CI 調整属性

調整は、インポートされた CI データと CMDB の CI を関連付けます。
casm173
調整
は、インポートされた CI データと CMDB の CI を関連付けます。
調整では、CI を特定する下記の属性が使用されます。
  • 名前
  • シリアル番号
  • 資産番号
  • システム名
  • DNS 名
  • MAC アドレス
既存の CI を作成または参照する場合は、これらの値を少なくとも 1 つ指定する必要があります。
以下のテーブルには調整処理の結果が表示されます。
名前
シリアル番号
資産番号
システム名
DNS 名
MAC アドレス
結果
一意
Null
Null
Null
Null
Null
CI が作成されました
Null
一意
Null
Null
Null
Null
CI が作成されました
Null
Null
一意
Null
Null
Null
CI が作成されました
Null
Null
Null
一意
Null
Null
CI が作成されました
Null
Null
Null
Null
一意
Null
CI が作成されました
Null
Null
Null
Null
Null
一意
CI が作成されました
重複
重複
重複
一意
重複
重複
CI が作成されました
一意
重複
重複
重複
重複
重複
重複 CI として認識されました
Null
Null
Null
Null
一意
一意
CI が作成されました
Null
Null
Null
Null
重複
一意
重複 CI として認識されました
Null
Null
Null
Null
一意
重複
重複 CI として認識されました
重複
重複
一意
重複
重複
重複
CI が作成されました
重複
一意
重複
重複
重複
重複
CI が作成されました
重複
重複
重複
重複
重複
一意
重複 CI として認識されました
重複
重複
重複
重複
一意
重複
重複 CI として認識されました
重複
重複
重複
重複
一意
一意
重複 CI として認識されました