pdm_logfile―stdlogのカットオーバー サイズの変更

pdm_logfileでは、stdlog.xのカットオーバー サイズを変更することができます。 カットオーバーは、指定したバイト数が書き込まれると発生します。 UNIXでは、この値はpdm_initごとにリセットされます。 Windowsでは、pdm_haltおよびpdm_initごとに設定が維持されます。
casm173
pdm_logfileでは、stdlog.
x
のカットオーバー サイズを変更することができます。 カットオーバーは、指定したバイト数が書き込まれると発生します。 UNIXでは、この値はpdm_initごとにリセットされます。 Windowsでは、pdm_haltおよびpdm_initごとに設定が維持されます。
構文
このコマンドのフォーマットは、以下のとおりです。
pdm_logfile [-L|-h]
または
pdm_logfile [-g -h] [-b bytes]
stdlog.
x
ファイルを500,000バイトでカットオーバーするように変更するには、以下のコマンドを実行します。
pdm_logfile -f STD -b 500000
-L
現在のカットオーバーのリストを作成します。
-q
pdm_logfileをQuietモードで実行します。
-b bytes
カットオーバーが発生するまでに書き込まれるバイト数を指定します。
制限事項
pdm_load は CA SDM がアクティブなときに実行できますが、パフォーマンスが著しく低下する恐れがあります。 pdm_load は、CA SDM を使用するユーザがいないときに実行することをお勧めします。
UNIX では、一部の CA SDM ユーティリティを実行する前に LIBPATH を設定する必要があります。 ユーティリティを実行する前に、
pdm_task
を使用して LIBPATH を設定します。 たとえば、「pdm_task pdm_clean_attachments ...」と入力します。