追加の PMO ポートレット

ccppmop1561
追加のポートレットが PMO アクセラレータ アドインには含まれていますが、インストール後、どのページにも含まれていません。 Studio を使用して、ポートレットを
Clarity PPM
ページに追加できます。 詳細については、
Clarity PPM
管理者に問い合わせるか、「
リファレンス
」セクションにある CA PPM Studio のドキュメントを参照してください。
ユーザ インターフェースをパーソナライズできます。
[設定]
オプションを使用してポートレットにフィールドを追加するには、「使用
」の「クラシック PPM の使用方法」を参照してください。
2
2
[遅延タスクとマイルストーン]ポートレット
[遅延タスクとマイルストーン]ポートレットでは、プロジェクトの遅延タスクおよびマイルストーンのリストが提供され、ガント図が含まれます。 未完了または遅れているタスクのリストを表示するには、このポートレットを使用します。 プロジェクト ダッシュボードに表示されるように、[遅延タスクとマイルストーン]ポートレットを設定できます。
[遅延タスクとマイルストーン]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • タスク
    タスク名が表示されます。 タスク名のリンクをクリックすると、タスクのプロパティが表示されます。
  • タスク ID
    タスク ID が表示されます。
  • 終了
    タスク終了日が表示されます。
  • ステータス
    タスクのステータス([開始前]、[開始済み]、[完了])が表示されます。
  • スケジュール %
    終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数を示す信号を表示します。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
    計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。 信号の色は、タスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
  • 遅延日数
    以下を考慮して非稼働日を含む遅延日数が表示されます。
    • ベースラインが存在するかどうか
    • タスク ステータス
    ベースラインが存在する場合、遅延日数はタスク終了日からベースライン終了日を引いて計算されます。 正の値は、タスクがベースラインに対して遅れていることを示します。 負の値は、ベースラインより早いことを示します。
    ベースラインが存在し、タスク終了日がベースライン終了日と同じである場合、タスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合は、タスクは遅れているものとみなされます。 この場合、遅延日数は今日の日付からタスク終了日を引いて計算されます。
    ベースラインがない場合は、タスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合に、遅延日数が計算されます。 この場合、遅延日数は今日の日付からタスク終了日を引いて計算されます。
  • ガント スケジュール
    タスクの開始日と終了日およびマイルストーンの終了日を示すガント図が表示されます。 ガントの色は、次のようにスケジュール パーセントに基づきます。
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、設定オプションによってそれらを追加できます。
  • 開始
    タスク開始日が表示されます。
  • ベースライン開始日
    タスクのベースライン開始日が表示されます。
  • ベースライン終了日
    タスクのベースライン終了日が表示されます。
  • スケジュール
    タスクが遅れている日数を示す信号が表示されます。タスクのステータス、およびタスクにベースラインが存在するかどうかが考慮されます。 信号の色は、タスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号:
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 日遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 日より大きく遅れています。
    • 白。 スケジュールが定義されていません。
  • 遅延日数 (%)
    終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数が表示されます。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
    計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。
[マイ タイムシート]ポートレット
[マイ タイムシート]ポートレットには、オープン期間のタイムシートのステータスが表示されます。 現在、提出済み、または遅れているタイムシートのリストを表示するには、このポートレットを使用します。
[マイ タイムシート]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • タイムシート
    タイムシート アイコンが表示されます。 アイコンをクリックすると、対応するリソースのタイムシート ページに移動します。
  • 期間開始日
    タイムシート期間の開始日が表示されます。
  • 期間終了日
    タイムシート期間の終了日が表示されます。
  • Timesheet Status
    タイムシート ステータスが表示されます。
  • [ステータス]アイコン
    タイムシート ステータスを示すアイコンが表示されます。
    • グレーのひし形(現在のタイムシート)。 タイムシートは現在です。
    • 緑のチェックマーク(提出済みタイムシート)。 タイムシートは提出済みです。
    • 赤い丸(要アクション)。 タイムシートにはアクションが必要です。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、[管理]メニューでポートレットを設定してそれらを追加できます。 このポートレットでは[設定を許可]オプションがオフになっています。そのため、管理者がこのオプションをポートレット設定可能に変更しない限り、エンド ユーザはポートレットを設定できません。
詳細については、「
CA PPM の使用方法
」を参照してください。
  • 要アクション
    タイムシートが現在でない場合アクションが必要かどうかを示します。
  • 期間の日数を表示し、期間の日数が変わる場合に役立ちます。
  • 週末
    期間が週末かどうかを示します(通常は 2 日間)。
[プロセス ボトルネック]ポートレット
[プロセス ボトルネック]ポートレットでは、開始済みのプロセスが表示され、割り当てられたリソースが各プロセス マイルストーン ステップへの対応に要した時間が示されます。 アクションに要する時間が必要な時間より長いかどうか分析し、内部プロセスを再評価するには、このポートレットを使用します。 このポートレットを表示するには、ポートレットの一番上のフィルタからプロセス タイプを選択します。 以下のことを確認します。
  • プロセス タイプにマイルストーンとして指定されたステップが少なくとも 1 つある。
  • プロセスをアクティブにする前に、マイルストーンと考えられる各プロセス ステップに移動し、マイルストーン フィールドを確認する。
詳細については、「
管理
」を参照してください。
[プロセス ボトルネック]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • プロセス
    プロセスの名前が表示されます。
  • インスタンス
    プロセス インスタンス名が表示されます。
  • フロー図
    フロー図アイコンが表示されます。 クリックするとプロセス フロー図が表示されます。
  • 開始者
    プロセスの開始者の名前が表示されます。
  • 期間ステータス
    各プロセス マイルストーン ステップについて、プロセス ステップのステータスを示す信号が表示されます。
    信号
    • 緑。 プロセス ステップの期間は 3 日未満です。
    • 黄。 プロセス ステップの期間は、3 日以上 5 日未満です。
    • 赤。 プロセス ステップの期間は 5 日以上です。
  • 期間と評価者
    各プロセス マイルストーン ステップについて、期間およびレビュー担当者名が表示されます。
[プロジェクト分析]ポートレット
[プロジェクト分析]ポートレットでは、プログラムの一部であるプロジェクトとタスクのビューがプログラム マネージャに提供されます。 プログラム内の進行中プロジェクトのスケジュールを分析するには、このポートレットを使用します。 プログラム ダッシュボードに表示されるようにこのポートレットを設定できます。 プログラム オブジェクトのダッシュボード タブでないページに配置されている場合、このポートレットにデータは表示されません。
[プロジェクト分析]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • プロジェクト/タスク
    プロジェクト名とそれに関連するタスクが表示されます。 プロジェクト名をクリックすると、プロジェクトのすべてのタスクが表示されます。 プロジェクト名をクリックするとプロジェクトのプロパティが表示され、タスク名をクリックするとタスクのプロパティが表示されます。
  • チーム アイコン
    プロジェクト チーム スタッフ ページにリンクしているアイコンが表示されます。
  • プロジェクト マネージャ
    プロジェクト マネージャ名が表示されます。
  • ステージ
    プロジェクトのライフサイクルのステージが表示されます。
  • 開始日
    プロジェクトまたはタスクの開始日を表示します。
  • 終了日
    プロジェクトまたはタスクの終了日を表示します。
  • 全体ステータス
    最新のレポート日のステータス レポートと、ステータスが最終または値が選択されていないレポートに基づいて、各プロジェクトの全体的なステータスを示す信号が表示されます。
    信号
    • 緑。 プロジェクトのステータスは予定どおりです。
    • 黄。 プロジェクトのステータスにマイナーな差異が存在します。
    • 赤。 プロジェクトのステータスに大きい差異が存在します。
    • 白。 プロジェクトのステータスが未定義です。
  • スケジュール %
    以下が表示されます。
    • プロジェクトの計算。
      終了日から開始日を引いたプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数を示す信号を表示します。 計算ではプロジェクトの進捗とベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。 信号の色は、プロジェクトがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    • タスクの計算
      。 終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数を示す信号を表示します。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
      計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。 信号の色は、タスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 プロジェクトまたはタスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 プロジェクトまたはタスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 プロジェクトまたはタスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
  • 遅延日数
    以下を考慮して非稼働日を含む遅延日数が表示されます。
    • ベースラインが存在するかどうか
    • プロジェクト進捗ステータスまたはタスク ステータス
    ベースラインが存在する場合、遅延日数はプロジェクトまたはタスクの終了日からベースライン終了日を引いて計算されます。 正の値は、プロジェクトまたはタスクがベースラインに対して遅れていることを示します。 負の値は、ベースラインより早いことを示します。
    ベースラインが存在し、プロジェクトまたはタスクの終了日がベースライン終了日と同じである場合、プロジェクトまたはタスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合は、プロジェクトまたはタスクは遅れているものとみなされます。 この場合、遅延日数は今日の日付からプロジェクトまたはタスクの終了日を引いて計算されます。
    ベースラインがない場合は、プロジェクトまたはタスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合に、遅延日数が計算されます。 この場合、遅延日数は今日の日付からプロジェクトまたはタスクの終了日を引いて計算されます。
  • ガント スケジュール
    プロジェクトおよびタスクの開始日と終了日を示すガント図が表示されます。 ガント バーの色は、次のようにスケジュール パーセントに基づきます。
    • 緑。 プロジェクトまたはタスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 プロジェクトまたはタスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 プロジェクトまたはタスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、設定オプションによってそれらを追加できます。
  • ベースライン開始日
    プロジェクトまたはタスクのベースライン開始日が表示されます。
  • ベースライン終了日
    プロジェクトまたはタスクのベースライン終了日が表示されます。
  • ビジネス整合性
    プロジェクトが組織のビジネス目標に合致している度合いが示されます。 ビジネス整合性の値が高いほど、整合性が高いことを示します。
    信号
    • 緑(68 ~ 100)。 プロジェクトとビジネスは高い整合性です。
    • 黄(34 ~ 67)。 プロジェクトとビジネスは平均的な整合性です。
    • 赤(0 ~ 33)。 プロジェクトとビジネスは低い整合性です。
    • 白。 整合性データは未定義です。
  • ステータス インジケータ
    ステータス インジケータに基づいて各プロジェクトのステータスを示す信号が表示されます。
    ソース
    : [スケジュールおよびパフォーマンス]プロジェクト プロパティ ページ。
    信号
    • 緑。 プロジェクトは予定どおりです。
    • 黄。 プロジェクトにリスクがあることを示します。
    • 赤。 プロジェクトは重大な状態です。
    • 白。 プロジェクト ステータス インジケータが未定義です。
  • 遅延日数 (%)
    • プロジェクトの計算
      。 終了日から開始日を引いたプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数が表示されます。 計算でプロジェクトの進捗とベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。
    • タスクの計算
      。 終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数が表示されます。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
      計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。
  • スケジュール
    プロジェクトまたはタスクの遅延日数を示す信号が表示されます。以下が考慮されます。
    • プロジェクト進捗ステータスまたはタスク ステータス
    • プロジェクトまたはタスクにベースラインが存在するかどうか。
    信号の色は、プロジェクトまたはタスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 プロジェクトまたはタスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 プロジェクトまたはタスクは、1 ~ 10 日遅れています。
    • 赤。 プロジェクトまたはタスクは、10 日より大きく遅れています。
    • 白。 スケジュールが定義されていません。
[プロジェクト サイクル時間分析]ポートレット
[プロジェクト サイクル時間分析]ポートレットには、各プロジェクト フェーズで費やされた日数が棒グラフとして表示されます。 同じ方法に基づいてプロジェクトの各フェーズで費やされた時間を比較するには、このポートレットを使用します。 PMO アクセラレータ アドインでインストールされるプロジェクト テンプレートは、プロジェクト方法論と考えられます。 このポートレットを使用するには、方法論を選択します。
[プロジェクト サイクル時間分析]ポートレット
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[プロパティ]メニューを開いて、[設定]をクリックします。
    プロジェクトの設定ページが表示されます。
  2. [方法論]ドロップダウン メニューをクリックし、プロジェクトの方法論を選択します。
既定では、棒グラフには方法論での各プロジェクト フェーズの期間が表示されます。 X 軸は、日数での期間を示します。 Y 軸は対応するプロジェクト フェーズを示します。 グラフの各バーの長さは、フェーズごとのプロジェクト期間の分布を表します。 バーをクリックすると、特定のプロジェクトのプロパティ ページが表示されます。 グラフの凡例のエントリをクリックすると、そのグループがグラフから除外されます。
[プロジェクト ドキュメント レビュー]ポートレット
[プロジェクト ドキュメント レビュー]ポートレットには、ドキュメントとフォルダの場所へのリンクを含め、プロジェクト ドキュメントが表示されます。 このポートレットは、OBS またはプロジェクト マネージャでフィルタして、特定のプロジェクトまたはプロジェクト全体のドキュメントを確認するために使用します。 このポートレットから、ドキュメントを直接開いて表示したり、ドキュメントが含まれるフォルダに移動してほかのアクションを実行したりすることができます。
[プロジェクト ドキュメント レビュー]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • プロジェクト
    プロジェクト名を表示します。 プロジェクト名をクリックすると、プロジェクトのプロパティ ページが表示されます。
  • マネージャ
    プロジェクト マネージャが表示されます。
  • [ドキュメント マネージャ]アイコン
    ドキュメントのフォルダの場所にリンクしているアイコンが表示されます。
  • ドキュメント
    ドキュメント名を表示します。 ドキュメントのリンクをクリックすると、そのドキュメントが開きます。
  • ステータス
    ドキュメントのステータスを示す信号が表示されます。
    • 信号:
    • 緑(承認済み)。 ドキュメントは承認済みです。
    • 黄(提出済み)。 ドキュメントは承認を受けるために提出されました。
    • 赤(拒否済み)。 ドキュメント プロジェクトは拒否されました。
  • カテゴリ
    ドキュメント カテゴリを表示します。
  • オーナー
    ドキュメント オーナーを表示します。
  • 作成日
    ドキュメントが作成された日付を表示します。
  • 最終更新日
    ドキュメントが最後に更新された日付を表示します。
  • バージョン番号
    ドキュメントのバージョン番号を表示します。
  • リビジョン コメント
    ドキュメントに入力された最終リビジョン コメントを表示します。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、設定オプションによってそれらを追加できます。
  • 作成者
  • 説明
  • フォルダ
  • 最終更新者
  • 場所
  • 参加者以外へのアクセス許可
  • プロジェクト ID
  • ステータス名
  • バージョン管理有効
[プロジェクト ライフサイクルのレビュー]ポートレット
[プロジェクト ライフサイクルのレビュー]ポートレットには、各プロジェクト フェーズのスケジュール ステータスが表示されます。 同じプロジェクト方法論に基づくプロジェクトのフェーズ スケジュールの概要については、このポートレットを使用します。 このポートレットを使用するには、方法論を選択します。
[プロジェクト ライフサイクルのレビュー]ポートレット
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[プロパティ]メニューを開いて、[設定]をクリックします。
    プロジェクトの設定ページが表示されます。
  2. [方法論]ドロップダウン メニューをクリックし、プロジェクト テンプレートの方法論を選択します。
ポートレットには以下のフィールドが表示されます。
  • ダッシュボード アイコン
    プロジェクト ダッシュボードにリンクしているアイコンが表示されます。
  • プロジェクト
    プロジェクトの名前を表示します。 プロジェクト名のリンクをクリックすると、プロジェクトのプロパティ ページに移動します。
  • プロジェクト マネージャ
    プロジェクト マネージャの名前を表示。
  • ステージ
    プロジェクト ライフサイクルのステージが進捗ステータス バーとして表示されます。 灰色の正方形は完了したステージを示し、現在のステージは投資のビジネス整合性に基づく色で表されます。
  • 開始
    プロジェクト開始日が表示されます。
  • 終了
    プロジェクト終了日が表示されます。
  • スケジュール %
    終了日から開始日を引いたプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数を示す信号を表示します。 計算ではフェーズ ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。 信号の色は、フェーズがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 フェーズは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 フェーズは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 フェーズは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、設定オプションによってそれらを追加できます。
  • ビジネス整合性
    プロジェクトが組織のビジネス目標に合致している度合いが示されます。 ビジネス整合性の値が高いほど、整合性が高いことを示します。
    信号
    • 緑(68 ~ 100)。 プロジェクトとビジネスは高い整合性です。
    • 黄(34 ~ 67)。 プロジェクトとビジネスは平均的な整合性です。
    • 赤(0 ~ 33)。 プロジェクトとビジネスは低い整合性です。
    • 白。 整合性データは未定義です。
  • ステージ名
    プロジェクトのライフサイクルのステージが表示されます。
  • 遅延日数
    以下を考慮して非稼働日を含む遅延日数が表示されます。
    • ベースラインが存在するかどうか
    • フェーズ ステータス
    ベースラインが存在する場合、遅延日数はフェーズ終了日からベースライン終了日を引いて計算されます。 正の値は、フェーズがベースラインに対して遅れていることを示します。 負の値は、ベースラインより早いことを示します。
    ベースラインが存在し、フェーズ終了日がベースライン終了日と同じである場合、フェーズが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合は、フェーズは遅れているものとみなされます。 この場合、遅延日数は今日の日付からフェーズ終了日を引いて計算されます。
    ベースラインがない場合は、フェーズが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合に、遅延日数が計算されます。 この場合、遅延日数は今日の日付からフェーズ終了日を引いて計算されます。
  • スケジュール
    フェーズが遅れている日数を示す信号が表示されます。フェーズのステータス、およびフェーズにベースラインが存在するかどうかが考慮されます。 信号の色は、フェーズがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 フェーズは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 フェーズは、1 ~ 10 日遅れています。
    • 赤。 フェーズは、10 日より大きく遅れています。
    • 白。 スケジュールが定義されていません。
  • 遅延日数 (%)
    終了日から開始日を引いたプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数が表示されます。 計算ではフェーズ ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。
  • フェーズ ステータス
    フェーズ ステータスの信号が表示されます。
    信号
    • 緑。 フェーズは完了しています。
    • 黄。 フェーズは開始されており、遅延日数を基にするとスケジュールどおりです。
    • 赤。 フェーズは開始されており、遅延日数を基にすると遅延しています。
    • 白。 フェーズは開始されていないか、またはフェーズはプロジェクトに存在しません。
[月別リソース稼働率パーセント]ポートレット
[月別リソース稼働率パーセント]ポートレットには、月別の配置のパーセンテージとしてリソースの割り当てが横棒グラフで表示されます。 プロジェクトに割り当てられたリソースがすべて完全に利用されていることを確認するにはこのポートレットを使用します。 プログラム ダッシュボードに表示されるようにこのポートレットを設定できます。
横棒グラフの X 軸は現在の月から始まる月です。 グラフの Y 軸はパーセンテージとしてのリソース稼働率です。 リソース配置と割り当て時間数が Y 軸に表示されるようにグラフを設定できます。
[月別リソース稼働率パーセント]ポートレット
[チーム メンバー タスク要約]ポートレット
[チーム メンバ タスク要約]ポートレットには、プロジェクト タスクのリソース割り当て、ETC、未確定の実績値、実績値が表示されます。 リソースによってタスク スケジュールを分析し、見積もりと実績を確認するには、このポートレットを使用します。 プロジェクト ダッシュボードに表示されるようにこのポートレットを設定できます。
[チーム メンバ タスク要約]ポートレット
このポートレットには次のフィールドが表示されます。
  • ダッシュボード アイコン
    プロジェクト ダッシュボードにリンクしているアイコンが表示されます。
  • プロジェクト
    プロジェクトの名前を表示します。 プロジェクト名のリンクをクリックすると、プロジェクトのプロパティ ページに移動します。
  • タスク
    タスク名が表示されます。 タスク名をクリックすると、タスクのプロパティが表示されます。
  • ガイドライン
    タスクにガイドラインとして有効な URL がある場合、またはガイドラインがサイトにセットアップされている場合に、[ガイドライン]アイコンが表示されます。 アイコンをクリックすると、ガイドライン ページに移動します。 このページでは、このタスクに対して組織が従うガイドラインのファイル パスとファイル名を定義します。
  • リソース/ロール
    タスクに割り当てられたリソースまたはロールが表示されます。 リソース名またはロール名のリンクをクリックすると、プロパティが表示されます。
  • 優先度
    タスクの優先度ステータスを示す信号が表示されます。
    • 信号:
    • 緑(24 ~ 36)。 タスクの優先度は低です。
    • 黄(12 ~ 23)。 タスクの優先度は中です。
    • 赤(0 ~ 11)。 タスクの優先度は高です。
  • ステータス
    タスクの状態を示します。
    値:
    開始前、開始済み、完了
  • スケジュール %
    終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数を示す信号を表示します。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
    計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。 信号の色は、タスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
  • 遅延日数
    以下を考慮して非稼働日を含む遅延日数が表示されます。
    • ベースラインが存在するかどうか
    • タスク ステータス
    ベースラインが存在する場合、遅延日数はタスク終了日からベースライン終了日を引いて計算されます。 正の値は、タスクがベースラインに対して遅れていることを示します。 負の値は、ベースラインより早いことを示します。
    ベースラインが存在し、タスク終了日がベースライン終了日と同じである場合、タスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合は、タスクは遅れているものとみなされます。 この場合、遅延日数は今日の日付からタスク終了日を引いて計算されます。
    ベースラインがない場合は、タスクが完了しておらず、期日が今日の日付より前であった場合に、遅延日数が計算されます。 この場合、遅延日数は今日の日付からタスク終了日を引いて計算されます。
  • ETC(残存作業時間)
    タスクを完了するための予想時間数が定義されます。 タスクが開始されると、ETC にはタスクを完了するまでの予想残存時間数が反映されます。
  • 未確定の実績値
    ポストされていないタスクの実績値を表示します。
  • 実績値
    タスクに対して提出およびポストされた合計時間数を定義します。
  • ガント スケジュール
    割り当ての開始日と終了日を示すガント図が表示されます。 ガント バーの色は、次のようにスケジュール パーセントに基づきます。
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 パーセント遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 パーセントより大きく遅れています。
    • 白。 スケジュール パーセントが定義されていません。
以下のフィールドがこのポートレットに利用可能であり、設定オプションを使用してそれらを追加できます。
  • 割り当て開始
    割り当ての開始日が表示されます。
  • 割り当て完了
    割り当ての終了日が表示されます。
  • プロジェクト ID
    プロジェクト ID が表示されます。プロジェクトの識別子です。
  • 遅延日数 (%)
    終了日から開始日を引いた要約タスクまたはプロジェクトの時間枠に対するパーセンテージとして遅延日数が表示されます。 タスクの親タスクが WBS の中にある場合、親タスクの時間枠が計算に使用されます。 タスクが WBS のトップ レベルにあり、親タスクがない場合、プロジェクトの時間枠が計算に使用されます。
    計算ではタスク ステータスとベースラインが考慮されます(ベースラインが存在する場合)。
  • スケジュール
    タスクが遅れている日数を示す信号が表示されます。タスクのステータス、およびタスクにベースラインが存在するかどうかが考慮されます。 信号の色は、タスクがスケジュールどおりか、または遅延があるかどうかを示します。
    信号
    • 緑。 タスクは、スケジュールより先行しているか、またはスケジュールどおりです。
    • 黄。 タスクは、1 ~ 10 日遅れています。
    • 赤。 タスクは、10 日より大きく遅れています。
    • 白。 スケジュールが定義されていません。