ライセンス タイプ別ユーザ数の表示

ccppmop1561
Clarity PPM
では、製品機能の使用量を表すために名前付きユーザのそれぞれにライセンス タイプが割り当てられます。 アクセス権は、各ユーザに割り当てられるライセンス タイプを決定します。 管理者はユーザにライセンス タイプを割り当てません。 代わりに、名前付きユーザのそれぞれにアクセス権を割り当てます。それらの権限により、ユーザに適用されるライセンスが決まります。
管理者は、インスタンス、グループ、OBS、またはグローバル レベルでユーザに割り当てることができる権限を高度に制御できます。 また、アプリケーションでは、ユーザによる実行が許可されたアクションに基づき、ユーザに権限を自動的に割り当てることができます。 たとえば、ユーザにプロジェクトの
作成
権限を与えた場合、後でそのプロジェクトの
表示
権限をユーザが必要とする可能性があります。 英語版のドキュメントの「
CA PPM アクセス権リファレンス」を参照してください。
[ライセンス情報]ページを使用して、ライセンス タイプおよび各ライセンスに割り当てられているユーザの数などのライセンス情報を表示できます。 また、
Clarity PPM
によって生成されるテレメトリ データを表示することもできます。
アプリケーションでは、1 人のユーザを 1 つのライセンス タイプにのみ関連付けることができます。 管理者は、ユーザのアクセス権を調整して各ライセンス タイプの合計数を変更できます。
ライセンス タイプ
アプリケーションにより、ユーザのアクセス権が確認されて、名前付きユーザのそれぞれが以下のいずれかのライセンス タイプに分類されます。
  • 完全:
    すべての機能とライセンスされたオプションを完全に使用できます。 このユーザは一般的に、アプリケーションの設定を行い、プロジェクトなどのオブジェクト インスタンスを作成できます。 ポートフォリオ、プロジェクト、およびリソースを管理できます。
  • 制約付き:
    機能が制限されています。 このユーザは一般的に、時間を入力し、タスクを更新し、情報を参照します。
  • 表示のみ:
    情報を無制限に表示できる可能性がありますが、通常は表示に制限があります。
  • その他:
    このライセンス タイプは、製品に固有ではないその他のライセンスとユーザを関連付けるために使用されます。
ユーザのアクセス権が複数のライセンス タイプにマップされる場合、最上位のライセンス タイプが優先されます。 たとえば、あるユーザに[
プロジェクト - 割り当てられたタスクの編集
]権限(通常は
制約付き
ライセンスとしてカウント)があります。 また、この同じユーザに[
プロジェクト - 作成
]権限(
完全
なライセンス タイプ)があります。 アプリケーションにより、このユーザは
完全
ライセンス タイプの数に含められます。
ライセンス情報の表示
[ライセンス情報]を表示して、組織が現在の
Clarity PPM
ライセンス契約を遵守していることを確認します。 以下の目的を実現するには、ライセンス情報を使用します。
  • ライセンス タイプ、および各ライセンスに割り当てられたユーザの数を表示します。
  • 新しいライセンスが必要かどうかを決定します。
  • あるライセンス タイプが他のもの以上に使用される理由を分析するために、あるライセンス タイプを消費するユーザのタイプを識別します。
以下のポートレットからライセンス情報を表示できます。
  • ライセンス タイプ別のユーザ数
    特定のライセンス タイプに対するライセンス ユーザ数をリスト表示します。
  • ライセンス タイプ別の権限
    各ユーザへの各ライセンス タイプに割り当てられたすべてのアクセス権をリスト表示します。 また、[ユーザ別の権限]ポートレットで特定のユーザを確認し、完全ライセンス数を押し上げている原因を特定することもできます。
  • ライセンス タイプ別のユーザ リスト
    特定のライセンス タイプに対するユーザおよびそれらの詳細をリスト表示します。 [ライセンス タイプ別のユーザ リスト]ポートレットを確認し、ライセンス タイプを誤って関連付けているユーザがいないかどうかを確認します。
  • ユーザ別の権限
    ユーザに関連付けられた各ライセンス タイプのすべての権限をリスト表示します。
ライセンス情報には、非アクティブのユーザやロックされたロックされたユーザは含まれていません。
[ライセンス タイプ別のユーザ リスト]および[ユーザ別の権限]ポートレットは、[ライセンス情報]ページのデフォルト ビューでは使用できません。 これらのポートレットをページに追加する必要があります。
Clarity PPM
を同じインスタンス上に別の CA 製品と共にインストールすることができます。 複数製品環境では、ライセンス ポートレットに 4 つのライセンス タイプ(完全、制約付き、表示のみ、その他)が表示されます。 このライセンス タイプはライセンス階層内で最も高く位置づけられます。
ライセンス タイプ別のユーザ数を表示
[ライセンス情報]ポートレットから、ライセンスされたユーザの数およびそれらのユーザのライセンス タイプを表示できます。
以下の手順に従います。
  1. [コントロール]を開き、[組織とアクセス]から[ライセンス情報]をクリックします。
    [ライセンス情報]ページが表示されます。
  2. 各ライセンス タイプのユーザ数を取得するために、[ライセンス タイプ別のユーザ数]ポートレットを確認します。
  3. ライセンス タイプに割り当てられたリソースのリストを表示するために、各ライセンス タイプをクリックします。
    [ライセンス タイプ別のユーザ リスト]ポートレットに、各リソースとそのライセンス、およびリソースの前回ログイン時間が表示されます。
  4. そのユーザに割り当てられたアクセス権のリストを表示するために、各ユーザをクリックします。
    [ユーザ別の権限]ポートレットに、そのユーザに関連付けられたすべての権限とライセンス タイプが表示されます。 アクセス権のリストには、グループと OBS を通してユーザに直接付与された権限が含まれます。
ライセンス タイプ別にアクセス権を表示
[ライセンス タイプ別の権限]ポートレットから、各ライセンス タイプに割り当てられたアクセス権を表示できます。 エンド ユーザにアクセス権を付与する際に、このリストを参照することができます。
以下の手順に従います。
  1. [コントロール]を開き、[組織とアクセス]から[ライセンス情報]を開きます。
    [ライセンス情報]ページが表示されます。
  2. [ライセンス タイプ別の権限]ポートレットで、各ライセンス タイプに割り当てられたアクセス権を表示します。 関連する権限を表示するために、アクセス権リストを各ライセンス タイプによって並べ替えます。
  3. 必要に応じて、[Excel にエクスポート]アイコンをクリックして結果を Excel スプレッドシートにエクスポートします。
ライセンス タイプ別のユーザ リストの表示
[View User List by License Type (ライセンス タイプ別のユーザ リストの表示)]ポートレットを使用して、ライセンス タイプを誤って関連付けているユーザがいないかどうかを確認できます。 このポートレットは、[ライセンス情報]ページのデフォルト ビューでは使用できません。
以下の手順に従います。
  1. 管理者としてクラシック
    Clarity PPM
    にログインします。
  2. [管理者]
    -
    [ポートレットページ]
    を選択します。
  3. [ライセンス情報]
    ページをフィルタして検索します。
  4. [ライセンス情報]
    ページをクリックして開きます。
  5. [コンテンツ]
    タブを選択します。
  6. [追加]
    ボタンをクリックして、新しいコンテンツをページに追加します。
  7. タイトル ページで、追加するポートレットの名前を入力します。
  8. ポートレットを選択し、
    [追加]
    ボタンをクリックして追加します。
    [追加してさらに選択]ボタンを使用して、複数のポートレットをページに追加できます。
  9. [保存]
    ボタンをクリックして、変更を確定します。
  10. [管理]
    を開き、
    [組織とアクセス]
    から
    [ライセンス情報]
    をクリックします。
    [ライセンス情報]ページが表示されます。
  11. ポートレットに表示される情報を確認します。
  12. [オプション]
    をクリックし、エクスポート オプションを使用して、このポートレットのデータをエクスポートします。
    同じ手順を実行して、[ライセンス情報]ページに[ユーザ別の権限]ポートレットを追加し、ポートレット内の情報を確認することができます。
テレメトリ データの表示
テレメトリは、アクティブ ユーザ数および最小限の基本的な顧客サイト情報を収集するために
Clarity PPM
に統合される機能です。 使用状況やその他の設定データは収集されません。 [テレメトリ データのエクスポート]ポートレットを使用すると、
Clarity PPM
に保存されているすべてのテレメトリ データを表示およびエクスポートできるため、必要に応じて、このデータを使用したり、CA Technologies と共有したりできます。
テレメトリの詳細については、「一般的なシステム環境の設定」を参照してください。
[テレメトリ データのエクスポート]ポートレットには、以下の値が含まれます。
名前
説明
Source
コレクション日
テレメトリ データが収集される日付を指定します
Clarity PPM
によって生成
サイト ID
CA サポート ポータルに表示されている組織のサイト ID を指定します
システム オプションで顧客により設定されたとおり
製品バージョン
組織に実装された
Clarity PPM
のバージョン番号を指定します
Clarity PPM
によって生成
製品 SKU
Clarity PPM
のストック キーピング ユニット(SKU)を指定します
Clarity PPM
によって生成
月次使用率
完全機能アクセス権、制約付き機能アクセス権、表示機能アクセス権がある Clarity PPM のアクティブ ユーザの数を指定します
Clarity PPM
によって生成
PLA 有効
組織がサブスクリプション ポートフォリオ使用許諾契約に同意するかどうかを指定します
システム オプションで顧客により設定されたとおり
インスタンス ID
開発、研修、ビジネス ユニットなど、インストール インスタンスのタイプを指定します。
Clarity PPM
によって生成
ドメイン ID
Clarity PPM
へのアクセスに使用されるプライマリ アプリケーション サービスの HTTP/HTTPs URL を指定します
Clarity PPM
によって生成
チャージバック ID
企業内での
Clarity PPM
の使用状況に対する支払いに関連付けられた部門の名前またはチャージバック ID を指定します
システム オプションで顧客により設定されたとおり
SKU の説明
Clarity PPM
の SKU の説明を指定します
Clarity PPM
によって生成
以下の手順に従います。
  1. [管理]
    -
    [組織とアクセス]
    -
    [ライセンス情報]
    をクリックします。
    [ライセンス情報]ページが表示されます。
  2. ポートレットの情報を確認します。
  3. [オプション]
    をクリックし、エクスポート オプションを使用して、このポートレットのデータをエクスポートします。
    Telemetry Download_New.jpg
[テレメトリ データのエクスポート]ポートレットは設定できません。
コア製品のライセンス機能
以下の主要機能は、コア製品のライセンスで利用可能です。
  • 拡張アーンド バリュー管理
  • Jaspersoft での拡張レポート
  • アプリケーション ポートフォリオ管理
  • アセット ポートフォリオ管理
  • コラボレーション
  • 設定と管理
  • 需要管理
  • ドキュメントの管理
  • アイデアおよびインシデントのサブミット
  • 発案から製品化までの管理
  • XML Open Gateway の統合
  • Microsoft Project と Open Workbench との統合
  • Microsoft SharePoint との統合
  • IT 会計管理
  • IT サービス ポートフォリオ管理
  • PMBOK ベスト プラクティス コンテンツ
  • PMO ベスト プラクティス コンテンツ
  • PRINCE2 ベスト プラクティス コンテンツ
  • プロセスとワークフロー
  • 製品ポートフォリオ管理
  • プログラム管理
  • プロジェクト会計管理
  • プロジェクト管理
  • プロジェクト ポートフォリオ管理
  • 要件計画
  • リソース管理
  • 指定ユーザの無制限の表示アクセス
ユーザのステータス
ユーザは指定で、非同時です。
アクティブなユーザ
だけがカウントされます。 ライセンス遵守のために、ユーザは以下の表に示すようにステータス別にカウントされます。
ステータス
説明
アクティブ
ユーザは、製品にログインでき、ライセンスされたユーザとして
カウントされます
ロック済み
ユーザは、製品にログインできず、ライセンスされたユーザとしてカウント
されません
。 ロックされたユーザはシステムでリソースとして作成されますが、ログインすることはできません。
非アクティブ
ユーザは、製品にログインできず、ライセンスされたユーザとしてカウント
されません
。 非アクティブ ユーザはプロジェクトに割り当てることができず、ログインもできません。
ユーザ ライセンス タイプ別の機能
以下の表は、主要な機能と、許可されたユーザ ライセンス タイプを示しています。 この表を使用すると、ユーザ ライセンスが「完全」、「制約付き」、「表示のみ」のどれであるかを特定できます。
Studio へのすべての参照は、
Clarity PPM
Studio に関連付けられます。Jaspersoft Studio や、名前に「Studio」が使用されているその他の製品には関連付けられません。
製品機能
完全
制約付き
表示のみ
IT ポートフォリオ管理:
(サービス、資産、アプリケーションに対するポートフォリオ管理機能を含む):
IT サービスの階層の確立
はい
いいえ
いいえ
労働およびコストの統計を表示
はい
はい
はい
部門レベルの業務、予算、コスト回収、ポートフォリオ、キャパシティ計画、サービスの説明および提供を把握するための階層の作成
はい
いいえ
いいえ
サービスの表示、部門の表示、サービスへの加入
はい
いいえ
いいえ
複数のポートフォリオ(アプリケーション、製品、資産、サービス)の作成
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ分析基準の作成および編集
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ スコアカードの表示
はい
はい
はい
ポートフォリオ分析の実施
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ計画の作成および管理
はい
いいえ
いいえ
キャパシティ計画によるポートフォリオ計画の実行
はい
いいえ
いいえ
ワークフローを通じたポートフォリオの意思決定の通知
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートフォリオ フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートフォリオ ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
IT 会計管理
完全
制約付き
表示のみ
会計計画
単純予算
を使用した予算と予測のセットアップおよび表示
はい
いいえ
いいえ
コスト計画を使用した詳細な予測の定義
はい
いいえ
いいえ
What-if 分析の実施
はい
いいえ
いいえ
コスト タイプ別のプランと予算の作成および変更が可能
はい
いいえ
いいえ
コスト タイプ別にプランと予算を表示する機能
はい
はい
はい
チャージバックの割り当て
サービスごとの IT コストのサブスクライバへのチャージバック
はい
いいえ
いいえ
チャージバック、デビット トランザクション、会計クレジットの生成に使用されるルールのシステムの定義
はい
いいえ
いいえ
顧客請求書プレビューと拡張可能な行アイテムの表示(請求の累積)
はい
はい
はい
指定の顧客に提供されたサービスに対して発生したコストとチャージバック コストの対比
コスト回収ステートメントの参照
はい
はい
はい
コストを
間接費
およびチャージバックへ適宜割り当て
はい
いいえ
いいえ
過去のチャージバックの割り当て(一部または全体)の相殺
はい
いいえ
いいえ
選択した会計期間へのチャージバックの割り当てまたは複数の期間にわたる割り当ての分割
はい
いいえ
いいえ
コストとレートの管理
投資、部門、プロジェクト、またはクライアント別の複数のレート ルールの作成
はい
いいえ
いいえ
指定したパーセンテージでのコストのマークアップ
はい
いいえ
いいえ
内部チャージバック
内部請求書の作成
はい
いいえ
いいえ
見積請求書のレビュー
はい
いいえ
いいえ
プロジェクト ポートフォリオ管理
(プロジェクトおよびプログラムに対するポートフォリオ管理機能、その他業務を含む):
完全
制約付き
表示のみ
ポートフォリオ分析基準の作成および編集
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ スコアカードの表示
はい
はい
はい
ポートフォリオ分析の実施
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ シナリオの作成および管理
はい
いいえ
いいえ
キャパシティ計画によるポートフォリオ シナリオの実行
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオ計画の比較
はい
はい
はい
ポートフォリオのターゲット データの編集
はい
いいえ
いいえ
ポートフォリオのターゲット データの表示
はい
はい
はい
ウォーターライン形式でのポートフォリオ データの表示
はい
はい
はい
ウォーターライン ビューの設定
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートフォリオ フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートフォリオ ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
製品ポートフォリオ管理
(製品に対するポートフォリオ管理機能を含む):
完全
制約付き
表示のみ
製品ポートフォリオ分析基準の作成および編集
はい
いいえ
いいえ
製品ポートフォリオ スコアカードの表示
はい
はい
はい
製品ポートフォリオ分析の実施
はい
いいえ
いいえ
製品ポートフォリオ計画の作成および管理。
はい
いいえ
いいえ
キャパシティ計画による製品ポートフォリオ計画の実行。
はい
いいえ
いいえ
ワークフローを通じた製品ポートフォリオの意思決定の通知
はい
いいえ
いいえ
Studio での製品ポートフォリオ フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio での製品ポートフォリオ ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
発案から製品化までの管理
ステージ レビュー
はい
いいえ
いいえ
ゲート レビュー
はい
いいえ
いいえ
ゲート スコアリング
はい
いいえ
いいえ
要件計画
要件の作成および編集。
はい
いいえ
いいえ
リリースの作成および編集。
はい
いいえ
いいえ
リリース計画の作成および編集。
はい
いいえ
いいえ
要件、リリース、リリース計画の表示
はい
はい
はい
プロジェクト管理
(プロジェクト、プログラム、および時間トラッキングに対する計画および管理の機能を含む):
完全
制約付き
表示のみ
プロジェクト管理
プロジェクトおよび WBS の作成
はい
いいえ
いいえ
事前定義済みテンプレートからのプロジェクトおよび WBS の作成
はい
いいえ
いいえ
既存プロジェクトへのタスクまたはサブタスクの追加(
新ユーザ エクスペリエンス
のみ)
はい
はい
いいえ
タスク、会話、および To Do アイテムの作成および更新(
新ユーザ エクスペリエンス
のみ)
はい
はい
いいえ
プロジェクト詳細およびステータス レポートの作成と更新(
新ユーザ エクスペリエンス
のみ)
はい
いいえ
いいえ
タイムシートを通じて未計画タスクをプロジェクトに追加
はい
はい
いいえ
プロジェクト用ガイドラインへのアクセス
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトのプロファイル作成
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトに対する時間の入力(Web またはモバイル)
はい
はい
いいえ
タイムシートの承認(Web またはモバイル)
はい
はい
いいえ
すべてのタイムシートの承認(Web またはモバイル)
はい
いいえ
いいえ
主要なプロジェクト ステータス、タスク、マイルス トーン、WBS、リソースの表示
はい
はい
はい
タスク ステータスの更新と成果物の完成
はい
はい
いいえ
Schedule Connect を使用した Open Workbench での計画の作成および編集
はい
いいえ
いいえ
Schedule Connect を使用した Microsoft Project での計画の作成および編集
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトのベースライン作成
はい
いいえ
いいえ
プロセス マネージャでのプロジェクトのワークフローとプロセスの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio での新しいプロジェクト フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio での新しいプロジェクト管理ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
非プロジェクト投資に対する時間の把握
はい
はい
いいえ
リソース管理
リソース ロールの特定
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトに割り当てるリソース(スタッフ)の検索
はい
いいえ
いいえ
リソースの検索の保存
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトへのリソースの割り当て
はい
いいえ
いいえ
リソース利用可能時間カレンダの管理
はい
はい
いいえ
方法論の作成
プロジェクト テンプレートの作成
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトを作成するためのプロジェクト テンプレートの活用
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトのプロファイル用フォームの開発
はい
いいえ
いいえ
競合するタスクおよび成果物に対するガイドラインの作成
はい
いいえ
いいえ
プログラム管理
プログラムの作成および管理
はい
いいえ
いいえ
プログラムの表示
はい
はい
はい
カスタム投資(
新ユーザ エクスペリエンス
カスタム投資の作成および管理
はい
いいえ
いいえ
カスタム投資の表示
はい
はい
はい
管理と設定
新ユーザ エクスペリエンス
プロジェクト ブループリントの作成、設定、および表示
はい
いいえ
いいえ
プロジェクト チームの構成
はい
いいえ
いいえ
ロードマップ(
新ユーザ エクスペリエンス
ロードマップ、ロードマップ アイテム、シナリオ、およびビューの作成、インポート、および管理
はい
いいえ
いいえ
ロードマップの表示
はい
はい
はい
リスク、問題と変更管理
リスク、問題、変更依頼の作成
はい
はい
いいえ
リスク、問題、変更依頼の表示
はい
はい
はい
リスクを問題へ、問題を変更依頼へ進める
はい
いいえ
いいえ
予算編成、予測、実績値
単純予算を使用して期間ごとの予算および予測を作成します。
はい
いいえ
いいえ
ロールを使用したスタッフ計画からの読み込みオプションを伴う、ロール別の詳細なコスト計画の作成
予算の承認、および利益計画の再確認
はい
いいえ
いいえ
ロールに基づく既定のレート マトリクスを使用した予算および予測に対するコストの計算
はい
いいえ
いいえ
リソース管理
リソース ダッシュボードとポートレットの表示
はい
はい
はい
リソース レポートの表示
はい
はい
はい
Studio での新しいリソース フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio での新しいリソース ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
キャパシティ計画
what-if シナリオの作成および表示
はい
いいえ
いいえ
需要に対するキャパシティの評価
はい
いいえ
いいえ
リソースの供給と需要の管理
はい
いいえ
いいえ
スキル管理
スキル データベースの作成
はい
いいえ
いいえ
すべてのリソースのスキルの管理
はい
いいえ
いいえ
独自のスキルの管理
はい
はい
いいえ
スキルによるリソースの検索
はい
いいえ
いいえ
リソース要求
リソース要求の作成
はい
いいえ
いいえ
リソース要求の対応
はい
いいえ
いいえ
プロセス マネージャでのリソース要求プロセスの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio での新しいリソース要求フォーム フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
プロジェクト会計管理
完全
制約付き
表示のみ
プロジェクト会計管理
タイプ別の使用可能プランとコスト計画を使用した詳細な予算および予測の定義;
予算の承認とリビジョンの設定; 利益計画の設定。
はい
いいえ
いいえ
プロジェクトの実コストのトラッキング
はい
いいえ
いいえ
リソースのコストとレート マトリクスの管理
はい
いいえ
いいえ
会計組織ブレークダウン ストラクチャの管理
はい
いいえ
いいえ
複数の通貨と変換の設定
はい
いいえ
いいえ
プロジェクト コスト会計レポートの表示
はい
はい
はい
プロジェクト チャージバック配置
チャージバック アカウントの作成
はい
いいえ
いいえ
チャージバック配置レートの割り当て
はい
いいえ
いいえ
チャージバックの生成
はい
いいえ
いいえ
チャージバックの相殺
はい
いいえ
いいえ
監査記録の管理と確認
はい
いいえ
いいえ
需要管理
完全
制約付き
表示のみ
アイデアの作成と管理
新しいアイデアの入力
いいえ
いいえ
はい
提出されたアイデアのステータスの表示
いいえ
いいえ
はい
アイデアのレビューと承認のプロセスのセットアップ
いいえ
いいえ
はい
提出されたアイデアの承認または拒否
はい
いいえ
いいえ
アイデア オブジェクトに定義されているプロセスによって送信されたアクション アイテムの受信および応答
はい
はい
はい
Studio でのアイデア フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio でのアイデア ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
アイデアをプロジェクトに変換
はい
いいえ
いいえ
アイデアに対する時間のトラッキング
はい
はい
いいえ
アイデアの予算の入力
はい
はい
はい
インシデント管理
新しいインシデントの入力
いいえ
はい
はい
提出されたインシデントのステータスの表示
いいえ
はい
はい
インシデント オブジェクトに定義されているプロセスによって送信されたアクション アイテムの受信および応答
はい
はい
はい
インシデント統計の表示
はい
はい
はい
リソースへのインシデントの割り当て
はい
いいえ
いいえ
インシデント ステータスの更新
はい
はい
はい
インシデントに対する時間の記録
はい
はい
いいえ
プロセス マネージャでのインシデントのワークフローとプロセスの設定
はい
いいえ
いいえ
Studio でのインシデント フィールドの作成
はい
いいえ
いいえ
Studio でのインシデント ポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
プロセス管理(ワークフローおよびプロセス)
通知の受信
はい
はい
はい
アクション アイテムの受信および応答
はい
はい
いいえ
プロセス ワークフローの作成と編集
はい
いいえ
いいえ
フェーズ ゲート プロセスの設定と展開
はい
いいえ
いいえ
グラフィカル ワークフロー ステータスの表示
はい
はい
はい
プロセス インスタンスの管理とメトリックのトラッキング
はい
いいえ
いいえ
取得バリュー管理
契約 WBS 管理
いいえ
いいえ
いいえ
契約および代理店の作成
はい
いいえ
いいえ
CWBS 階層の定義
はい
いいえ
いいえ
概要レベル計画パッケージの作成
はい
いいえ
いいえ
統制アカウントの作成
はい
いいえ
いいえ
ワーク パッケージの作成
はい
いいえ
いいえ
作業パッケージのプロジェクトまたはプロジェクト タスクへのリンク
はい
いいえ
いいえ
契約のベースライン化
はい
いいえ
いいえ
CWBS 辞書の作成
はい
いいえ
いいえ
契約価格コストの表示
はい
はい
はい
契約、CWBS、統制アカウント ダッシュボードの表示
はい
はい
はい
契約のアーンド バリュー合計の更新
はい
はい
いいえ
契約のアーンド バリュー履歴の更新
はい
いいえ
いいえ
契約の CPR データの生成
はい
いいえ
いいえ
CPR レポートの表示(形式 1-5)
はい
はい
はい
CWBS 辞書レポートの表示
はい
はい
はい
CWBS インデックス レポートの表示
はい
はい
はい
責任割り当てマトリクス レポートの表示
はい
はい
はい
負担マトリクス
負担クラスの定義
はい
いいえ
いいえ
無制限の負担レベルでの負担マトリクスの定義
はい
いいえ
いいえ
負担エスカレーション テーブル
はい
いいえ
いいえ
負担マトリクスとプロジェクトの関連付け
はい
いいえ
いいえ
Clarity PPM
Studio を使用して設定
完全
制約付き
表示のみ
PowerMods でのオブジェクトの管理、カスタム フィールドの追加
はい
いいえ
いいえ
グラフ、チャート、グリッド、テーブル、カスタム HTML を含むポートレットの作成
はい
いいえ
いいえ
カスタム ページおよびダッシュボードの構築
はい
いいえ
いいえ
メニュー項目の設定
はい
いいえ
いいえ
アプリケーションのルック アンド フィールの変更
はい
いいえ
いいえ
システム パーティションによるローカル設定の作成と管理
はい
いいえ
いいえ
ユーザ定義オブジェクトの構築(
新ユーザ エクスペリエンス
で利用されるカスタム投資タイプを含む)
はい
いいえ
いいえ
エンド ユーザの作成または新規カスタム オブジェクトの編集
はい
いいえ
いいえ
エンド ユーザによるカスタム オブジェクトの表示
はい
はい
はい
コンテンツ パッケージの管理
はい
いいえ
いいえ
デスクトップ スケジューリング ツールとの統合
デスクトップ スケジューリングのための Open Workbench へのアクセス
はい
いいえ
いいえ
デスクトップ スケジューリングのための Microsoft Project へのアクセス
はい
いいえ
いいえ
コラボレーション
ドキュメント管理の使用
はい
はい
いいえ
カレンダ内のイベントおよび TO DO 項目の管理
はい
はい
いいえ
スレッド式ディスカッションのトピックの作成
はい
いいえ
いいえ
スレッド式ディスカッションへの参加
はい
はい
いいえ
ワークフロー プロセスへの参加
はい
はい
いいえ
プロセス マネージャを使用したプロセスおよびワークフローの作成と編集
はい
いいえ
いいえ
アクション アイテムの受信および応答
はい
はい
いいえ
ドキュメントおよびディスカッションの検索
はい
はい
いいえ
通知の受信
はい
はい
はい
Clarity PPM
でのプロジェクト ドキュメントの表示
はい
はい
はい
SharePoint でのプロジェクト ドキュメントの表示
はい
はい
はい
Jaspersoft での拡張レポート
完全
制約付き
表示のみ
レポートの実行
いいえ
いいえ
はい
レポート出力の表示
いいえ
いいえ
はい
レポート リポジトリへのアクセス
いいえ
いいえ
はい
アドホック ビューおよびダッシュボードの作成と更新
いいえ
はい
いいえ
Jaspersoft Studio によるカスタム レポートの作成
はい
いいえ
いいえ
ドメインの作成および更新
はい
いいえ
いいえ
データ ソースの作成
はい
いいえ
いいえ
拡張レポートの管理
はい
いいえ
いいえ
ベスト プラクティス アクセラレータ
完全
制約付き
表示のみ
PMO アクセラレータ
ベスト プラクティスのコンテンツのロード
はい
いいえ
いいえ
ポートレット、ダッシュボード、プロセスの有効化
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートレットおよびダッシュボードの変更
はい
いいえ
いいえ
ワークフローとプロセスの変更
はい
いいえ
いいえ
ポートレットとダッシュボードの表示
はい
はい
はい
PRINCE2 アクセラレータ
ベスト プラクティスのコンテンツのロード
はい
いいえ
いいえ
ポートレット、ダッシュボード、プロセスの有効化
はい
いいえ
いいえ
Studio でのポートレットおよびダッシュボードの変更
はい
いいえ
いいえ
ワークフローとプロセスの変更
はい
いいえ
いいえ
PRINCE2 サブオブジェクトの表示と編集
はい
はい
いいえ
PRINCE2 ポートレットとダッシュボードの表示
はい
はい
はい
統合の作成および実行
完全
制約付き
表示のみ
XML オープン ゲートウェイ(XOG)
XOG プロセスの実行
はい
いいえ
いいえ
GEL スクリプトの作成、編集、管理
はい
いいえ
いいえ
システム管理
組織ブレークダウン ストラクチャ(OBS)の作成と管理
はい
いいえ
いいえ
ユーザおよびグループの管理
はい
いいえ
いいえ
セキュリティおよび権限の管理
はい
いいえ
いいえ
会計と時間のレポート期間の設定
はい
いいえ
いいえ
GLアカウントと請求コードの設定
はい
いいえ
いいえ
データマートの設定
はい
いいえ
いいえ
レポートとジョブのスケジューリング
はい
いいえ
いいえ