管理

組織の Clarity PPM を管理および設定する方法について紹介します。
ccppmop1571
HID_admin_top_page
管理者として、ユーザ用にアプリケーションを設定します。 ユーザのアクセス権、セキュリティ、組織ブレークダウン ストラクチャ(OBS)、データ ウェアハウス、データマート、およびタイム スライスを管理します。 プロセス、ルックアップ、ジョブ、およびその他のシステム設定用のオプションを設定することもできます。
以下の画像は、共通の管理タスクを実行する[管理]メニューを示しています。 メニュー オプションは、リリースとアクセス権によって異なります。 メニュー オプションが異なる可能性があります。
admin_menu_156.jpg
オンライン コミュニティまたは CA サポートに問い合わせる前に、管理者はシステム ヘルス レポートを生成できます。 「ヘルス レポート、ジョブ モニタ、ガバナー設定、およびデータ ウェアハウス監査ダッシュボード」を参照してください。 データ ウェアハウスの障害に関する分析されたサポート問題の多くは、基本的なセットアップ情報のエラーや欠如が原因です。 たとえば、データベース設定、DBLINK、エンティティまたはタイム スライス セットアップ、アプリケーションとデータベース サーバ間のタイム ゾーンの不一致、SQLNET.ORA パラメータなどです。
顧客の成功事例: Fiat Chrysler Automobiles (FCA)
ビジネス:
世界で 7 番目に大きい自動車メーカーである Fiat Chrysler Automobiles (FCA)は、自動車、商用車、パーツ、およびエンジンを世界中で製造して販売しています。
課題
FCA イタリアでは、自社の高度な ICT 予算策定プロセスをサポートするために、効率を改善して処理時間を短縮しつつ ICT スタッフの生産性を向上させるためのソリューションを必要としていました。
解決策:
FCA 社は、自社の動的な ICT 予算策定プロセスを管理するために CA Clarity PPM SaaS を導入しました。 Clarity PPM は、毎年 8,000 件の予算変更依頼を処理するために 200 人のスタッフ メンバによって使用されています。
メリット
IT 予算策定プロセスの即応性が飛躍的に高まり、FCA 社はビジネスの俊敏性と ICT の節約を両立させることができました。 さらに、透明性とコラボレーションも向上しました。