bop_sinfo -- システム情報の表示

bop_sinfo ユーティリティは、単一の Majic 定義のオブジェクトに関する情報を表示します。 このユーティリティは、「テクニカル リファレンス」にリストされているオブジェクトに実行できます。
casm173
bop_sinfo ユーティリティは、単一の Majic 定義のオブジェクトに関する情報を表示します。 このユーティリティは、「テクニカル リファレンス」にリストされているオブジェクトに実行できます。
構文
このコマンドのフォーマットは、以下のとおりです。
bop_sinfo [-s server] [-p] [-l] [-d] [f] [-q] [-t] [-m] [-a] object [-h]
  • -s server
    クエリするサーバを指定します。
  • -p
    プロシージャ情報を表示します。
  • -l
    domset リストを表示します。
  • -d
    すべての属性の名前およびタイプを含む、データベースのオブジェクト情報を表示します。
  • -f
    rel_attr および common_name を含むファクトリ情報を表示します。
  • -q
    関連付けられたテーブルのスキーマ名を表示します。
  • -t
    オブジェクトのトリガを表示します。
  • -m
    オブジェクトによって使用されるメソッドを表示します。
  • -a
    属性の詳細を表示します。
  • オブジェクト
    クエリするオブジェクトの名前。
  • -h
    ユーティリティのヘルプを表示します。
例: dmn オブジェクトのシステム情報の表示
bop_sinfo -d dmn Factory dmn Attributes id INTEGER producer_id LOCAL STRING(20) persistent_id STRING(30) sym STRING(60) REQUIRED delete_flag SREL -> actbool.enum REQUIRED desc STRING(40) tables BREL <- dcon.dom_id {dom_id = ?} last_mod DATE last_mod_by SREL -> cnt.id audit_userid LOCAL SREL -> cnt.id