attachChangeToRequest メソッド

この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
この記事には、以下のトピックが含まれています。
attachChangeToRequestメソッドでは以下のパラメータを使用します。
パラメータ
タイプ
説明
SID
整数
ログインにより取得したセッションを指定します。
creator
文字列
アクティビティ担当者の連絡先のハンドルを指定します。
requestHandle
文字列
変更を添付するリクエストを指定します。
changeHandle
文字列
追加する変更のハンドルを指定します。これが空白の場合は、新しい変更要求が作成されます。
changeAttrVals
String[]
changeHandleが空白の場合、新規変更要求の初期化に使用される属性と値のペアを指定します。
description
文字列
(オプション)アクティビティの説明を指定します。
説明
リクエストに新規または既存の変更要求を添付します。 このメソッドは、 インターフェースにおける、リクエストの詳細の[アクティビティ]-[新規変更リクエスト]または[アクティビティ]-[既存のリクエストに添付]に対応します。
新規変更要求を作成するには、
changeHandle
で空の文字列を渡します。 リクエストの値(変更のリクエスタ、影響を受けるエンド ユーザ、説明、優先度など)で初期化された新規変更要求が作成されます(CA SDM インターフェースでこの影響を確認できます)。 これらの値は上書きしたり、createObject() に渡す配列と同様の名前と値の配列である
changeAttrVals
で値を追加したりすることができます。
既存の変更要求を添付するには、
changeHandle
パラメータにハンドルを指定します。 この場合、
changeAttrVals
は無視されます。
新規変更要求を作成した場合、
description
は新規変更要求のアクティビティ ログで使用されます。 既存の変更を添付した場合、
description
はリクエストのアクティビティ ログで使用されます。
リクエストにすでに変更要求が添付されている場合は、以下のエラーが返されます。
UDS_CREATION_ERROR
このメソッドは ITIL 方式でもまったく同じ動作になります。ITIL インシデントまたは ITIL 問題の適切なハンドルをメソッドに渡していることを確認してください。
戻り値
以下の値が返されます。
XML エレメント
タイプ
説明
<changeHandle>
文字列
作成または添付した変更要求のハンドルを示します。
detachChangeFromRequest
detachChangeFromRequest メソッドでは、以下のパラメータを使用します。
パラメータ
タイプ
説明
SID
整数
ログインにより取得したセッションを指定します。
creator
文字列
アクティビティ担当者の連絡先のハンドルを指定します。
requestHandle
文字列
リクエストのハンドルを指定します。
説明
文字列
(オプション)アクティビティの説明を指定します。
説明
リクエストから変更要求を添付解除します。 このメソッドは、CA SDM クライアントの[アクティビティ]-[変更要求の添付解除]に対応します。 変更要求はシステムから削除されません。
リクエストに変更が添付されていない場合は何も起こりません。
戻り値
リクエストのアクティビティ ログ(イベントが記録されている)のハンドル。