新ユーザ エクスペリエンス: 新しいアイデアの取得、展開、および承認

ccppmop1561
HID_newux_ideas
Develop new ideas with Clarity PPM 15.6 and newer editions.
ビジネス開発マネージャ、ポートフォリオ マネージャ、プロジェクト マネージャ、または製品マネージャは、組織全体の新しいアイデアやパートナーおよび顧客から需要を取り込むことができます。 [アイデア]グリッドで新しいアイデアを展開して評価します。 より有望なアイデアを承認して資金を調達し、優先度の低いアイデアを拒否して個人やチームが予算や時間を割り当てないようにします。
以下のように、
新ユーザ エクスペリエンス
のアイデア グリッドを使用して、アイデアを作成、編集、レビュー、および承認します。
2
前提条件
アイデア グリッドを使用する前に、管理者によって適切なアクセス権が付与されていることを確認してください。
  • アイデア管理 - ナビゲート
  • アイデア - ナビゲート
  • アイデア - 作成
  • リソース - アイデアの表示 - すべて
    」または「
    アイデア - 表示 - すべて
  • リソース - アイデアの承認 - すべて
    」または「
    アイデア - 承認 - すべて
管理者は、英語版ドキュメントの「
Access Rights Reference
」を参照してください。 「
Demand Management Access Rights
」には、アイデアの操作に必要なアクセス権限が記載されています。 権限は通常、クラシック PPM と
新ユーザ エクスペリエンス
で同じです。
アイデアの表示
: Sid Patel は、ポートフォリオ マネージャとして組織内で主要な意思決定を行います。 アイデアが組織の成功の鍵となると考えています。 投資が必要なアイデアを確認して識別するために、アイデア グリッドを使用しています。 また、他のアイデアを却下することで、個人やチームがそうしたアイデアに多大な時間を費やすことがありません。
image2019-4-3_9-30-39.png
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. グリッドを初めて表示する場合は、以下のフィールドが表示されます。
    • 件名
      アイデアの要約/名前を定義します。
    • アイデア タイプ
      PMO アクセラレータ アドインのインポート時に、一緒にインポートされたカスタム フィールドです。 PMO アクセラレータのアドインの詳細については、本ドキュメントの「アドイン: PMO アクセラレータ」を参照してください。
    • アイデア カテゴリ
      PMO アクセラレータ アドインのインポート時に、一緒にインポートされたカスタム フィールドです。
    • アイデアの優先度
      アイデア マネージャによってアイデアに割り当てられる値を定義します。 値はリスク優先度に対応します。 「低」(既定値)、「中」、または「高」を選択できます。
    • 開始日
      アイデアの開始日を示します。
    • 計画コスト
      アイデア開発の計画コストを定義します。 この値は[計画コスト開始]日から[計画コスト終了]日までの期間に配分されます。
      リリース 13.2 より前は、[計画コスト]フィールドを直接更新できました。 ただし、リリース 13.2 以降では、[計画コスト]フィールドは編集可能ではありません。 代わりに、[計画業務コスト]および[計画資本コスト]の合計となっています。
    • 計画利益
      このアイデアから得られる合計計画利益を定義します。
    • 計画 NPV
      投資の計画 NPV (正味現在価値)を表示します。
    • 計画 ROI
      この投資の計画 ROI (投資収益率)を表示します。
    • ステータス
      アイデアのステータスが表示されます。
      詳細については、
      アイデアの管理」の「アイデア承認プロセス」を参照してください。
      アイデア グリッドでフィールドを表示または非表示にするには、
      [列パネル]
      をクリックします。
アイデアとブループリントの関連付け
管理者または PMO コンテンツ デザイナがチームまたはビジネス ユニット用に作成したブループリントにアイデアを関連付けることができます。 ブループリントを使用すると、さまざまな部門の特定のビジネス要件に関連する情報を表示できます。
: ポートフォリオ マネージャの Sid Patel は、[アイデア]ページを使用して、製品開発および製品アーキテクチャ チームのアイデアをさまざまな基準に基づいて評価します。 また、計画コストや計画利益などの会計的影響について、製品開発チームによって提出されたアイデアを評価します。 製品アーキテクチャ チームの場合、評価は、アーキテクチャの適合度、テクノロジ遵守性、規制遵守などの技術的な詳細に基づいています。 Sid は、アイデアをレビューするときに関連する詳細のみが表示されるように、チームがアイデアを関連するアイデア ブループリントに関連付けることを望んでいます。
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. [列パネル]
    をクリックし、[ブループリント]フィールドを選択して[アイデア]グリッドに追加します。
  3. ブループリントに関連付けるアイデアを特定し、[ブループリント]セルをダブルクリックして、適切なブループリントを選択します。
  4. [件名]
    をクリックして、アイデアに関連付けられている詳細を表示します。 [詳細]ページのレイアウトおよびフィールドは、ブループリントを設定するときに、管理者または PMO コンテンツ デザイナによって決定されます。
管理者が
新ユーザ エクスペリエンス
で発行したアイデア ブループリントのみを表示できます。 管理者がカスタム ブループリントを発行していない場合は、アイデアは標準アイデア ブループリントに関連付けられます。 詳細については、「新ユーザ エクスペリエンス: アイデアのブループリントの設定」を参照してください。
アイデアと OBS ユニットの関連付け
アイデアを部門、場所、組織、および既定のリソース OBS ユニットに関連付けることができます。 また、対応する OBS ユニットからアイデアを関連付け解除または更新することもできます。
前提条件:
管理者は、クラシック Clarity PPM インターフェースから、特定のオブジェクト属性がアイデアに関連付けられていることを確認する必要があります。 OBS の詳細については、「組織ブレークダウン ストラクチャの設定」を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. メイン メニューから
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]ページが表示されます。
  2. 列ピッカーに移動し、以下の OBS ユニットを選択します。
    • 部門
    • 場所
    • 組織
    • 既定のリソース OBS ユニット
    関連付けられた列がアイデア グリッドに追加されます。
アイデアのフィルタ
アイデア グリッドを使用してアイデアをすばやくソートし、現在のビジネス シナリオに相応しいアイデアを絞り込むこともできます。
: 承認されておらず、ROI が 100% ~ 200% のアイデアを確認するとします。 アイデア グリッドでフィルタを使用することで、このようなアイデアをすばやく識別し、確認することができます。
Updated Filter Ideas.gif
以下の手順に従います
  1. アイデア グリッドで、
    [フィルタ]
    をクリックします。
  2. [フィルタの追加]
    をクリックし、列を選択します。
  3. フィルタ条件を入力します。 ビジネス要件に応じて、[アイデア]グリッドに複数のフィルタを適用できます。
    [アイデア]グリッドが更新されて結果が表示されます。
  4. フィルタを削除するには、
    [X]
    をクリックします。 すべてのフィルタを削除するには、
    [すべて削除]
    をクリックします。
    Filter Close.jpg
アイデアの作成
新しいアイデアを作成して展開することで、新しい製品、プロジェクト、サービス、アプリケーション、およびその他の投資に対する需要を取り入れます。
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. [新しい行]
    をクリックして、新しいアイデアを[アイデア]グリッドに追加します。 グリッド内で右クリックして、
    [下に行を挿入]
    を選択することもできます。
  3. 以下の必須フィールドに値を入力します。
    1. 件名
      アイデアの名前または要約を入力します。
    2. ステータス
      ステータスは自動で「
      未承認
      」に設定されます。
    3. ID
      アイデアの一意の識別子を入力します。 自動ナンバリングが有効になっている場合、[アイデア ID]フィールドは読み取り専用です。
  4. [アイデア タイプ]
    [アイデアの優先度]
    [開始日]
    などの関連のあるオプション フィールドを入力します。
ビューの作成と管理
アイデア グリッドをパーソナライズして関連性の高い列を表示し、必要な情報をすばやく効率的に取り込むことができます。 後でアクセス可能なビューとして、個人用設定を保存することもできます。 保存したビューは、アイデア グリッドにアクセスできるすべてのユーザが利用できます。
: 承認されておらず、ROI が 100 ~ 200% のアイデアを確認するとします。 アイデア グリッドでフィルタを組み合わせることで、該当するアイデアを識別できます。 レイアウトをビューとして保存するすると、未承認で ROI の高いアイデアをすばやく表示し、効果的な意思決定を行うことができます。
Ideas 3.jpg
ほぼ同じビューのコピーを複数作成しないように、プロパティが既存のビューと異なる場合を除き、新しいビューを保存しないでください。 単純な方法では、すべてのユーザが共有できるビューのコア セットを作成します。 ユーザーは、必ずしも新しいビューを保存せずに、これらのコアビューを微調整することができます。 保存していないビューで作業を続けることができます。 ただし、フィルタ、設定、およびグリッド設定を保持するには、ビューを保存します。
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. グリッドに必要な列を追加し、適切なフィルタを設定します。
    [未保存]
    タグが、[表示]フィールドの隣に表示されます。
  3. [表示オプション]
    で、
    [通貨の 10 進表示]
    および
    [数値の 10 進表示]
    フィールドを設定します。 [未保存]が現在のビューに表示されます。
  4. [表示]-[名前を付けて保存]
    をクリックします。
  5. [ビューの保存]
    パネルで、新しい名前を入力します。 既存のビューを置き換えるには、同じ名前をそのまま使用します。
    [保存]
    をクリックし、
    [確認]
    をクリックします。
  6. [保存]をクリックします。
    ビューは保存され、現在のビューとしてアクティブなままです。
  7. ビューを管理するには、
    [表示]-[管理]
    をクリックします。
  8. [ビューの管理]
    パネルで、以下の 2 つのタブのいずれかをクリックします。
    • 自分が作成者:
      このタブには、あなたが作成したビューが表示されます。 ビューの名前を変更するには、ビュー名を選択して新しい名前を入力します。 ビューを削除するには、
      [X 削除]
      をクリックします。
    • 他のユーザが作成者:
      このタブには、他のユーザーが作成したビューが表示されます。 このタブには、ビュー名、所有者、およびビューを表示または非表示にするオプションが表示され、ビューリストに表示されます。
  9. [X]
    をクリックして、
    [ビューの管理]
    パネルを閉じます。
アイデアの編集
ポートフォリオ マネージャまたは意思決定者は、アイデアを編集できます。
  • アイデア グリッド内で直接
  • [詳細]パネルを使用(多くの場合、フライアウト ウィンドウと呼ばれます)。
アイデア グリッドでのアイデアの直接編集
: アイデアを確認し、優先度と開始日を組織が今すぐ達成できる値に変更するとします。
Edit Ideas.gif
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. [フィルタ]または[ビュー]を使用して、編集対象のアイデアを識別します。
  3. ここで列を指定して以下のアクションを実行することができます。
    • 列に値を直接入力します。
    • ドロップダウン リストから値を選択します。
    • 日付選択ツールから日付を選びます
    • チェックマークを入力またはクリアします
このシナリオでは、ポートフォリオ マネージャは適切なアイデアを識別した後に、
[アイデアの優先度]
フィールドの値をダブルクリックして、アイデアの優先度を変更します。 次に
[開始日]
列の値をダブルクリックし、日付ピッカーを使用して、開始日を変更します。
アクセス権が「
アイデア - 編集 - すべて
」または「
リソース アイデアの編集 - すべて
」の場合は、アイデアのステータスを「
承認済み
」に変更することはできません。 アイデアを編集し、ステータスを「
承認要求
」に変更できます。
[詳細]パネルを使用したアイデアの編集
アイデア グリッドの[詳細]パネル(多くの場合、フライアウト ウィンドウと呼ばれます)は、
新ユーザ エクスペリエンス
15.6.1 で導入されました。 このパネルを使用すると、プロジェクト オーナーおよびビジネス ユーザが[詳細]パネルに表示されるフィールドを設定できます。 ユーザはレイアウトに新しいフィールドをドラッグ アンド ドロップしたり、フォーム上の位置を調整したり、ビューに設定を保存したりできます。 ユーザ設定の変更は、現在のページ(グリッド、ボード、リスト、タイムラインなど)で使用可能なさまざまなレイアウトに対してそのまま残ります。 ユーザは、保存されていないビューでこれらの変更を行ったり、他のユーザと共有できる保存済みビューで変更を保持したりすることができます。 フィールドを追加、配置、および削除する機能により、ユーザの生産性を向上させることができます。 フィールドを見つけるために他のページに移動するのにかかる時間が短くなります。
例:
アイデアに関連付けられた詳細を確認する場合、追加の詳細を確認する前に、アイデアが承認されているかどうか、誰がアイデアを承認したかを検証します。 これらのフィールドは、[詳細]パネルに追加できます。
Ideas Details.gif
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]ページが表示されます。
  2. [フィルタ]または[ビュー]を使用して、編集対象のアイデアを識別します。
  3. アイデア グリッド内のアイデアに関連付けられている列をクリックすると、
    [詳細]
    タブが表示されます。
  4. [設定]
    をクリックすると、アイデア オブジェクトで利用可能なすべての属性のリストが表示されます。
  5. 関連する属性を詳細レイアウトにドラッグ アンド ドロップし、表示または編集可能なフィールドとして使用できるようにします。
  6. 詳細レイアウト上のフィールドの位置を調整するには、関連する位置にフィールドをドラッグ アンド ドロップします。
  7. 他のユーザが変更を利用できるようにするには、変更を確定した後にビューを保存します。
アイデア ステータスの編集
アイデアのステータスを変更できます。
  • アイデアのステータスが「
    未承認
    」の場合は、「
    承認要求
    」にのみステータスを変更できます。
  • アイデアのステータスが「
    承認要求
    」で、アイデアを承認する権限がある場合、ステータスを「
    承認済み
    」、「
    拒否済み
    」、または「
    未完了
    」に変更できます。
    • アイデアを拒否するか「
      未完了
      」を指定すると、アイデアのオーナーはアイデアを操作できるようになります。
    • アイデアのオーナーがステータスを「
      承認要求
      」に変更すると、アイデアを再度レビューできます。
  • アイデアのステータスが「
    承認済み
    」の場合、「
    未承認
    」には変更できませんが、
    承認要求
    」に変更できます。
アイデアの承認
適切なアクセス権を持つオーナーまたは意思決定者として、アイデアを評価および承認できます。 たとえば、承認基準を満たした後に、組織内のいずれかの従業員によって提出されたアイデアを承認します。
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. [アイデア]グリッドで承認するアイデアを見つけます。 検索しやすいように、保存されたビューを適用するか、1 つ以上のフィルタを使用します。
  3. [ステータス]
    列の値をダブルクリックし、ステータスを「
    承認済み
    」に変更します。
ロードマップ アイテムへのアイデアのリンク
ロードマップ シナリオでは、既存のプロジェクト、カスタム投資、またはアイデアにロードマップ アイテムを関連付けることができます。 少なくともビュー アクセス権があれば、プロジェクト、カスタム投資、およびアイデアを表示できます。 アイデアがロードマップ アイテムにリンクされると、他のロードマップ アイテムに関連付けることはできません。 「新規ユーザ エクスペリエンス: ロードマップでのトップダウン プランニング」を参照してください。
アイデアのエクスポート
ポートフォリオ マネージャまたは意思決定者は、アイデア グリッド内のデータを CSV (comma-separated values、カンマ区切り値)ファイルにエクスポートし、オフラインで作業したり、他のシステムにデータをインポートすることができます。 データのエクスポートの詳細については、「Clarity PPM 新ユーザ エクスペリエンスの開始」の「CSV ファイルへのグリッド データのエクスポート」を参照してください。
以下の手順に従います
  1. メイン メニューで、
    [アイデア]
    をクリックします。
    [アイデア]
    ページが表示されます。
  2. [CSV にエクスポート]をクリックします。
エクスポートすると、グリッド内のパーセント(%)は 10 進数値に変換されます。 たとえば、グリッド内の[計画 ROI]列の値が 131% の場合、エクスポートされた CSV ファイルに 1.31 として保存されます。
トラブルシューティングのヒントとコツ
アイデア グリッドの使用時に発生する可能性がある一般的な問題を以下にいくつか示します。
API-1007: 要求を処理する権限がありません。 必要なセキュリティ権限については、システム管理者にお問い合わせください。
適切な権限がないアクティビティを実行している場合、このエラー メッセージが表示されます。 たとえば、「
アイデア - 編集 - すべて
」権限で、アイデアを作成しようとした場合などです。 「
アイデア - 作成
」権限がある場合にのみ、アイデアを作成できます。
CMN-0009: 属性 'Status' に無効なルックアップ値 '4' があります。
アイデア ステータスを変更しようとしているが、適切な権限がない場合、このエラー メッセージが表示されます。 たとえば、「
アイデア - 編集 - すべて
」権限で、アイデアのステータスを「
承認済み
」に変更しようとした場合などです。 「
アイデア - 承認 - すべて
」または「
リソース - アイデアの承認 - すべて
」の権限がある場合にのみアイデアを承認できます。