指定されている列より前に lsCol マクロによって定義されている列は、リストのメイン セクションに表示されます。
    • lsCol マクロによって定義され、startrow=yes が指定されている列は、拡張セクションに含まれます。拡張セクションは、ユーザがリスト行の最初にあるプラス記号をクリックしない限り非表示になります。
    • startrow プロパティは、startcol=yes が指定されている最初の lsCol マクロでのみ有効で、以降の lsCol マクロでは無視されます。
  • style=
    string
    列の CSS フォーマットを指定します。
  • uid=
    string
    同じ属性を持つ列を区別するための追加の識別子を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • width=
    0
    |
    number
    列の最大幅を指定します。
lsEnd
lsEnd マクロは、リスト フォーム指定の終了をマークします。 リスト フォームのコンテンツは、lsStart、lsCol、および lsEnd マクロで定義します。 オプションで lsWrite および lsExport マクロを追加できます。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=lsStart. . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsWrite . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> . . . <PDM_MACRO name=lsEnd>
リスト全体の HTML は、lsEnd マクロによって出力されます。 それ以外のリスト マクロは、リストを生成するために lsEnd によって使用される情報を保存します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • alt_data_src=
    name
    リストの内容が含まれる JavaScript 変数の名前を指定します。 このプロパティは、データベース以外のソースからのデータを表示するために使用します。 以下に例を示します。
    var alternative_source = new Array(); var row1 = new Object(); row1. column0 = "column0"; row1. column1 = 4; alternative_source[0] = row1; ...... <PDM_MACRO name=lsEnd alt_data_src=alternative_source>
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • isTicketFactory=
    0
    |1
    チケット(リクエスト、インシデント、問題、変更、または案件)のリストを指定します。
  • list=
    name
    データベース リストのソース変数を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • sort=
    attributeName
    リストの初期の並び替え順を指定します。
  • start=
    number
    表示する最初のリスト行の序数を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
lsExport
lsExport マクロは、Web UI リストに含まれていないリスト フォームの列を指定するために lsCol の代わりに使用します。 ただし、この列はリストのエクスポートにより生成されるスプレッドシートに含まれます。 リスト フォームのコンテンツは、lsStart、lsCol、および lsEnd マクロで定義します。 オプションで lsWrite および lsExport マクロを追加できます。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=lsStart. . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsWrite . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> . . . <PDM_MACRO name=lsEnd>
リスト全体の HTML は、lsEnd マクロによって出力されます。 それ以外のリスト マクロは、リストを生成するために lsEnd によって使用される情報を保存します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • common_name_option=
    yes
    |no
    列に SREL 属性を含めるかどうかを指定します。 この属性値は、リストがエクスポートされるときに参照先テーブルの共通名で置き換えられます。
  • export=
    yes
    |no
    エクスポート ボタンをクリックしたときにこの列がエクスポートされるかどうかを指定します。
  • export_hdr_default
    ヘッダのテキストを指定します。
  • exportFmt=
    function
    文字列形式コードを返す JavaScript 関数を指定します(かっこなし)。これは、エクスポート時に列のフォーマットを制御します。 この関数は、以下の値を返します。
    • "YES_NO" - 「yes」または「no」のいずれかを返す
    • "FACTORY_LINK" - フォーマットなし(将来のために予約済み)
    • "LIST_LOOKUP:v1,v1a,v2,v2a,.." -- リストから変換。 ペアの最初の要素と一致する値は、ペアの 2 番目の要素に変換されます。
  • exportHdr=
    text
    |DISPLAY_NAME
    エクスポートされるときの列のヘッダを指定します。 この値は、明示的なテキスト、またはキーワード値 DISPLAY_NAME として値を指定できます。これは export_hdr_default の値にヘッダを設定します。
  • export_hdr_default=
    text
    exportHdr にキーワード値 DISPLAY_NAME がある場合、エクスポート列ヘッダのテキストを指定します。 このプロパティを指定する必要はめったにありません。デフォルトは列の属性の表示名です。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • label=
    string
    ラベルのテキスト位置をデータの左側にします。
lsStart
lsStart マクロは、リスト フォーム指定の開始をマークします。 リスト フォームのコンテンツは、lsStart、lsCol、および lsEnd マクロで定義します。また、必要に応じて lsWrite および lsExport マクロを追加できます。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=lsStart. . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsWrite . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> . . . <PDM_MACRO name=lsEnd>
リスト全体の HTML は、lsEnd マクロによって出力されます。 それ以外のリスト マクロは、リストを生成するために lsEnd によって使用される情報を保存します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • search_type=
    DISPLAY
    |GET_DOB
    リストのデータを取得する方法を指定します。 デフォルトの DISPLAY の場合、データベースからすべてのデータを直接取得します。 GET_DOB を指定すると、データのフォーマットはオブジェクト エンジン(domsrvr)によって設定されます。この値は、データベースに格納されないローカル属性がリストに含まれる場合に必要となる場合があります。 search_type=GET_DOB を指定すると、リスト フォームのパフォーマンスが低下します。この値は、必要なときにのみ使用します。
lsWrite
lsWrite マクロは、リストのすべての行に対して実行する JavaScript コードを指定します。 lsWrite によって指定されたテキストは、HTML フォームに複数回(リストの行ごとに一度)挿入されます。 リスト フォームのコンテンツは、lsStart、lsCol、および lsEnd マクロで定義します。 オプションで lsWrite および lsExport マクロを追加できます。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=lsStart. . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> <PDM_MACRO name=lsWrite . .> <PDM_MACRO name=lsCol . .> . . . <PDM_MACRO name=lsEnd>
リスト全体の HTML は、lsEnd マクロによって出力されます。 それ以外のリスト マクロは、リストを生成するために lsEnd によって使用される情報を保存します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • both=yes|
    no
    マクロによって定義された JavaScript テキストを、リストの前およびリストの各行用に挿入するかどうかを指定します。
  • text=
    script
    挿入するテキストを指定します。
menubarItem
menubarItem マクロは、メニュー バーのアイテムを定義します。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • hotkey=
    string
    このメニュー バー アイテムのホット キー候補を指定します。 CA SDM は、この文字列内の文字からメニュー バー アイテムのホット キーを選択します。それ以外の場合、ラベル内の文字からホット キーを選択します。
  • id=
    name
    (必須)メニューバー アイテムの JavaScript ID を指定します。
    startMenu マクロは、この識別子を参照します。 startMenu マクロは、メニュー バーからドロップ ダウンするこのアイテムの内容を定義します。
  • img=
    url
    メニューバーのツールバー セクションに表示するイメージの URL を指定します。
  • label=
    text
    (必須)メニュー バー 当てイテムのテキストを指定します。
  • variable=
    name
    メニュー バー アイテムを参照するために使用できる JavaScript 変数を指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
menuItem
menubarItem マクロは、メニューアイテムを定義します。 メニューがポップアップ フォームにある場合でも、アイテムはメイン CA SDM フォームで JavaScript 関数を呼び出します。 ローカル関数を呼び出すには、menuitemLocal マクロを使用します。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • extended=
    0
    |1
    このアイテムが、イメージの無効化、非表示、および変更をサポートする拡張メニュー アイテムかどうかを指定します。
  • function=
    script
    (必須)メニュー アイテムが選択されたときに呼び出される JavaScript 関数を指定します。 この関数は、メイン CA SDM フォーム内で使用でき、メニューが含まれるポップアップ フォーム内では使用できません。 ポップアップ フォーム内で関数を呼び出すメニュー アイテムは、menuitemLocal マクロで定義する必要があります。
  • hotkey=
    string
    このメニュー バー アイテムのホット キー候補を指定します。 CA SDM は、この文字列内の文字からメニュー バー アイテムのホット キーを選択します。それ以外の場合、ラベル内の文字からホット キーを選択します。
  • icon_name=
    string
    メニュー上でメニュー アイテムの隣にアイコンとして表示されるイメージ ファイルの名前を指定します。
  • id=
    name
    メニュー アイテムの JavaScript ID を指定します。
  • label=
    text
    (必須)メニュー アイテムのテキストを指定します。
  • local=
    0
    |1
    拡張メニューがローカル フレームで関数を使用するかどうかを指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
  • tooltip=
    string
    アイコンのツールヒントを指定します。
menuItemLocal
menuItemLocal マクロは、メニューが含まれるフォーム内で JavaScript 関数を呼び出すメニュー アイテムを定義します。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • function=
    script
    (必須)メニュー アイテムが選択されたときに呼び出される JavaScript 関数を指定します。 この関数は、メニューが含まれるフォーム内で使用できる必要があります。
  • hotkey=
    string
    このメニュー バー アイテムのホット キー候補を指定します。 CA SDM は、この文字列内の文字からメニュー バー アイテムのホット キーを選択します。それ以外の場合、ラベル内の文字からホット キーを選択します。
  • icon_name=
    string
    メニュー上でメニュー アイテムの隣にアイコンとして表示されるイメージ ファイルの名前を指定します。
  • id=
    name
    メニュー アイテムの JavaScript ID を指定します。
  • label=
    text
    (必須)メニュー アイテムのテキストを指定します。
  • tooltip=
    string
    アイコンのツールヒントを指定します。
priMatrix
priMatrix マクロは、優先度計算マトリックスを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • impact_label=
    name
    影響度ラベルを指定します。
  • matrix_name=
    name
    (必須)マトリックスの名前を指定します。
  • reset_btn_name=
    name
    リセットボタン名を指定します。
  • urgency_label=
    name
    緊急度ラベルを指定します。
schedAttr
schedAttr マクロは、変更スケジュール(list_chgsched_config.htmpl)またはナレッジ スケジュール(list_kdsched_config.htmpl)のスケジュール フォームに含まれる属性を指定します。 スケジュール フォームは、schedConfig、schedAttr、および schedGroup マクロで定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=schedConfig. . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> . . . <PDM_MACRO name=schedGroup . .> <PDM_MACRO name=schedGroup . .> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • attrRef=
    .COMMON_NAME
    |attributeName
    SREL 属性によって参照されるテーブルから、スケジュールに表示する属性を指定します。
  • detail=0|
    1
    詳細 n 日ビューに属性を含めるかかどうかを指定します。
  • fmtfunc=
    none
    |function
    フィールドの表示フォーマットを設定する JavaScript 関数の名前を指定します。 この関数は、属性の値を単一の引数として渡し、フォームに表示される文字列を返す必要があります。
  • hoverInfo=
    0
    |1
    月単位ビュー情報ポップアップに属性を含めるかかどうかを指定します。
  • ident=
    0
    |1
    n 日ビューにグループ名を含めるかかどうかを指定します。
  • label=0|string|
    $args.&{attr].DISPLAY_NAME
    属性のラベルを指定します。 ゼロの場合、ラベルは指定されません。デフォルトは属性の表示名です。
  • summary=
    0
    |1
    概要 n 日ビューに属性を含めるかかどうかを指定します。
schedConfig
schedAttr マクロは、変更スケジュール(list_chgsched_config.htmpl)またはナレッジ スケジュール(list_kdsched_config.htmpl)のスケジュール フォームの外観および内容を指定します。 スケジュール フォームは、schedConfig、schedAttr、および schedGroup マクロで定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=schedConfig. . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> . . . <PDM_MACRO name=schedGroup . .> <PDM_MACRO name=schedGroup . .> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • autoSearch=0|1
    必要な場合、検索を自動的に再発行するかどうかを指定します。
  • defaultView=0|1|7|
    30
    |99
    初期値を 1 (曜日)、7 (週)、30 (月)、99 (
    n
    日)、または 0 (リスト)として指定します。
  • export=0|
    codename
    iCalendar エクスポート テンプレート コードを指定します(0 = エクスポートなし)。
  • firstday=
    0
    |1|2|3|4|5|6
    週の最初の日を 0 (日曜日)から 6 (土曜日)の間で指定します。
  • hoverMax=
    35
    |number
    情報ポップアップ内の最大行数を指定します。
  • legend=0|
    1
    |2
    凡例の位置を指定します(1 = 最上部、2 = 最下部、0 = なし)。
  • maxgroups=
    4
    |
    number
    月ビューで 1 つのセルあたりの最大グループ数を指定します。
  • ndays=0|(
    3,7,14,28
    )|(
    n1,n2,..
    )
    n 日ドロップダウン リストの内容を数字のカンマ区切りリストとして指定します。 0 の場合、n 日ドロップダウン リストが存在しないことを示します。
  • round=0|(
    0,15
    )|(
    hh,mm
    )
    イベント時間を、時間および分単位(かっこで囲む)で指定します。 デフォルトの (0,15) の場合、直近の 15 分に丸められます。 0 の場合、丸めは行われません。
  • timefmt=
    24hr
    |(
    am,pm
    )
    時間形式を 12 時間または 24 時間のいずれかとして指定します。 12 時間の値は、2 つのカンマ区切り文字列(最初は午前、2 番目は午後)として指定します。
  • tzSelect=
    string
    タイム ゾーン ドロップダウン リストの Where 節制限を指定します。
schedGroup
schedGroup マクロは、変更スケジュール(list_chgsched_config.htmpl)またはナレッジ スケジュール(list_kdsched_config.htmpl)のスケジュール フォームに表示されるアイテム グループの名前およびスタイルを制御します。 スケジュール フォームは、schedConfig、schedAttr、および schedGroup マクロで定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=schedConfig. . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> <PDM_MACRO name=schedAttr . .> . . . <PDM_MACRO name=schedGroup . .> <PDM_MACRO name=schedGroup . .> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • bgcolor=
    white
    |color
    グループの背景色を有効な Web 色として指定します。
  • color=
    black
    |color
    グループの前景色(テキスト)を有効な Web 色として指定します。
  • grpname=
    name
    (必須)グループの名前を指定します。
  • icon=
    filename
    グループのアイコンを、$NX_ROOT/bopcfg/www/wwwroot/img 内のファイルの名前として指定します。
  • label=
    string
    グループのラベルを指定します。
  • legend=0|
    string
    凡例用のグループの説明を指定します。 0 の場合、グループが凡例に存在しないことを示します。
  • style=
    normal
    |bold|italic
    グループのテキスト スタイルを指定します。
sfDate
sfDate マクロは、リスト フォームの検索フィルタの日付コントロールを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
    colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • qbe_condition=
    condition
    フィールド内の値とデータベース値を比較するための条件を以下のいずれかから指定します。
    • EQ: 値と等しい
    • NE: 値と等しくない
    • GT: 値よりも大きい
    • LT: 値よりも小さい
    • GE: 値以上
    • LE: 値以下
    • NU: NULL
    • NN: 非 NULL
    • IN: SQL LIKE 式と一致
    • KY: 入力されたテキストを含む
sfDropdown
sfDate マクロは、リスト フォームの検索フィルタのドロップダウン選択コントロールを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • codename=
    string
    日付ドロップダウン コントロールに表示される値セットの名前を ui_selection オブジェクトから指定します。 これらの値は、codename に対して指定された値と一致するコード属性を持つ値です。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • default=
    text
    属性が NULL の場合のデフォルト値を指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • lookup=
    yes
    |no
    ドロップダウン リスト内のエントリの数が設定された値(通常 10)を超えたときに、フィールドをルックアップに自動的に変換するかどうかを指定します。
  • Noempty=yes|
    no
    ドロップダウン リストに空の値が含まれるかどうかを指定します。 Noempty=yes を指定すると、空の値は含まれません。
  • op=QBE.op
    フィールド内の値とデータベース値を比較するための条件を以下のいずれかから指定します。
    • EQ: 値と等しい
    • NE: 値と等しくない
    • GT: 値よりも大きい
    • LT: 値よりも小さい
    • GE: 値以上
    • LE: 値以下
    • NU: NULL
    • NN: 非 NULL
    • IN: SQL LIKE 式と一致
    • KY: 入力されたテキストを含む
  • win=
    windowName
    ターゲット ウィンドウを指定します。 このプロパティはユーザ用ではなく、システムによって使用されます。
sfEnd
sfEnd マクロは、リスト ページ上の検索フィルタの定義の終了をマークします。 検索フィルタは、sfStart、sfEnd、およびその他の sfxxx マクロで定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=ssfStart. . .> <PDM_MACRO name=sfxxx. . .> <PDM_MACRO name=sfxxx. . .> . . . <PDM_MACRO name=sfEnd>
このマクロにはプロパティはありません。
sfHier
sfHier マクロは、リスト フォームの検索フィルタの階層ルックアップ コントロールを指定します。 階層ルックアップ コントロールを使用すると、コントロールのキャプション(ヘッダ)をクリックして階層選択フォームをポップアップ表示できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • addPercent=yes|no
    ワイルドカード文字検索を許可するかどうかを指定します。 このプロパティは、デフォルトとして web_wildcard_search オプションの値を使用します。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
sfLookup
sfLookup マクロは、リスト フォームの検索フィルタのルックアップ コントロールを指定します。 ルックアップ コントロールを使用すると、コントロールのキャプション(ヘッダ)をクリックして選択フォームをポップアップ表示できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • addPercent=yes|no
    ワイルドカード文字検索を許可するかどうかを指定します。 このプロパティは、デフォルトとして web_wildcard_search オプションの値を使用します。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • extraURL=
    string
    コントロールのコンテンツを制限するための Where 節の述語を URL フォーマットで指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
sfMultiLookup
sfMultiLookup マクロは、リスト フォームの検索フィルタの複数値ルックアップ コントロールを指定します。 複数値ルックアップ コントロールを使用すると、コントロールに関連付けられた属性の値を 1 つ以上選択できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
sfStart
sfStart マクロは、リスト ページ上の検索フィルタの定義の開始をマークします。 検索フィルタは、sfStart、sfEnd、およびその他の sfxxx マクロで定義します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=ssfStart. . .> <PDM_MACRO name=sfxxx. . .> <PDM_MACRO name=sfxxx. . .> . . . <PDM_MACRO name=sfEnd>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • button=
    true
    |false
    デフォルトの検索フィルタ ボタン([検索]、[フィルタの表示]、[フィルタのクリア]、および[新規作成])を表示するかどうかを指定します。
  • color=
    string
    このプロパティは、このリリースでは使用されません(将来の使用のために予約済み)。
  • create=
    true
    |false
    新規作成ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • export=
    yes
    |no
    エクスポート ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • extraCreateURL=
    string
    オブジェクトを作成するために使用する URL の追加の引数を指定します。
  • factory=
    name
    選択リスト用の Majic ファクトリの名前を指定します。 関連付けられる属性によって参照されるファクトリがデフォルトとして使用されるため、通常は必要ではありません。
  • ForceSearchWithKeywords=true|
    false
    空ではない検索テキストを要求するかどうかを指定します。 このプロパティは、KnowledgeSearchText が true の場合にのみ有効です。
  • KnowledgeSearchText=true|
    false
    フィルタの上部にナレッジ検索テキストを表示するかどうかを指定します。
sfStartRow
sfStartRow マクロは、検索フィルタの行の開始を指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • type=Set
    ユーザが前の行の終わりにある緑のフィルタ アイコンをクリックするまで、新しい行が、ビューから非表示になっている行セットを開始することを指定します。
sfTextbox
sfTextbox マクロは、検索フィルタのテキスト ボックスを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • addPercent=yes|no
    ワイルドカード文字検索を許可するかどうかを指定します。 このプロパティは、デフォルトとして web_wildcard_search オプションの値を使用します。
  • attr=
    attributeName
    (必須)コントロールと関連付けられる属性の名前を指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • disabled=yes|
    no
    テキスト ボックスへの入力を無効にするかどうかを指定します。 テキスト ボックスを無効にした場合は、value、display_value、および qbe_condition プロパティも指定する必要があります。
  • display_value=
    text
    無効になっているテキスト ボックスの人間が理解できる値を指定します。 このプロパティは、disabled=yes の場合にのみ有効です。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • qbe_condition=
    condition
    フィールド内の値とデータベース値を比較するための条件を以下のいずれかから指定します。
    • EQ: 値と等しい
    • NE: 値と等しくない
    • GT: 値よりも大きい
    • LT: 値よりも小さい
    • GE: 値以上
    • LE: 値以下
    • NU: NULL
    • NN: 非 NULL
    • IN: SQL LIKE 式と一致
    • KY: 入力されたテキストを含む
  • size=
    20
    |
    number
    入力フィールドの幅を指定します。
  • value=
    string
    検索で使用される無効になっているテキスト ボックスの値を指定します。 このプロパティは、disabled=yes の場合にのみ有効です。
startFrameset
startFrameset マクロは、フレームセット定義の開始をマークします。 フレーム ページの定義には、startFrameset、endFrameset、および frame マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startFrameset. . .> <PDM_MACRO name=frame. . .> <PDM_MACRO name=frame. . .> . . . <PDM_MACRO name=endFrameset
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • border
    フレーム間のスペースを指定します。
  • cols
    フレーム セット内の列の数およびサイズを指定します。
  • frameborder=
    yes
    |no
    フレームに境界線を表示するかどうかを指定します(HTML <frame> ステートメントの frameborder 引数と同じ)。
  • id=
    name
    (必須)フレームの JavaScript ID を指定します(HTML <frame> ステートメントの id 引数と同じ)。
  • onload
    フレーム セットの onLoad ハンドラを指定します。
  • onunload
    フレーム セットの onUnload ハンドラを指定します。
  • rows
    フレーム セット内の行の数およびサイズを指定します。
startMenu
startMenu マクロは、メニューバー定義内のメニューの開始をマークします。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • parentid=
    name
    (必須)このメニューを指定する menubarItem マクロの ID を指定します。
startMenubar
startMenubar マクロは、メニュー バー定義の開始をマークします。 メニュー ページの定義には、startMenubar、menubarItem、endMenubar、startMenu、menuItem、menuItemLocal、および endMenu マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startMenubar. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> <PDM_MACRO name=menubarItem. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenubar> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> <PDM_MACRO name=menuItem. . .> <PDM_MACRO name=menuItemLocal. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> <PDM_MACRO name=startMenu. . .> . . . <PDM_MACRO name=endMenu> . . .
このマクロにはプロパティはありません。
startNotebook
startNotebook マクロは、詳細ページ上のノートブックの定義の開始をマークします。 ページ上に配置できるノートブックは 1 つのみで、またそれはページ上の最後のアイテムである必要があります。 ノートブックの定義には、startNotebook、startTabGroup、tab、および endNotebook マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startNotebook. . .> <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=endNotebook>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • hdr=
    text
    コントロール上のキャプションのテキストを指定します。デフォルトは、コントロールに関連付けられた属性の DISPLAY_NAME です。
  • ilayer_height=
    number
    このプロパティは非推奨です(このリリースでは使用されません)。
  • nb_height=
    number
    ノートブックの高さをピクセル単位で指定します。
startTabGroup
startTabGroup マクロは、詳細ページのノートブックに含まれるタブ グループの開始をマークします。 このマクロは、ノートブックがタブ グループで構成されていることを示します。 タブ グループが含まれるノートブックでは、グループはタブの最高レベルとして表示されます。 グループ内のタブは、グループが選択されている場合にのみ表示されます。
ノートブックの定義には、startNotebook、startTabGroup、tab、および endNotebook マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startNotebook. . .> <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=endNotebook>.
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • title=
    string
    ノートブックの最上部に表示されるタブ グループの名前を指定します。 このプロパティを省略した場合、CA SDM は、グループ内のすべてのタブの名前を連結してタブ グループの名前を作成します。
tab
tab マクロは、詳細ページのノートブックに含まれるタブを指定します。 ノートブックの定義には、startNotebook、startTabGroup、tab、および endNotebook マクロを使用します。 以下に例を示します。
<PDM_MACRO name=startNotebook. . .> <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=startTabGroup. . .> <PDM_MACRO name=tab . .> . . . <PDM_MACRO name=endNotebook>
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • accordion_specific_tab=true
    このマクロが CA SDM Release 12.9 ノートブックを定義することを指定します。 存在する場合、このプロパティは上記のとおりに正確に指定する必要があります。
  • file=
    filename
    .htmpl
    即時タブを指定します。 即時タブのコンテンツは、そのタブを含むフォームの一部であり、そのフォームがフォーマットされると同時にフォーマットされます。 このプロパティは、そのコンテンツを含む HTMPL ファイルを指定します。 CA SDM は、参照先ファイルの <PDM_FORM> タグを探し、タブのコンテンツとしてこのフォームを追加します。 このプロパティは、src プロパティと相互に排他的です。
  • filename=
    string
    タブ コンテンツに渡される $prop.filename サーバ変数の値を指定します。 このプロパティは、同様の名前のファイル プロパティとは関係ありません。
  • height=
    number
    このタブの高さを指定します。
  • id=
    string
    このタブの JavaScript ID を指定します。
  • new_row=yes|
    no
    (非推奨)タブが新しいタブ行を開始することを示します。 このプロパティは情報提供専用であり、CA SDM によって無視されます。 startTabGroup マクロは、行単位のタブのグループ化を処理します。
  • src=
    url
    このタブが延期タブであることを指定します。 延期タブのコンテンツはメイン フォームとは独立していおり、ユーザがタブを選択するときにのみロードされます。 このプロパティは、タブのコンテンツをロードするために呼び出す URL を指定します。 このプロパティは、file プロパティと相互に排他的です。
  • title=
    string
    ノートブックのタブの名前を指定します。
  • tooltip=
    string
    ノートブックのタブのツールヒントを指定します。
tabBanner
tabBanner マクロは、タブ内のバナー(ヘッダ)を指定します。 このマクロは、tab マクロの file プロパティによってロードされる即時タブ内のみで使用できます。 バナーには、テキストおよび 1 つ以上のボタンを挿入できます。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • add_btns=true|
    false
    タブ バナーにボタンを挿入するかどうかを指定します。 このプロパティが true の場合、タブが含まれるフォームには、ボタンを定義する JavaScript が含まれている必要があります。 btnfunc プロパティで、関数の名前を指定します(デフォルトは add_button_to_tab_banner() です)。
  • btnfunc=
    add_button_to_tab_banner
    |
    functionName
    add_btns=true のときにバナーにボタンを作成する関数の名前を指定します。
  • btns_in_two_rows=
    true
    |false
    Internet Explorer ブラウザでスクロールするために、バナーに追加の行を挿入するかどうかを指定します。
  • show_bar=
    true
    |false
    タブ バナーの下に水平バーを表示するかどうかを指定します。
  • title=
    string
    タブ バナーに表示される文字列です。 この文字列は、空の文字列にすることができます。
tabList
tabList マクロは、tab マクロの faile プロパティによってロードされる即時タブに挿入するリストを指定します。
このマクロには、以下のプロパティがあります。
  • brBefore=yes|
    no
    間隔を空けるために、リストの前に改行を挿入するかどうかを指定します。
  • btnTitle=
    string
    スクリーン リーダ環境設定が有効なときに表示されるロード ボタンのタイトルを指定します。
  • colspan=
    1
    |
    number
    フォームの列数を指定します。
  • frmName=
    string
    リストが含まれる HTML iframe の JavaScript ID を指定します。
  • height=
    number
    生成されるリストの高さを指定します。
  • src=
    url
    (必須)リストを生成するために呼び出す URL を指定します。