オートスケジュールでのプロジェクト スケジュールの自動作成

ccppmop1561
オートスケジュールは、プロジェクト スケジュールを作成するために自動化された方法です。 オートスケジュールで、タスクとプロジェクト全体に関する計画の作成と日付の生成を行えます。 オートスケジュールは、期限遅れの原因となる遅延や延長を最小限に抑えつつ、リソースの超過配置を排除または最小限に抑えながら、プロジェクト タスクのスケジュールを組めるように設計されています。
ユーザや他の人員がプロジェクトのスケジュールに若干の変更を加えた後で、オートスケジュールを使用してスケジュールを更新します。 基準計画(POR)として発行する前に変更や変更による結果を確認し、それによって実用的な結果を得ることができます。
3
オートスケジュールの使用
オートスケジュールは、タスクの期間、タスクの日付の制約、優先順序、依存関係の情報、および関連する日付とリソース論理を使用して、プロジェクトのクリティカル パスを特定し、その情報に基づいてタスクをスケジューリングします。 各タスクは、以下に従ってスケジュールされます。
  • 可能な限りプロジェクトの早い段階で利用可能時間を使用する。
  • 日付の制約に従って、可能な限り早い時間、または遅い時間に開始する。
  • クリティカル パスの期間を最小限にする。
[ガント]ビューでオートスケジュールを実行するには、「
プロジェクト - ブラウザでスケジューリング
」アクセス権を持っていることを確認します。
クリティカル パスは、プロジェクトの最早終了日を決定します。 オートスケジュールは、クリティカル パスの情報を使用して、以下のスケジュール調整を行います。
  • 各タスクの最早および最遅の開始日および終了日を決定します。
  • 必要に応じて、最早開始日を前後に移動します。
  • 固定の配分方法を確認し、適合する最早開始日と最早終了日を調整します。
  • タスクに対して再計算された最早開始日と最早終了日に基づいて新しい ETC 曲線を作成し、該当する場合は残っているリソースの利用可能時間から差し引きます。
  • リソースの配置超過を排除または最小化するための計算を実行し、オートスケジュール計算がタスクの終了日やプロジェクトの終了日をずらす場合があります。
タスクの日付制約とは、プロジェクトの作業シーケンスの決定に役立つルールです。 たとえば、タスクの「指定日に開始」、「指定日までに開始」、「指定日までに終了」などのルールです。 日付の制約は、[タスクのプロパティ]ページで設定します。
オートスケジュールでは、制約のないタスクよりも制約のあるタスクが優先されます。 ただし、依存関係に違反しているか、リソースが過剰に配置されている場合、オートスケジュールはこのルールを上書きします。 たとえば、タスク 1 はタスク 2 に依存しており、タスク 2 が終了してからタスク 1 を開始できるとします。 タスク 1 には、タスク 2 が完了する 1 日前に完了する必要があるという制約もあるとします。 この場合、タスク 2 への依存関係に違反するため、オートスケジューラはタスクの制約を無視します。
オートスケジュールと発行
既定のオプションで直ちに仮スケジュールを発行することができます。 オートスケジュールと発行を行うと、基準計画(POR)が新しいスケジュールで置き換えられ、プロジェクトのロックが解除されます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[タスク]をクリックします。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. [ガント]ビューのツールバー上の[オプション付きオートスケジュール]アイコンの下向き矢印をクリックしてから、[発行付きオートスケジュール]をクリックします。
  4. 仮スケジュールを作成します。 オートスケジュールを完了すると、仮スケジュールが作成され、プロジェクトがロックされます。
  5. 仮スケジュールを発行したり、削除することを決定したりすることができます。
サブネットのスケジューリング
個別のクリティカル パスを計算するようプロジェクトをセットアップすることができます。 サブネットとは、自身のタスク間で依存関係を持つ 1 組のプロジェクト タスク、または依存関係を持たない 1 つのタスクです。 オートスケジュール中に、依存関係のない各サブネットおよび各タスクに対して個別にクリティカル パスを計算および表示するように選択できます。 選択しない場合、1 つのクリティカル パス(最長のパス)だけがそのプロジェクトに対して計算されます。
サブネットをスケジューリングする主な利点としては、以下が挙げられます。
  • 複数のプロジェクトを含むマスタ プロジェクトで作業している場合、最長のクリティカル パスのみではなく、各サブプロジェクトのクリティカル パスを計算および表示できます。
  • 複数同時進行のクリティカル パスをサポートするように WBS が構造化されているプロジェクトで作業している場合、すべてのクリティカル パスを表示できます。
  • プロジェクト期間にわたる管理タスクを含むプロジェクトがある場合、管理タスクと真のクリティカル パスを表示できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[タスク]をクリックします。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. ガント ビュー内の[オプション付きオートスケジュール]アイコンの下向き矢印をクリックします。
    [オートスケジュール]ページが表示されます。
  4. [ サブネット ] チェック ボックスを選択します。
    • サブネット
      オートスケジュールにプロジェクト全体のクリティカル パスを計算させるかどうかを指定します。 このフィールドがオンになっている場合、個々のサブネットに対して個別のクリティカル パスが計算されます。
      既定値:
      オフ
  5. [オートスケジュール]をクリックします。
タスクのロック
1 つまたは複数のタスクをロックして、オートスケジュールを使用している場合にタスク日付が変更されることを防ぐことができます。
以下の手順に従います。
  1. ロック解除されているプロジェクトを開いて、[タスク]をクリックします。
  2. [スケジューラ]-[PPM ガント]で[開く]をクリックします。
  3. [ガント]ビューで[オプション]をクリックします。 ページを設定して、リストに[ロック済み]フィールド追加します。
  4. 各タスクで、[ロック済み]の値を[はい]に設定します。
  5. これらのタスクの日付をメモしておきます。
  6. [オプション付きオートスケジュール]をクリックします。
  7. [仮スケジュールの作成]をクリックします。
  8. [仮スケジュールの発行]をクリックします。
    ロックされているタスクの日付は変更されていません。
仮スケジュール
プロジェクトをオートスケジュールし、ユーザが所有、および編集できる仮スケジュールを作成します。 プロジェクトはロックされ、仮スケジュール モードになります。 仮スケジュールを利用して、プロジェクトに加える変更の影響を確認します。 たとえば、予想残作業時間(ETC)の変更、スケジュールを基準計画(POR)として発表する前。 仮スケジュールは、確認したうえで、受諾するかどうかを決定できます。
ロックされたすべてのプロジェクト ページ上では、POR は読み取り専用情報として表示されます。 仮スケジュールの表示および作業は、[ガント]ビュー、[タスク リスト]ページ、および[タスク割り当て]ページで行うことができます。 スケジュール済みのタスクや、ETC などの割り当て情報を調整して、仮スケジュールを変更できます。
[ガント]ビューのワーク ブレークダウン ストラクチャ(WBS)には、仮スケジュールが、POR 情報を示す赤い線と共に表示されます。 この赤い線により、仮スケジュールの変更を確認できます。
プロジェクトがロックされている間は、ロックを保持しているリソースの名前がメッセージ バー上に表示されます。 このバー上に表示されている[ロック解除]ボタンを使用して、プロジェクトのロックを解除できます。 [ガント]ビューでは、ロック アイコンがツールバー上に表示されます。プロジェクトをロック解除するために使用できます。
仮スケジュールとサブプロジェクト
マスタ プロジェクトにオートスケジュールを使用すると、そのマスタ プロジェクトの仮スケジュールと、該当するすべてのサブプロジェクトに発行可能な仮スケジュールが作成されます。 マスタ プロジェクトにオートスケジュールを使用したときにサブプロジェクトがロックされている場合、サブプロジェクトに対して発行できない仮スケジュールが作成されます。 マスタ プロジェクト用に仮スケジュールを発行すると、仮スケジュールが発行可能な場合のみ、サブプロジェクトの基準計画(POR)がこれに置き換えられます。
オートスケジュール中には、以下の状況にあるサブプロジェクトの名前と警告メッセージが表示されます。
  • サブプロジェクトが、プロセスまたは別のユーザによって、もしくはガントまたは外部スケジューラのスケジューリングによって、ロックされている。
  • サブプロジェクトが[サブプロジェクト]リスト ページ上で「読み取り専用」としてマークされている。 この方法によるサブプロジェクトのロックは OWB などの外部スケジューラでも適用されます。
  • 現在のユーザに、サブプロジェクトのスケジュールを変更するために必要な編集権限がない。
システムでは、以下のアラートが生成されます。
「次のサブプロジェクトはすでにロックされているか、読み取り専用にマークされているか、または変更する権限がありません。 仮スケジュールを今作成しても、これらのサブプロジェクトの仮スケジュールへの変更を基準計画に対して発行することはできません。 本当に続行しますか?」
仮スケジュールの作成
スケジュール条件を指定して、オートスケジュールを使用したタスクのスケジュールを開始できます。 プロジェクト全体、または日付の範囲内に発生するタスクだけをオートスケジュールできます。 現在のスケジュールからの逸脱を指定、または新規の仮スケジュールを自動的に作成するには、これらのページを使用します。 注: [オートスケジュール投資]ジョブを実行して、仮スケジュールを作成することもできます。
仮スケジュールを廃棄できます。また、仮スケジュールされたプロジェクトを削除できます。 仮スケジュールを削除すると、プロジェクトはロック解除され、基準計画(POR)の情報が表示されます。 仮スケジュールを削除するには、[ガント]ビューのツールバー上の[オプション付きオートスケジュール]アイコンの下向き矢印をクリックし、[仮スケジュールの削除]を選択します。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[タスク]をクリックします。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. ガント ビュー内の[オプション付きオートスケジュール]アイコンの下向き矢印をクリックします。
    [オートスケジュール]ページが表示されます。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • プロジェクト
      プロジェクトの名前を表示します。 このフィールドの値は、[プロジェクトのプロパティ]ページの[プロジェクト名]フィールドに基づいています。
    • プロジェクト開始
      開始日が表示されます。 このフィールドの値は、[プロジェクトのプロパティ]ページの[開始日]フィールドに基づいています。
    • プロジェクト終了
      終了日が表示されます。 このフィールドの値は、[概要]ページの[終了日]フィールドに基づいています。
    • オートスケジュール日付
      タスクのスケジューリングを開始する日付を指定します。 終了日からスケジューリングする場合は、タスクのスケジューリングを開始する日、またはそれより前の日付を入力します。 プロジェクトがまだ開始していない場合、プロジェクトの開始日を入力します。 プロジェクトがすでに進行中の場合は、最後に実績値がポストされた日の翌日を入力します。
      既定値:
      現在の日付
    • この日より前に開始するタスクを無視
      ここで指定する日付よりも前のタスクは除外されます。
      例:
      [この日より前に開始するタスクを無視]に 2015 年 7 月 3 日を入力し、2015 年 6 月 20 日に開始するタスクが存在するとしましょう。 タスクはスケジュールから除外されます。
    • この日より後に開始するタスクを無視
      ここで指定する日付よりも後のタスクはすべて除外されます。
      例:
      [この日より後に開始するタスクを無視]に 2015 年 7 月 3 日を入力し、2015 年 8 月 14 日に開始するタスクが存在するとしましょう。 タスクはスケジュールから除外されます。
    • リソースの制約
      プロジェクトをスケジューリングする際、リソースの利用可能時間をオートスケジュールに考慮させるかどうかを指定します。
      既定値:
      オン
      このチェック ボックスをオフにすると、オートスケジュールではリソースの利用可能時間に制限がないとみなします。 各タスクは、リソースの残存利用可能時間に対してではなく、リソースの合計利用可能時間に対してスケジュールされます。リソースに他のタスクが割り当てられていても考慮されません。 この結果、可能な限り最短のスケジュールが組まれますが、リソースに割り当て過多が発生する可能性もあります。
    • 終了日からスケジューリング
      オートスケジュールに、定義された終了日から後戻りしてスケジュールを実行させるかどうかを指定します。 最後のタスクがプロジェクトの終了日までに完了する必要がある場合は、このオプションを使用します。
      既定値:
      オフ
      終了日からスケジュールするように選択した場合は、[オートスケジュール日付]フィールドに終了日を入力します。
    • サブネット
      オートスケジュールにプロジェクト全体のクリティカル パスを計算させるかどうかを指定します。 このフィールドがオンになっている場合、個々のサブネットに対して個別のクリティカル パスが計算されます。
      既定値:
      オフ
    • 開始されたタスクに制約を与える
      開始されたタスクを、オートスケジュールの過程で無視するように指定します。 その他のタスクは、任意のタスク制約を含む、通常のオートスケジュール ロジックに従ってスケジューリングされます。
      既定値:
      オフ
    • 除外されたタスクの割り当てをスケジューリング
      オートスケジュールを指定します。 このため、新しい日付がタスクの開始日と終了日の間にある場合、ユーザがタスクのリソースの割り当て日を除外することができます。
      既定値:
      オフ
      このフィールドは、[タスクのプロパティ]ページの[オートスケジュールから除外]フィールドと連動して機能します。
    • 翌作業日に先行項目を開始
      オートスケジュールに、先行タスクが完了した翌日にすぐに後続タスクを開始させるかどうかを指定します。 オフの場合、リソースに利用可能時間が残っている限り、後続タスクは先行タスクが完了した同じ日に開始します。
      既定値:
      オフ
      スケジュール後に発行
      仮スケジュールを基準計画(POR)に対して直ちに発行するかどうか指定します。 選択すると、仮の計画は作成後、直ちに削除され、プロジェクトのロックが解除されます。
      既定値:
      オフ
  5. [オートスケジュール]をクリックします。
仮スケジュールの発行
仮スケジュールを発行すると、基準計画(POR)が仮スケジュールで置き換えられ、プロジェクトのロックが解除されます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[タスク]をクリックします。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. [ガント]ビューのツールバー上の[オプション付きオートスケジュール]アイコンの下向き矢印をクリックしてから、[仮スケジュールの発行]をクリックします。
  4. [はい]をクリックして確定します。
仮スケジュール モードでのプロジェクトのロック解除
仮スケジュール モードのプロジェクトのロックを解除することができます。 プロジェクトのロックを解除すると、仮スケジュールは削除されます。 プロジェクトをロックしたユーザ、または
[管理 - アクセス]
権のあるリソースのみが、仮スケジュール モードのプロジェクトをロック解除できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[タスク]をクリックします。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. [ガント]ビュー ツールバー上の[ロック]アイコンをクリックします。
  4. [はい]をクリックして確定します。