コンテンツ パックの管理

コンテンツ パックは、サービス、フォーム、ポリシー、イベント、レポート データ オブジェクト、CA Process Automation プロセスなどの CA Service Catalog オブジェクトのコレクションです。 この記事には、以下のトピックが含まれています。
casm173
コンテンツ パックは、サービス、フォーム、ポリシー、イベント、レポート データ オブジェクト、CA Process Automation プロセスなどの CA Service Catalog オブジェクトのコレクションです。 この記事には、以下のトピックが含まれています。
誰がコンテンツ パックを作成、エクスポート、またはインポートするのか
お客様および CA Technologies のいずれも、以下のようにコンテンツ パックを作成できます。
  • CA Technologies は、通常、新規オブジェクトまたは既存オブジェクトの更新バージョンを含むコンテンツ パックを作成します。たとえばサンプル オブジェクトや修正なども含まれます。
  • お客様は、通常、特定の組織の要件を満たすためにカスタマイズしたオブジェクトを含むコンテンツ パックを作成します。
  • お客様は、必要に応じて、CA Technologies からコンテンツ パックをコピーできます。 その後、そのコンテンツ パックを、実装に適用する前にカスタマイズできます。
  • 単一のビジネス ユニットに対して複数のコンテンツ パックをエクスポートおよびインポートできます。 同様に、すべてのビジネス ユニットに対して複数のコンテンツ パックをエクスポートおよびインポートできます。 既存のコンテンツ パックと、有効化しようとしているものとの間に競合が発生する場合、新しいコンテンツ パックにより古いものが自動で上書きされます。
  • 作成者や設計者は、コンテンツ パックを作成およびエクスポートすることにより、CA Service Catalog オブジェクトのカスタマイズされたバージョンをパッケージ化することができます。
  • コンシューマまたは導入担当者は、コンテンツ パックをインポートすることにより、同じカスタマイズ プロセスを実行する必要なしに、これらのカスタマイズされたオブジェクトを使用することができます。
通常、コンテンツ パック内のカスタマイズは、特定の機能、サービス、または環境を最適に使用できるように CA Service Catalog システムを設定することに焦点を合わせています。 コンテンツ パックを使用することで、カスタマイズを異なるシステム間で効率的および正確に複数回繰り返すことができます。
Service Management コンテンツ パック
デモ コンテンツ
デモ コンテンツ パックには、エンタープライズ全体の共通のリクエストに対する複数のモデル サービスが含まれています。 一部のサービスを想定どおり機能させるためには、CA Process Automation プロセスおよび基盤システムとの統合が必要です。
サービスの例は、
スマートフォン セレクタ サービス
です。
このサービスでは、複数のネストされた選択レベルのガイドにより、カタログ ユーザはスマートフォンおよびアクセサリを選択することができます。 このサービスでは、この目的のためにフォーム内で JavaScript プログラムが使用されます。 このサービスをコピーおよびカスタマイズするには、フォーム デザイナに関する高度な知識と JavaScript に関する実務的な知識が必要です。
デモ コンテンツ パックのサービスの完全なリストについては、インポート後にインポート レポートを表示します。 次に、カタログの CA Service Catalog Demo Content フォルダのサービスを参照します。 次の場所からデモ コンテンツ パック ファイルをインポートできます: USM_HOME\Filestore\contentpacks