投資のポートフォリオの合理化

ccppmop1571
ポートフォリオ マネージャは、ポートフォリオにおける投資の優先度付け、評価、および合理化を行います。 ポートフォリオ計画は反復的なプロセスです。 ポートフォリオ マネージャは、会社の利害関係者などからのレビュー フィードバックに基づき、以下のタスクを実行します。
  • 優先度付け。 初期デフォルトまたはルール ベースの基準に基づき、投資に優先度を割り当てます。
  • 評価。 コスト、利益、または投資回収率(ROI)などの会社の値と投資を関連付けます。
  • 合理化。 優先度および評価の情報をすべて考慮して選択された投資の存在を正当化します。 合理化中に使用される一部の情報は
    Clarity PPM
    からのものではありません。 利害関係者の経験およびアドバイスは重要な考慮事項であり、優先度や評価で示す投資のランキングより価値があることがよくあります。
ポートフォリオを作成する場合、ポートフォリオ マネージャは、まずビジネス ニーズに基づいたランキング ルールを使用して、投資のリストに優先度を付けます。 ポートフォリオを評価するために、ポートフォリオ マネージャはさまざまな what-if 計画を作成し、利害関係者と各計画のウォーターライン ビューを確認します。 ポートフォリオの評価には、ビジネスのあらゆる部分の情報を使用します。 利害関係者のフィードバックに基づき、ポートフォリオ マネージャは投資を再度優先度付けして、ウォーターライン ビューを再設定します。 一連の優先度付けと評価が完了したら、ポートフォリオ マネージャは利害関係者と共にポートフォリオを合理化します。 彼らは共に、ポートフォリオ対象期間に続行する投資、および延期する投資を決定します。
以下の図は、ポートフォリオの優先度、評価、および合理化がどのように重なるのかを示しています。 たとえば、評価または合理化から収集される情報により、ポートフォリオの優先度が変わることがあります。
ポートフォリオの優先度、評価、および合理化がどのように重なるのかを示す図
ポートフォリオの優先度、評価、および合理化がどのように重なるのかを示す図
この記事では、会社が投資のポートフォリオをどのように捉え、市場での成功をどのように決定するかを説明します。
例: ポートフォリオ計画
Raj Mehta は、多くの製造会社を所有する大持ち株会社である Forward 社の新 CIO です。 Raj は、組織に新鮮な物の見方をもたらすために採用された CEO の Lauren に報告します。 Raj は 2 年間 Forward 社で働いており、Lauren は社外から採用されました。 彼らは、会社の収益源を 3 年で 10 パーセント改善するように取締役会から指示されています。
Raj と Lauren は、翌会計年度の IT 予算計画を準備しています。 最初の計画会議で、Lauren は、IT ポートフォリオ用の以下の投資リストを提出します。
  • 管理費システム
  • バックオフィス会計システム
  • クラウド ベースの受注
  • データベースのアップグレード - Oracle
  • 企業時間と出社
  • フェデレーション セキュリティ
  • GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
  • 人事システムのアップグレード
  • マテリアル サプライヤへのインターフェース
  • JIT(Just in Time)システムのアップグレード
リストはアルファベット順です。 Lauren は、どのプロジェクトがより重要であるかを示しません。 彼女は、現在の所定のルールを使用して、Raj に投資に優先度を付けさせたいと考えています。
ポートフォリオ計画プロセスを完成させるために、Lauren と Raj は以下のタスクを完了する必要があります。
ポートフォリオの優先度付け
初期のポートフォリオ作成プロセスの一環として、ポートフォリオ マネージャは、いくつかの基本的な基準またはランキング ルールを設定できます。 ランキング ルールは、投資がウォーターライン ビューに表示される順番を決定します。
以下の例では、企業の投資目標はすでに製品で定義されていると仮定します。
例: 初期ポートフォリオ計画
Raj は Lauren の投資リストを使用して、
Clarity PPM
でポートフォリオを作成します。 情報を収集し、意味のある方法で表示するために、以下のタスクを実行します。
  • 投資のリストをアルファベット順でポートフォリオに追加します。
  • スタッフと協力して各投資のコストを決定し、ポートフォリオにその情報を入力します。
  • 投資用の内部リソースの数を FTE 単位で編集し、その情報を入力します。
以下の表に、ポートフォリオ投資および他の詳細を示します。
投資
期間(数か月)
コスト
リソース
管理費システム
3
250,000
5
バックオフィス会計システム
9
750,000
15
クラウド ベースの受注
3
100,000
3
データベースのアップグレード - Oracle
3
200,000
6
企業時間と出社
5
450,000
12
フェデレーション セキュリティ
2
300,000
5
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
50,000
1
人事システムのアップグレード
6
300,000
12
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
700,000
30
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
100,000
6
その間、Lauren は取締役会と相談して、自由裁量の IT 予算を決定します。 Lauren は、Raj がポートフォリオに組み込む、以下の情報を持ち帰ります。
  • 取締役会は、250 万ドルの資金調達に同意する可能性があります。 Raj は、ポートフォリオのプロパティにこの情報を入力します。
  • 各イニシアチブは企業目標と整合がとれています。 Raj は、投資を投資プロパティ内の事前定義済みの目標とリンクされます。
  • CFO は、各投資の概算の資本および経費の見積もりを確認したいと考えています。 Raj は、会計の要約に投資の経費情報を入力します。
  • CFO は、各プロジェクトの予想利益を確認したいと考えています。 Raj は、会計の要約に投資の利益情報を入力します。
  • Raj は
    Clarity PPM
    でポートフォリオと投資情報を同期して、最新の投資データを収集します。
以下の表に、ポートフォリオ投資および最新の詳細を示します。
投資
期間(数か月)
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
管理費システム
3
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
バックオフィス会計システム
9
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
クラウド ベースの受注
3
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
データベースのアップグレード - Oracle
3
技術の整合性の向上
200,000
100,000
該当せず
200,000
6
企業時間と出社
5
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
フェデレーション セキュリティ
2
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
人事システムのアップグレード
6
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
ポートフォリオの評価
ポートフォリオ マネージャは、ポートフォリオの目標と整合性をとり、制約内で収めるために、絶えずポートフォリオ投資を評価します。 ポートフォリオ投資は、定期的に(たとえば、月次または四半期の計画会議で)評価できます。 ビジネス ニーズが突然変わった場合は、臨時に投資を評価することもできます。 たとえば、新たな市場条件によりビジネス目標が変わった場合。 ポートフォリオを再評価して、投資が新しい戦略の方向と整合性がとれていることを確認することができます。 比較的低いビジネス整合性(拡張の完了日など)の投資をキャンセルすることができます。
例: IT 予算ポートフォリオ: 計画 1
Lauren は、Raj が準備した IT 予算ポートフォリオを確認し、以下のフィードバックを提示します。
  • 取締役会は 260 万ドルの資金調達を承認した。
  • 投資は目標別に並べ替え、[コスト削減]目標を先頭にする。
Raj は、ポートフォリオ(計画 1)の別の計画を作成して、ポートフォリオにフィードバックを組み込みます。 計画は、Lauren から依頼される内容を取り入れるために、Raj が変更することができるポートフォリオのコピーです。 Raj は、計画のウォーターライン ビューを表示し、リストの一番上に[コスト削減]目標と関連付けられている投資をドラッグします。
以下の表に、IT 予算ポートフォリオの計画 1 のバージョンを示します。
投資
期間(数か月)
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
コスト アキュムレータ
人事システムのアップグレード
6
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
300,000
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
1,000,000
クラウド ベースの受注
3
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
1,100,000
管理費システム
3
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
1,350,000
バックオフィス会計システム
9
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
2,100,000
企業時間と出社
5
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
2,550,000
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
2,650,000
データベースのアップグレード - Oracle
3
技術の整合性の向上
200,000
100,000
該当せず
200,000
6
2,850,000
フェデレーション セキュリティ
2
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
3,150,000
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
3,200,000
Lauren は、Raj と共に計画 1 のウォーターライン ビューを確認します。 彼女は、技術の整合性の向上を最優先の目標として投資に優先度を付ける必要があるとコメントします。 Raj は、技術の整合性の向上が目標の投資を、ウォーターライン ビューの一番上にドラッグします。 この時点で、計画 1 のウォーターライン ビューは以下の表のようになります。
投資
期間(数か月)
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
コスト アキュムレータ
データベースのアップグレード - Oracle
3
技術の整合性の向上
200,000
100,000.00
該当せず
200,000
6
200,000
フェデレーション セキュリティ
2
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
500,000
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
550,000
管理費システム
3
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
800,000
バックオフィス会計システム
9
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
1,550,000
企業時間と出社
5
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
2,000,000
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
2,100,000
クラウド ベースの受注
3
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
2,200,000
人事システムのアップグレード
6
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
2,500,000
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
3,200,000
ポートフォリオの合理化
ポートフォリオ計画内の投資の存在を実証または正当化するには、それらを合理化します。 たとえば、投資を特定の優先度の高い企業目標またはビジネス整合性要因にリンクさせて、現在の優先度を正当化することができます。
例: 現在の優先度に基づいた投資の合理化
取締役会は、更新されたポートフォリオ計画を確認し、フィードバックを提示します。 税金対策のためには、会社は可能な限り少ない経費を承認する必要があります。 そのため、より高額な資本金額を検討する必要があります。 このフィードバックを組み込むために、Raj は計画 1 から計画 2 を作成し、ウォーターライン ビューを手動で再作成します。 彼は、より資本コストが高い投資をリストの一番上にドラッグして、それらのランクを高くします。
以下の表に、ポートフォリオの計画 2 のバージョンを示します。
投資
期間(数か月)
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
コスト アキュムレータ
バックオフィス会計
9
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
750,000
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
1,450,000
企業時間と出社
5
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
1,900,000
人事システムのアップグレード
6
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
2,200,000
フェデレーション セキュリティ
2
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
2,500,000
管理費システム
3
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
2,750,000
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
2,850,000
クラウド ベースの受注
3
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
2,950,000
データベースのアップグレード - Oracle 3
3
技術の整合性の向上
200,000
100,000
該当せず
200,000
6
3,150,000
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
3,200,000
投資を確認後、取締役会と法務部が参加し、計画に対する以下の推奨事項を作成します。
  • 会社の方向性および以前のいくつかの法的取引により、フェデレーション セキュリティの投資は必須である。
  • 現在の Oracle のライセンスは有効期限が近いので、Oracle データベースはアップグレードする必要がある。
Raj は、必須の投資にフラグを立てるために、計画 2 のウォーターライン ビューを設定して、ビューに追加の[必須]フィールドを表示します。 以下の表に、投資の追加の[必須]フィールドを示します。
投資
期間(数か月)
必須
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
コスト アキュムレータ
フェデレーション セキュリティ
2
X
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
300,000
データベースのアップグレード - Oracle
3
X
技術の整合性の向上
200,000
100,000
該当せず
200,000
6
500,000
バックオフィス会計システム
9
該当せず
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
1,250,000
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
該当せず
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
1,950,000
企業時間と出社
5
該当せず
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
2,400,000
人事システムのアップグレード 6
6
該当せず
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
2,700,000
管理費システム
3
該当せず
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
2,950,000
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
該当せず
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
3,050,000
クラウド ベースの受注
3
該当せず
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
3,150,000
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム 4
4
該当せず
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
3,200,000
ポートフォリオ計画内の最新の投資リストを確認後、Lauren は以下の意見を述べます。
  • ポートフォリオには、販売の増加をサポートするイニシアチブが欠けている。
  • JIT アップグレードの投資は、大きな投資収益率が期待できる。 Lauren は、この投資を資金調達ミックスに追加することを決定する。
  • Lauren は、合計 260 万ドルの資金調達が得られることを期待している。
Raj は、計画 2 から計画 3 を作成し、フィードバックを計画 3 に組み込み、最終の合理化済み投資リストを作成します。 以下の表は、最新の優先度および 260 万ドルという予算の制約に基づく承認済み投資と未承認投資の最終リストを示しています。 資金提供された投資のウォーターラインは、ポートフォリオが資金を使い果たす、JIT システムのアップグレード イニシアチブに示されています。
プロジェクト
期間(数か月)
必須
ゴール
コスト
利益
資本コスト
業務コスト
リソース
コスト アキュムレータ
フェデレーション セキュリティ
2
X
技術の整合性の向上
300,000
3,000,000
275,000
25,000
5
300,000
データベースのアップグレード - Oracle
3
X
技術の整合性の向上
200,000
100,000
該当せず
200,000
6
500,000
バックオフィス会計システム
9
該当せず
オフィス効率の改善
750,000
1,000,000
675,000
75,000
15
1,250,000
マテリアル サプライヤへのインターフェース
9
該当せず
コストの削減
700,000
2,500,000
600,000
100,000
30
1,950,000
企業時間と出社
5
該当せず
オフィス効率の改善
450,000
700,000
400,000
50,000
12
2,400,000
クラウド ベースの受注
3
該当せず
販売の増加
100,000
750,000
該当せず
100,000
3
2,500,000
JIT(Just in Time)システムのアップグレード
5
該当せず
オフィス効率の改善
100,000
2,000,000
25,000
75,000
6
2,600,000
(資金調達打ち切り)
人事システムのアップグレード
6
該当せず
コストの削減
300,000
100,000
275,000
25,000
12
2,900,000
管理費システム
3
該当せず
オフィス効率の改善
250,000
20,000
200,000
50,000
5
3,150,000
GUI の再デザイン - サプライヤ インターネット システム
4
該当せず
技術の整合性の向上
50,000
60,000
該当せず
50,000
1
3,200,000