会計の既定値、請求コード、ベンダー、および WIP の設定

ccppmop1561
会計マネージャは、必要な既定の会計データを作成します。 これらの既定値は、投資マネージャおよびその他のビスネス ユーザが会計管理タスクを実行できるようにします。 投資マネージャは、コストを追跡しそれらに対する会計トランザクションを処理することにより、投資を計画することができます。 実際の会計データに基づいて、投資の会計判断を行うことができます。
2
例: 会計データを作成して会計トランザクションと計画投資コストを処理する
会計マネージャは、新しい人事(HR)アップグレード プロジェクトの会計を監督します。 イニシアチブには、組織内のさまざまな投資マネージャに割り当てられる複数の投資が含まれます。 投資マネージャが全体的イニシアチブに対する個別の投資コストおよびプロセス トランザクションを追跡できるようにします。 会計マネージャは、以下の会計データを作成します。
  • ハードウェアおよび資材を追跡するベンダー V1 および V2。
  • 会計的に有効にされた会社プロフィール。
  • 会計的に有効な投資、リソース、およびロール。
  • 常勤リソースのレートを契約リソースと区別する入力タイプ コード。
  • 標準勤務のコストを間接費と区別する請求コード。
前提条件の確認
必要な会計データを作成する前に、以下の会計管理概念を理解していることを確認します。
  • コスト計画と実績値、会計カレンダ サイクル、会計期間、および組織内でそれらを定義する方法。
  • 任意のタイプの設定に対する目的の結果。 設定されたデータを使用してインスタンス データの作成を開始すると、設定の変更はできなくなります。 会計期間または部門、場所の組織ブレークダウン ストラクチャ(OBS)を削除することはできません。 また、アプリケーションが使用する会計分類も削除することはできません。
  • エンティティ、場所、および部門の OBS ユニットを使用して、組織構造をセットアップする方法。 組織は重要です。アプリケーションを使用する場合またはレポートを生成する場合、情報は目的の結果に基づいて集まるからです。
  • 設定、分類、および定義は、サードパーティの統合およびチャージバックの処理へのデータ フローにどのように影響するか。
  • ユーザのデータが、アプリケーションのプロジェクト側と会計側のコスト/レートの計算にどのように影響するか。 たとえば、作業進行中(WIP)にポストされたトランザクションなどです。
以下の会計項目が設定されていることを確認します。
  • 場所および部門の OBS および OBS ユニット
  • エンティティ
  • 会計クラス
  • コスト/レート マトリクス
  • 通貨
  • 投資(プロジェクト、アプリケーション、資産など)
  • リソースとロール
ベンダーの追加
製品またはサービスの特定のサプライヤからの購入を容易に追跡できるように、ベンダーを定義できます。 たとえば、資材、経費、および備品のトランザクションを入力する際に、ベンダーを使用できます。 ベンダー エントリは、投資に対してなされる購入の場所を追跡するのに役立ちます。 ベンダーの他の用途には以下のようなものが含まれます。
  • 伝票ヘッダ
  • リソースと会社のプロパティ
  • 会計データをエクスポートするサードパーティ統合
以下の手順に従います。
  1. [管理]を開き、[会計]から[セットアップ]をクリックします。
    会計組織構造が表示されます。
  2. [ベンダー]をクリックします。
  3. [新規]をクリックします。
  4. 要求された情報を指定します。
  5. [保存]をクリックします。
会社プロファイルの作成
データを分類できるように、サード パーティの請求システムとの統合時に、投資と関連付ける会社プロファイルを作成できます。 会社プロフィールをアクティブにし、会計的に有効にすることで、それらに対する会計トランザクションを処理し、それらのコストが投資に及ぼす影響を判断します。
請求先住所をセットアップする前に、会社の会計プロパティを定義します。 1 つの会社に複数の請求先住所を設定できます。 既定では会社名と ID を使用して、プレースホルダ請求先住所プロファイルが作成されます。 プロファイルを編集して、請求先住所の情報を入力することができます。
会社に対して[会計の場所]と[会計部門]を選択すると、自動的に[WIP クラス]、[投資クラス]、および[会社クラス]に既定値が入力されます。 場所および部門の OBS に関連付けられたエンティティにこれらの値を指定した場合にのみ、既定値が入力されます。
以下の手順に従います。
  1. [ホーム]を開き、[会計管理]から[会社情報]をクリックします。
  2. [新規]をクリックします。
  3. 要求された情報を指定します。
  4. [保存]をクリックします。
  5. [プロパティ]メニューを開き、[会計]をクリックします。
  6. 要求された情報を指定します。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • 会計のステータス
      会社のプロファイルのステータスを示します。
      • アクティブ: 会社用に会計的に有効な投資を作成できます。
      • 非アクティブ: 会社用に会計的に有効な投資は作成できません。
      • 新規ビジネスなし: 会計的に有効な投資は現在、会社に対して存在します。しかし、追加の投資は作成できません。
    • 会計の場所
      会計トランザクションの処理に対して使用される会社の会計場所を定義します。
    • 会計部門
      会社の所有権が割り当てられる部門を定義します。 このフィールドの既定値は、会社の[会計の場所]の値に基づいています。 ユーザがこの値を変更すると、場所の値も変化する可能性があります。
    • WIP クラス
      会社の会計トランザクション カテゴリを示す進行中の作業(WIP)クラスを定義します。
    • 投資クラス
      この会社が割り当てられる投資クラスを定義します。 値は会社関連の投資を分類するために使用されます。
    • 会社クラス
      この会社が割り当てられる会社クラスを定義します。 値は組織内の会社を説明するために使用されます。
    • オープン日
      会社が会計的に有効になった発効日を定義します。
  7. 変更を保存します。
  8. [請求先住所]をクリックし、請求先情報を指定します。
  9. (オプション)[プロパティ]メニューを開き、[補足]をクリックします。
    補足の会社プロパティが表示されます。
  10. 要求された情報を指定します。 会社の Web アドレス、標準のチッカー記号、およびアカウント マネージャを入力することができます。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • 外部 ID
      会社の外部 ID を定義します。 この ID は、会社のシステム ID に関連した ID にすることができます。
    • 評価
      会社に対して使用する評価を定義します。
      : 高、中、低
    • SIC コード
      会社の SIC (Standard Industrial Classification)コードを定義します。
    • 会社が親会社または関連会社の 1 つの課になっている場合は、その課を定義します。
    • 業種
      会社に関連付ける業種を定義します。
      : コンシューマ製品、教育、会計、政府、ヘルス ケア、製造、その他、その他のサービス、テクノロジ
    • 所有権
      会社の所有権のタイプを定義します。
      : 株式会社、合名会社、有限会社、限定所有、個人企業
    • チッカー記号
      証券取引所で会社が使用する記号を定義します。
    • 紹介元
      会社を紹介した人の名前および連絡先情報を定義します。
  11. 変更を保存します。
入力タイプ コードの作成
以下の会計目標を達成するには、入力タイプ コードを作成します。
  • レポートの目的で投資に割り当てられたリソースを分類します。
  • トランザクションが請求可能かどうかをコントロールします。
  • リソースが実行する作業のタイプで基づくコストおよびレートを区別します。 たとえば、WIP にポストされた詳細な会計トランザクションで、標準勤務および超過勤務に異なるレートを適用します。
以下の手順に従います。
  1. [コントロール]を開き、[プロジェクト管理]から、[入力タイプ コード]をクリックします。
  2. [新規]をクリックします。
  3. 要求された情報を指定します。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • Chargeable
      請求可能な計算で入力タイプ コードを使用できるかどうかを示します。 請求可能コードは、会計トランザクションを処理し、会計計画でポストされた実績値を追跡することに役立ちます。
  4. 変更を保存します。
請求コードの作成
以下の会計目標を達成するには、請求コードを作成します。
  • 会計トランザクションおよびタイムシートの処理。
  • 投資のための会計計画のサポート。
  • 投資に対して実行される作業のタイプによるコストとレートの区別(ほとんどのプロジェクト)。
請求コードを使用すれば、投資に関連付けられた作業のタイプを定義できます。 たとえば、請求コードを使用して、病欠または休暇の時間について実際のコストを計算します。 詳細な会計トランザクションが WIP にポストされます。
以下の手順に従います。
  1. [コントロール]を開き、[プロジェクト管理]から、[請求コード]をクリックします。
  2. [新規]をクリックします。
  3. 要求された情報を指定します。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • 時間入力がオープン
      リソースが、タイムシートを使用して、タスク割り当てに費やされる時間を追跡できるかどうかを指定します。 クリアすると、投資、時間エントリ、または会計トランザクションの請求コードを選択できません。
      既定値:
      オン
  4. 変更を保存します。
プロジェクト管理設定
[投資固有の請求コードを有効化]
が選択された場合、追加の
[投資名]
フィールドが表示されます。 このフィールドで、プロジェクトを参照して選択できます。 新しい請求コードは、時間エントリおよび会計トランザクションを追跡するため、このプロジェクトでのみ使用されます。
システム既定値の設定
会計クラス、コスト/レート マトリクス、およびその他の会計管理設定に対して、システムレベルの既定値を設定できます。 システム既定値は、以下の状況での会計セットアップの簡略化に役に立ちます。
  • 作業のタイプにはバリエーションがほとんど存在しません。
  • 標準的なコストおよびレートのセットがすべての投資に適用されます。
システム既定値はエンティティ レベルまたは投資レベルで上書きできます。 投資レベルの既定値は、エンティティまたはシステムの既定値より優先されます。
下位の会計階層レベル(投資やリソースなど)の設定がない場合、システム既定値が適用されます。 たとえば、プロジェクトがマトリクスで設定されていない場合があります。 この場合、ソフトウェアでは、プロジェクト トランザクション エントリ既定値で定義されているマトリクスが使用されます。
エンティティ プロパティですでに既定のエンティティを定義している場合、値は会計管理の既定値で自動的に入力されます。 または、[既定]ページの新しい既定のエントリを参照および選択することができます。 新しい値で既存のエンティティを上書きする場合、新しく選択したエンティティが既定のエンティティになります。 反対に、この既定のエンティティを元に戻し、エンティティ プロパティから新しい既定のエンティティを選択することができます。 エンティティ フィールドは必要ありませんが、
新ユーザ エクスペリエンス
でリソース管理機能に影響を与える場合は、既定のエンティティを設定しないでください。
以下の手順に従います。
  1. [管理]を開き、[会計]メニューから[セットアップ]をクリックします。
    [会計組織構造]ページが表示されます。
  2. [既定値]リンクをクリックします。
    [会計管理の既定値]ページが表示されます。
  3. ファイルのメンテナンス
    ]セクションで、エンティティ、場所、部門、および会計の各クラスに使用する既定値を選択します。
  4. [プロジェクト]セクションで、[プロジェクト トランザクション エントリの既定値]リンクをクリックします。
    [トランザクション エントリ]ページが表示されます。
  5. [労働]セクションで、以下のフィールドに入力します。
    • レート ソース
      労働の請求可能レートを確定するために使用される既定マトリクスを定義します。
    • コストの出所
      労務コストを確定するために使用される既定マトリクスを定義します。
    • ソースの場所
      マトリクスを使用してレートおよびコストを適用する場合に考慮される既定のソース場所を定義します。
      ソースは、従業員(すなわち、リソース)か、関連する場所 OBS に基づく投資場所のいずれかです。 既定のソースの場所がエンティティ レベルで設定される場合、システムはエンティティの設定を使用してソースの場所を決定します。 WIP 設定で定義される場所もソース場所を確定するために使用されます。
    • 為替レート タイプ
      システムでのすべての投資のアクティブ通貨に基づく既定の労働為替レート タイプを定義します。
      • 平均。 週次、月次、または四半期の期間にわたる混同誘導レート。
      • スポット。 日単位のように頻繁に変化する可変レート。
      • 固定。 定義された期間にわたって変化しない固定レート。
  6. [資材]、[備品]、および[経費]のセクションで、以下のフィールドに入力します。
    • レート ソース
      発生した資材、備品、または経費の請求可能なレートを確定するために使用される既定マトリクスを定義します。
    • ソースの場所
      マトリクスを使用してレートとコストを適用する場合に考慮される既定のソース場所 OBS ユニットは投資場所であることを示します。
    • 為替レート タイプ
      システムでのすべての投資のアクティブ通貨に基づく既定の為替レート タイプを定義します。
  7. [保存して戻る]をクリックします。
  8. [概要]セクションで、以下のフィールドに入力して既定の会計メトリック レートを設定します。 このようなレートは、NPV、ROI、IRR、MIRR、回収期間および損益分岐日といった投資の会計メトリックの計算を支援します。 定義済みの既定レートを投資レベルで上書きすることができます。
    • 年次資本合計コスト %
      投資の資本合計コストの計算に使用する年次の会計レートを定義します。
    • 年次再投資率 %
      投資のポジティブ キャッシュ フローの再投資に使用される年次利率を定義します。
    • コスト計画の自動入力での非労働ロール/リソースを無視します
      コスト計画の自動入力時に、非労働リソースおよびロールからのチーム配置または割り当て ETC をスキップするかどうかを指定します。 たとえば、[投資チームからデータを自動入力]です。 このオプションがオフの場合、投資のすべてのデータがコスト計画に含まれます。 このオプションは既定ではオフです。
  9. 変更を保存します。
WIP (処理中作業) の設定の指定
WIP トランザクションにより、トランザクションの請求書を作成する前にその調整および確認を行うことができます。 WIP トランザクションはまた、コスト計画に実績を追加します。 投資マネージャは、コスト計画内の最新のデータを使用することで、経営的意思決定を行い、チャージバックの準備をします。
チャージバック、WIP にポストされたトランザクション、およびコスト計画に会計データを分類するには、WIP 設定を指定します。 以下の表に示すように、エンティティ、場所、および部門(すなわち、[プロジェクト]、[クライアント]、または[従業員])に対して同じ値を選択していることを確認します。
WIP 設定
設定オプション 1
設定オプション 2
設定オプション 3
エンティティ
プロジェクト エンティティ
クライアントのエンティティ
従業員のエンティティ
場所
プロジェクトの場所
クライアントの場所
従業員の場所
部門
プロジェクトの部門
クライアントの部門
従業員の部門
エンティティ、場所、および部門の値が一致していない場合、WIP トランザクションで予期しない結果が生じることがあります。
以下の手順に従います。
  1. [管理]を開き、[会計]メニューから[WIP の設定]をクリックします。
  2. 以下のフィールドに入力します。
    • エンティティ
      チャージバック、トランザクション、およびコスト計画で会計データを分類する方法を決めるエンティティを定義します。
    • 場所
      チャージバック、トランザクション、およびコスト計画で会計データを分類する方法を決める場所を定義します。
    • 部門
      チャージバック、トランザクション、およびコスト計画で会計データを分類する方法を決める部門を定義します。
    • WIP エイジング レベル (日数)
      各 WIP レベルの日数を定義します。 この値は、請求されていない請求可能トランザクションを分類するレポートで使用されます。
  3. [保存]をクリックします。