pdm_key_refresh―キャッシュされたキー情報の更新

pdm_key_refresh ユーティリティを使用すると、データベースのキー コントロール テーブルからキャッシュされたキー情報を更新できます。 キー コントロール情報を更新する場合は、システムを停止して再起動する代わりにこのユーティリティを実行すると、CA SDM で新しいキー ID のベース値を強制的に使用することができます。
casm173
pdm_key_refresh ユーティリティを使用すると、データベースのキー コントロール テーブルからキャッシュされたキー情報を更新できます。 キー コントロール情報を更新する場合は、システムを停止して再起動する代わりにこのユーティリティを実行すると、CA SDM で新しいキー ID のベース値を強制的に使用することができます。
キー コントロール テーブルを変更すると、データが破損することがあります。 キー コントロールは、CA のテクニカル サポートから指示があった場合にのみ変更してください。
構文
このコマンドのフォーマットは、以下のとおりです。
pdm_key_refresh
Windows 以外では、一部の CA SDM ユーティリティを実行する前に LIBPATH を設定する必要があります。 ユーティリティを実行する前に、
pdm_task
を使用して LIBPATH を設定します。 たとえば、「pdm_task pdm_clean_attachments ...」と入力します。