通知および通知テンプレートの設定

ccppmop1561
すべてのユーザに対してシステム レベルで通知を有効または無効にできます。 また、通知テンプレートを設定し、既定の電子メール通知形式の設計を変更することもできます。
3
HID_admin_configure_notification_templates
通知の既定の設定の発行または保存
すべてのユーザに対してシステム レベルで通知を有効または無効にできます。 管理者が最後に発行または保存した後に作成されたユーザ、および通知設定を更新しなかったユーザに対してのみ、通知設定を更新することもできます。
たとえば、タイムシートの通知を電子メール経由でのみ行うよう設定し、[発行]をクリックします。 発行により、個々のユーザがユーザ自身に対して設定した通知の設定が上書きされます(設定が存在する場合)。 [保存]ボタンを使用すると、管理者が最後に発行して保存した後に作成されたユーザ、およびリソース レベルで通知設定を構成しなかったユーザの通知設定のみが更新されます。 保存は、その通知設定を変更したユーザには適用されません。
以下の手順に従います。
  1. [管理]
    -
    [データ管理]
    -
    [通知]
    をクリックします。
  2. [通知の既定の設定]
    タブで、ビジネスのニーズに合うように設定を変更します。
  3. [発行]
    をクリックして、すべてのユーザに新しい設定を適用します。
  4. [保存]
    をクリックして、管理者が最後に発行または保存した後に作成されたユーザ、および通知設定を更新しなかった既存のユーザに新しい設定を適用します。
  5. 最後に発行または保存したときの設定に戻すには、
    [リセット]
    をクリックします。
管理者が
[発行]
機能を実行した後にユーザが通知設定を変更する場合は、そのユーザ自身の通知設定のみを有効または無効にすることができます。
[ホーム]
-
[アカウント設定]
-
[通知]
の順にクリックします。
通知テンプレートの設定
通知テンプレートには、件名およびメッセージ本文にプレースホルダとして機能するオブジェクト属性タグが含まれます。 通知テンプレートは、アクション アイテム、エスカレーション、プロセスなど、特定の機能領域に対応しています。 アラート、電子メールまたは SMS で受信者へメッセージを送信すると、通知テンプレートのインスタンスが自動的に作成されます。 通知テンプレートが属性タグを含む場合、新しいタグは古いタグを通知インスタンス内の各属性値と置換します。
たとえば、プロジェクト機能エリアで通知テンプレートの件名または説明に、<project.name> と表示されます。 メッセージが送信されると、プレースホルダはプロジェクト名で置き換えられます。
通知テンプレートの件名およびメッセージ本文で、属性タグおよびリンクの追加および削除を行うことにより、通知テンプレートを設定できます。
  • 通知プロパティ ページを使用して、通知テンプレートの件名および本文を編集します。
  • 通知テンプレート ページを使用して、通知テンプレートのリストを表示します。
  • 変更された通知テンプレートは、[変更]列に黄色のチェックマーク アイコン付きでリストに表示されます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]
    -
    [データ管理]
    -
    [通知]
    をクリックします。
    [通知テンプレート]
    ページが表示されます。
  2. フィルタ条件を選択します。
    • 機能エリア
      通知に関連する製品の機能領域を定義します(例えば[タイムシート])。
    • 通知名
      通知テンプレートの一意の名前を定義します。
    • 説明
      通知テンプレートの説明を指定します。
    • 修正済み
      通知テンプレートの内容がテンプレートの既定の設定から変更されているかどうかを示します。
  3. [フィルタ]
    をクリックします。
  4. プロパティを変更するテンプレートの名前をクリックします。
    1. 通知テンプレートの件名と本文を編集できます。
    2. [プレビュー]
      をクリックして、変更済みのテンプレートの外観を確認します。
  5. 保存して戻る
    ]をクリックします。
プロセス通知テンプレートの設定
システム レベル、およびプロセス定義レベルでプロセス通知テンプレートを変更できます。 システム レベルでテンプレートを変更する場合、これらの変更はプロセス定義レベルで対応する通知テンプレートに自動的に適用されます。 変更は、明示的に設定された通知テンプレートには適用されません。 プロセス定義レベルでテンプレートを変更する場合、これらの変更はシステム レベルで通知テンプレートに自動的に適用されます。 また変更は、そのプロセスの対応するすべてのプロセス通知テンプレート インスタンスに適用されます。
XML Open Gateway を使用してプロセス情報をエクスポートする場合、インスタンス レベルでのプロセス テンプレートの変更がプロセス情報と共にエクスポートされることはありません。 プロセス通知の XML ファイル読み取りおよび書き込みを使用して、通知情報を別々にエクスポートおよびインポートします。
通知テンプレート件名への属性変数の追加
[通知の件名]フィールドでは、リソースへの通知の件名に表示される内容を定義します。
以下の手順に従います。
  1. 通知テンプレートを開きます。
  2. [通知の件名]フィールドの隣にある
    [参照]
    アイコンをクリックして、属性変数を追加します。
    [変数選択]ページが表示されます。
  3. 通知テンプレートに追加する属性変数を選択します。
  4. [追加]
    をクリックします。
    選択された属性変数がフィールドのテキストに追記されます。
  5. 変更を保存します。
通知テンプレート本文への属性変数の追加
[通知の本文]フィールドでは、リソースに対する通知の本文で何を表示するかを定義します。
以下の手順に従います。
  1. 通知テンプレートを開きます。
  2. [通知の本文]フィールドの隣にある
    [参照]
    アイコンをクリックして、属性変数を追加します。
    [変数選択]ページが表示されます。
  3. 通知テンプレートに追加する属性変数を選択します。
  4. [追加]
    をクリックします。
    選択された属性変数がフィールドのテキストに追記されます。
  5. [保存]
    をクリックします。
通知テンプレートへのハイパーリンクの追加
リソースに対する通知の本文で表示するハイパーリンクを追加します。
以下の手順に従います。
  1. 通知テンプレートを開きます。
  2. [通知の本文]フィールドの隣にある
    [参照]
    アイコンをクリックします。
    属性変数またはリンクのページが表示されます。
  3. [リンク]
    をクリックします。
  4. 通知テンプレート本文に追加するリンクを選択し、以下のいずれかを実行します。
    • ハイパーリンクとしてこのテキストを表示するために[リンク テキスト]フィールドに既定テキストを残します。
      たとえば、既定では、通知テンプレートの本文に「このアクション アイテムにアクセスするには、
      ここをクリックしてください
      」と表示されます。
    • [リンク テキスト]フィールドをクリアして、ハイパーリンクとして標準的な URL を使用します。
      たとえば、通知テンプレートの本文に「このアクション アイテムにアクセスするには、次をクリックしてください:
      <URL>
      」と表示されます。
    • [リンク テキスト]フィールドから既定テキストをクリアします。 ハイパーリンクとして表示する表示テキストを入力します。
      たとえば、アクション アイテム通知テンプレートの表示テキストとして「サービス ドキュメント」を入力します。 通知テンプレートの本文に、「このアクション アイテムにアクセスするには、
      サービス ドキュメント
      をクリックしてください」というテキストが表示されます。
    ウィンドウが閉じます。 変更は通知テンプレート本文に適用されます。 追加されたハイパーリンクは、既定でフィールドのテキストに追記されます。
  5. [追加]
    をクリックします。
  6. 変更を保存します。
通知テンプレートのプレビュー
リソースが受信する通知テンプレートの外観をプレビューできます。
以下の手順に従います。
  1. 通知テンプレートを開きます。
  2. [プレビュー]
    をクリックします。
  3. プレビュー ウィンドウを閉じます。
プレビューでは、最終的な通知と同じような画面が表示されます。 従来の既定の電子メール通知は、以下のように受信者に表示されます。
image2019-5-31_16-49-20.png
通知テンプレートの既定値の復元
変更された通知テンプレートを既定のシステム値に復元できます。 [通知テンプレート]ページでは、変更された通知テンプレートを[変更]列のチェック マークで示します。
以下の手順に従います。
  1. 通知テンプレートを開きます。
  2. 既定値の復元
    ]をクリックします。
新機能: 独自のブランドを使用した既定の電子メール通知形式の設定
15.6.1 以降のリリースでは、管理者は、ユーザに送信される電子メール通知で、既定の CA Technologies (現在は Broadcom 傘下)のロゴを独自のロゴに置き換えることができます。 追加のフォント スタイルを適用し、カスタムのテキスト ヘッダおよびフッタを挿入することで、エンドユーザは、企業のブランディングとコミュニケーションの標準に合った、よりレスポンシブでモダンなスタイルで今後の通知を受け取ることができます。
管理者は、新しい[通知の形式]ページで設定を調整できます。 設定で定義したカスケーディング スタイル シート(CSS)は、すべての Clarity PPM 電子メール通知のテンプレートに適用されます。
以下の手順に従います。
  1. クラシック PPM のメイン メニューで、
    [管理]
    -
    [データ管理]
    -
    [通知]
    をクリックします。
  2. [通知テンプレート]
    タブで、組織によって認識される機能エリアのテンプレートを設定します。
  3. [通知の既定の設定]
    タブで、少なくとも 1 つの機能エリアの[電子メール]チェック ボックスをオンにします (
    理由
    : この手順で変更方法を説明している電子メール テンプレートの形式は、組織で電子メール通知を使用している場合にのみ適用されます)。
  4. [通知の形式]
    タブで、利用可能な設定を行い、システムの形式を独自のロゴ、テキスト、およびスタイル オプションに置き換えます。
  5. [会社の電子メール ロゴ]
    フィールドで、
    [ファイルの選択]
    をクリックします。
    1. 適切なイメージ ファイルを選択します。
    2. 管理者は後日、どのファイルが選択されており、どのような表示になるかを覚えていないかもしれません。 現在のロゴを表示するには、
      [ダウンロード]
      をクリックします。
    3. カスタム ロゴを削除するには、
      [削除]
      をクリックします。
  6. オプションの
    [メッセージのヘッダ]
    を設定します。
    1. [電子メール ヘッダ]
      フィールドに、カスタム メッセージ(テキストのみ)を入力します。
    2. ヘッダのフォント、サイズ、および太字スタイルのオプションも調整できます。
  7. [メッセージの本文]
    のフォーマットを設定します。
    1. 通知のテキストのフォント、サイズ、および太字スタイルのオプションを調整できます。
    2. 通知内のハイパーリンクのフォント、サイズ、および太字スタイルのオプションを調整できます。
      テキスト
      は、変数データのラベルを表します。 このリリースでは、
      変数
      データでテキストを表示します。 クラシック PPM の
      ハイパーリンク
      スタイルは、よりモダンなルック アンド フィールになりました。 影付きの背景に反転テキストを含めることで、ボタンの外観になります。 これらの概念を把握するには、以下の画像を参照してください。
      notify_format_2.jpg
  8. [メッセージ フッタ]
    を設定します。
    1. [電子メール フッタ]
      フィールドに、カスタム メッセージ(テキストのみ)を入力します。
    2. また、オプションの電子メール フッタ テキストのフォント、サイズ、および太字スタイルのオプションを調整できます。
  9. 完了したら、
    [保存]
    をクリックします。
カスタム通知機能の特徴
以下の画面は、この新機能で提供される重要な機能を示しています。関連する従来の機能も含まれています。
notify_format.jpg
1
ロゴとヘッダ
: 電子メール通知に表示するロゴ ファイルを選択します。 このイメージで、Clarity PPM とビジネス ユーザとの対話のトーンおよびブランディングを設定します。 イメージに関する同じ制約がユーザ アバター写真にも適用されます。 イメージは、電子メール本文の幅に合わせてバナーのように表示されます。 上の画面の例では、縦方向の高さを減らすためにグリーティング(Hi <username>)の左側にロゴ イメージを表示していますが、最終的なレイアウトでは、イメージは常にグリーティングの上に中央揃えで表示されます。 また、オプションのヘッダ メッセージを入力し、そのフォント、サイズ、および太字スタイルを設定できます。
2
メッセージの本文のテキストおよびハイパーリンク
: 通知電子メール メッセージ内のテキストおよびハイパーリンクの既定のフォント、サイズ、および太字スタイルを設定できます。 メッセージの内容は機能エリアによって異なり、変更することもできます。
3
メッセージ フッタ
: オプションのフッタ メッセージを入力し、そのフォント、サイズ、および太字スタイルを設定することもできます。
4
通知プロパティ
: ユーザが受信する電子メール メッセージの内容は機能エリアによって異なり、変更することもできます。 これは新機能ではありません。クラシック PPM では 13. x 以降、設定可能な通知テンプレートが提供されています。 プレビューには、テキストおよび変数データの一般的な配置が表示されます。ただし、新しい形式のスタイル オプションは表示されません。
テスト環境でテスト ユーザ アカウントを使用し、サポートされているさまざまなブラウザ、Web およびデスクトップの電子メール クライアント アプリケーション、オペレーティング システムで新しい通知形式の設定をテストした後に、本番環境に導入します。
カスタム通知の制限事項
  • 既定の通知形式にリセットする復元オプションはありません。
  • ヘッダの Clarity PPM と、フッタの Broadcom 著作権テキストの外観は固定されており、変更できません。
  • 通知の形式は電子メール通知でのみ使用されます。