デバイス プロパティの計算

特定の CI (ど)は USM CI タイプにマップされます。これには、Catalyst で USM インポート標準によってデバイス プロパティが定義されている必要があります。 CI に対してデバイス プロパティが定義されていない場合、コネクタは、CI がホストされているシステムから情報を取得するためにこのプロパティを使用します。 以下の CI デバイス プロパティの 1 つまたは複数が必要となる場合があります。
casm173
特定の CI (ど)は USM CI タイプにマップされます。これには、Catalyst で USM インポート標準によってデバイス プロパティが定義されている必要があります。 CI に対してデバイス プロパティが定義されていない場合、コネクタは、CI がホストされているシステムから情報を取得するためにこのプロパティを使用します。 以下の CI デバイス プロパティの 1 つまたは複数が必要となる場合があります。
  • DeviceAssetNumber
  • DeviceBiosSystemID
  • DeviceDnsName
  • DeviceSysName
  • DevicePhysSerialNumber
  • DeviceMacAddress
  • DeviceIPV4Address
  • DeviceIPV4AddressWithDomain
  • DeviceIPV6Address
  • DeviceIPV6AddressWithDomain
CA SDM コネクタは、CMDB に CI デバイスのプロパティを以下のようにクエリします。
  1. システム名に基づき、コネクタは CMDB に CI デバイス プロパティをクエリし、検出されたら CI が読み込まれます。 CMDB でアプリケーションによって検出された CI には、[システム名]フィールドが以下の形式で表示されます。
    SNMP_CI_name| CI_name | file_path
  2. SNMP_CI_name が CMDB に存在せず、クエリが失敗した場合、コネクタは、DeviceSysName 属性を使用して CMDB に CI のデバイス プロパティをクエリします。
  3. 手順 1 および 2 で説明されているクエリが成功しなかった場合、コネクタは、DeviceXXXFromRelationship 属性を使用して、関係タイプに基づいて CMDB に CI のデバイス プロパティをクエリします。
デバイスのプロパティ
CA SDM コネクタは、以下の CA SDM プロパティの値に基づいて USM タイプにマッピングされます。
デバイス(USM)
CA SDM の属性
ユーザ インターフェース
DeviceAssetNumber
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceBiosSystemID
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceDnsName
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceSysName
コネクタによって計算されます。
システム名
DevicePhysSerialNumber
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceMacAddress
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceIPV4Address
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceIPV4AddressWithDomain
N/A
N/A
DeviceIPV6Address
コネクタによって計算されます。
N/A
DeviceIPV6AddressWithDomain
N/A
N/A