新ユーザ エクスペリエンス: プロジェクト チームへのスタッフ割り当て

ccppmop1571
HID_newux_project_staff
プロジェクト マネージャまたはリソース マネージャは、[スタッフ]グリッドを使用して、リソースとロールを自分のプロジェクトに配置して、その利用可能時間の合計を確認できます。 新しいプロジェクトへのスタッフ配置を検討する際は、以下の 4 つの重要な要因を考慮する必要があります。
  • 利用可能時間: リソースを作業に利用できる時間。
  • 配置: リソースがプロジェクトに割り当てられている時間の割合。
  • 割り当て: リソースがプロジェクト内で割り当てられるさまざまなタスク。
  • 実績値: 特定のタスクまたはタスク セットに対して、リソースがタイムシート内に入力した時間。
ProjectCreated
例: Derek はリソース マネージャで、新しく作成されたプロジェクト「Upgrade HR System」にスタッフを配置しています。 このプロジェクトはテンプレートから作成されているため、すでに一連のタスクと関連するロールが備わっています。 プロジェクトにスタッフを配置するために Derek が実行できるアクティビティのリストを確認しましょう。
3
2
[スタッフ]グリッドの概要
[スタッフ]グリッドを使用して、名前または ID によって人、ロール、チーム、非労働リソースを識別および追加できます。 [スタッフ]グリッドには、既定のビューで以下のフィールドがあります。
  • [プロジェクト ロール]
    : プロジェクトに対して要求されているスタッフ メンバのロールを定義します。
  • [予約ステータス]
    : スタッフ メンバが、プロジェクトの作業に対して一時的にスケジュールされているか(ソフト)、確定済みであるか(ハード)を定義します。
  • 時間入力オープン
    : スタッフ メンバが、プロジェクトのタイムシートに時間を入力できるかどうかを示します。 このチェック ボックスをオフにすると、スタッフ メンバは特定のプロジェクトの時間を記録できなくなります。
  • [開始]
    : スタッフ メンバの配置の開始日を定義します。
  • [終了]
    : スタッフ メンバの配置の終了日を定義します。
  • [配置]
    : プロジェクトに対するスタッフ メンバの利用可能時間の合計(計画済みまたは確定済み)を定義します。
  • [実績値]
    : プロジェクトに対してスタッフ メンバがポストした実績値を定義します。
  • [ETC]
    : プロジェクト タスクに対するスタッフ メンバの割り当ての合計を定義します。
  • [既定の配置]
    : 既定の配置を 100% として定義します。 既定の配置率は編集できます。
列パネルを使用して、関連するフィールドを検索し、グリッドに追加できます。 たとえば、Derek は列パネルを使用して、[合計]列をグリッドに追加できます。
リソースを追加/削除したり、ETC を変更したりするためにタスクを編集するたびに、変更は[スタッフ]グリッドに反映されます。
測定ユニットの設定
例: Derek は、
Clarity PPM
新ユーザ エクスペリエンス
にフルタイム当量(FTE)ではなく時間数を表示したいと考えています。 その方法を確認しましょう。
Units.jpg
Clarity PPM
新ユーザ エクスペリエンス
にフルタイム当量(FTE)ではなく時間数が表示されるように設定できます。 FTE は、フルタイムおよびパートタイムのリソースのデータを正規化する方法で、標準カレンダに基づいて計算されます。 FTE の詳細については、このナレッジ ベースの記事を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. 右上のアバターとユーザ名の隣にあるドロップダウン メニューをクリックします。
  2. [設定]
    を選択します。
  3. [概要]
    をクリックします。
  4. [測定単位]フィールドで、
    [FTE]
    または
    [時間]
    を選択します。
  5. [X 閉じる]
    をクリックします。
週次、月次、四半期、年次のリソース配置の表示
[プロジェクトスタッフ]グリッドのビューを調整して、会計またはカレンダの期間ごとのメトリック(期間単位値(TSV)とも呼ばれています)を表示できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [スタッフ]
    をクリックします。
  3. [表示オプション]
    をクリックします。
  4. [期間ごとのメトリック]フィールドを、配置のタイム スライス データの期間単位シリーズに設定します。 たとえば、[配置]または[ハード配置]を選択します。
    Units.jpg
  5. [期間]フィールドで、時間の単位(週、月、四半期、年)を選択します。
    Units.jpg
  6. 開始期間および終了期間を定義します。 期間に対して選択した値に基づいて、期間が自動的に調整されます。
  7. [X 閉じる]をクリックして、[表示オプション]パネルを閉じます。 [スタッフ]グリッドには、設定が適用され、期間全体にわたってスタッフ配置が表示されます。
Units.jpg
: Derek は、[表示オプション]ボタンを使用して[スタッフ]グリッドを設定し、プロジェクト開始からプロジェクト終了までの期間内のすべての月に関する配置が表示されるようにできます。 これにより、毎月のリソースの配置を把握し、計画することができるようになります。 現在のビューでは、アーキテクトがプロジェクトに 160 時間必要であることがわかりますが、そのロールはプロジェクトに 100% 配置されているため、利用可能時間は 656 時間です。 Derek は、アーキテクトがこのプロジェクトに 40% で配置される必要があることを認識しました。 そのため、このことについてプロジェクト マネージャに確認し、リソースを適切にリクエストまたは検索できます。
ハード配置およびソフト配置の操作(クラシック PPM ではミックス予約が有効でない)
[スタッフ]グリッドの[予約ステータス]列を使用して、リソースがプロジェクトの作業に対して一時的にスケジュールされているか(ソフト)、確定済みであるか(ハード)を確認できます。
例: Derek は、プロジェクトのロールについてプロジェクト マネージャに確認したいと考えています。 関連ロールの予約ステータスを[ハード]に変更して、プロジェクトへのコミットメントを確認できます。
予約ステータスがソフトである場合、予約の表示で選択された期間ごとにリソースの配置を調整できます。 リソースの予約ステータスをハードに変更すると、ETC が[ハード配置]列にコピーされます。 配置列に加えた変更は、[ハード配置]列に反映されます。 ミックス予約は許可されていないため、[ハード配置]列を直接編集することはできません。
プロジェクト スタッフへのロールの追加(複数可)
例: Derek はプロジェクト マネージャとの会話で、2 人の上級開発者、1 人の準開発者、1 人の主任開発者がプロジェクトに必要であると判断しました。 Derek は、この要件が[スタッフ]グリッドに記録されることを確認する必要があります。 その方法を見てみましょう。
まず、[スタッフ]グリッドに[要件名]フィールドを追加します。 同じロールの複数インスタンスをプロジェクトに追加できるようになります。 その場合、ロールを区別するために[要件名]フィールドでロールの名前を変更できます(準開発者、上級開発者、主任開発者など)。 プロジェクトの[スタッフ]タブで割り当てた新しいロール名は、[スタッフ配置]メイン メニューの下のページにも表示されます。
Units.jpg
以下の手順に従います。
  1. メイン メニューで、
    [プロジェクト]
    または
    [プロジェクト タイル]
    をクリックします。
  2. プロジェクトを開き、
    [スタッフ]
    をクリックします。
  3. 1 つ以上のフィルタを適用して、リスト内のスタッフ メンバの数を絞り込みます。
  4. 列パネルを使用して、要件名の属性を特定し、グリッドに追加します。
  5. [行の追加]
    をクリックします。 このボタンは、適切な予約権限を持っているユーザに対してのみ表示されます。
  6. リソース、ロール、チームを名前または ID で検索します。 リソースの場合、アーキテクト、ビジネス アナリストなどの主要なロールで検索することもできます。
  7. ロールを追加した後、要件が正確に反映されるように[要件名]列を更新します。
リソースの識別と追加
プロジェクト マネージャとリソース マネージャは通常[スタッフ配置]ページを使用して、さまざまなプロジェクトのリソースを識別します。 そのためのサンプル ワークフローを以下に示します。
  1. [Investments to Resources (投資からリソース)]ビューを使用して、プロジェクトに関連付けられているロールを確認します。 また、[スタッフ配置]ページの[要求]セクションを使用して、ロール別に要求を確認することもできます。
    Units.jpg
  2. [Investments to Resources (投資からリソース)]ビューを使用して、現在のリソース配置を確認し、潜在的なリソースを特定します。
    Units.jpg
  3. 次に、以下のいずれかの方法でリソースを配置することができます。
    1. [Investments to Resources (投資からリソース)]ビューから直接ロールをリソースで置き換えます。そのためには、投資を展開してロールを選択し、[詳細]パネルを使用します。
    2. 要求から直接ロールをリソースで置き換えます。そのためには、要求を選択して[詳細]パネルを使用します。
    3. [スタッフ]グリッドを使用して、プロジェクト内で直接ロールをリソースで置き換えます。 プロジェクト内の[会話]ページを使用して、プロジェクトにリソースを追加することもできます。
[スタッフ配置]ページの使用方法の詳細については、「新ユーザ エクスペリエンス: スタッフ投資へのリソースとロールの要求」を参照してください。
プロジェクト内のスタッフ メンバの置換
[スタッフ]グリッドを使用して、プロジェクトのロールおよびリソースを置換することもできます。 次のスタッフ メンバを置換できます。
  • ロールを別のロール、チーム、またはリソースで置換する。
  • リソースを別のリソース、チーム、またはロールで置換する。
  • チームを別のチーム、リソース、またはロールで置換する。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[スタッフ]をクリックします。
  2. [スタッフ]フィールドで、置換するリソース、ロール、またはチームをダブルクリックします。
  3. 以下のタスクのいずれかを完了します。
  • 名前、ID、またはプライマリ ロールでリソースを検索するか、ドロップ ダウン リストから選択します。
  • ロールを検索するか、ドロップダウン リストから選択します。
  • チームを検索するか、ドロップ ダウン リストから選択します。
別のスタッフ メンバとのロールの置換
例: Derek は、このプロジェクトのプロジェクト管理ロールをプロジェクト管理リソースに置き換えたいと考えています。 プロジェクト編集アクセス権およびリソースとロールに対する予約権限がある場合、任意の他のスタッフ メンバ(リソース、ロール、またはチーム)とロールを置換することができます。 以下の要因に基づいて、元のロールが部分的または完全に置換されます。
  • 既存のロールの予約権限とターゲットのロール、リソース、またはチームの予約権限の組み合わせ。 予約ステータスがハードである場合、ロールはプロジェクトに残ります。 ロールに対してハード予約権限を持つユーザは、そのロールを削除できます。
  • プロジェクト管理設定の[ロールの置換時にタスクを再割り当て]。 この設定は、クラシック PPM の[管理]で利用可能です。 「既定のプロジェクト設定の定義」を参照してください。
ロールの置換時には、プロジェクトにまだ存在していないターゲットのリソースまたはチームのみを選択できます。
別のスタッフ メンバとのリソースの置換
: Derek は、Jason が別のプロジェクトに異動となったため、プロジェクトの開発者を Jason から Sean に置き換えたいと考えています。 リソースを任意の他のスタッフ メンバ(リソース、ロール、またはチーム)と置換できます。 プロジェクトにまだ存在していないターゲットのリソースまたはチームのみを選択できます。 プロジェクトには、同じロールを複数回追加できます。 そのため、既存のリソースを置換するとき、プロジェクトにすでにあるターゲットのロールを選択できます。 プロジェクト編集アクセス権とリソースおよびロールに対するソフト予約権限が必要です。 既存のリソース配置がハードである場合、既存のリソースを置換するにはハード予約権限が必要です。 スタッフ メンバは、次のルールに基づいて既存のリソースを置換します: 既存のリソースをプロジェクトにポストされた実績値に置換する場合は、以下の動作が適用されます。
  • 既定の配置率に基づいて、ターゲットのスタッフ メンバが配置されます。
  • ターゲットのスタッフ メンバは、残りの ETC でタスクに割り当てられます。
  • 既存のリソースは、プロジェクトに残り、実績値がポストされているタスクに割り当てられます。
  • 既存のリソースの配置率はゼロにリセットされます。
  • すべての既存スタッフ メンバのタスク割り当て ETC の値はゼロにリセットされます。
既存のリソースをタスク割り当てで置換する場合、以下の動作が適用されます。
  • ターゲットのスタッフ メンバが残りの配置率と関連するすべてのタスク割り当てを伴って追加されます。
  • スタッフ メンバ配置の開始日は、既存のリソースの終了日の後に設定されます。 プロジェクトでの残りの既存の配置の配置率が使用されます。
  • 既存のリソースに予約されている実績値があるタスクでは、ターゲットのスタッフ メンバは残りの ETC でタスクに割り当てられます。
実績値がポストされていない既存のリソースを置き換える場合は、以下の動作が適用されます。
  • ターゲットのスタッフ メンバは、すべての配置とタスク割り当てについて既存のリソースを置換します。
  • 既存のリソースが削除されます。
チームをスタッフ メンバで置換する場合も、同じルールが適用されます。
プロジェクトからのスタッフ メンバの削除
[スタッフ]グリッドを使用して、プロジェクトからリソースを削除できます。 スタッフ メンバをグリッドから削除するには、リソースまたはロールのハード予約またはソフト予約の権限と、以下のプロジェクト権限が必要です。
  • プロジェクト - 編集(インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の編集(インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の編集 - すべて(グローバル)
プロジェクト スタッフから任意のロールをいつでも削除することができます。 以下の条件を満たす場合、プロジェクト スタッフからリソースを削除できます。
  • ポストされた実績値がリソースに関連付けられていません。
  • 予約済みステータスのリソース要求がリソースに関連付けられていない。
  • リソースに関連付けられた、予約ステータスのリソース要求がある場合は、クラシック PPM で最初にそのリソース要求を予約解除してから削除します。 その後、プロジェクト スタッフからそのリソースを削除することができます。 「リソース要求の管理」を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[スタッフ]をクリックします。
  2. 削除するスタッフ メンバの行の任意のセルをクリックします。
  3. セルを右クリックし、グリッドのコンテキスト メニューから[行の削除]を選択します。
  4. スタッフ メンバをプロジェクトから削除しても、リソースまたはロールはシステムから削除されません。
また、[会話]ページを使用して、プロジェクトのリソースを削除することもできます。
スタッフ配置情報の分析、編集、フィルタ、エクスポート
[スタッフ]グリッドでは、新しい動的グリッドが使用され、多くの機能が提供されます。 使い慣れたスプレッドシート形式の行、列、セルの配置に加えて、以下のことが可能です。
  • 行項目を追加します。 グリッド内で右クリックして、コンテキスト メニューから行を追加または削除できます。
  • セルの値をコピーして貼り付けます
  • 列を固定、サイズ変更、並べ替え、およびリセットすることで各グリッドをパーソナライズします
  • 列を昇順でソートし、シングル クリックでソート順序を降順に切り替えます
共通グリッドの機能の詳細については、「新ユーザ エクスペリエンスの開始」を参照してください。
グループ化基準の機能を使用した情報の分析および編集
[グループ化基準]オプションを使用して、選択した内容に基づいてグリッド内のデータを関連するグループに整理できます。 それにより、さまざまなグループの展開、データの分析、データの編集を行うことができます。
: Derek は、グリッド上のリソースをロール別にグループ化して、プロジェクトに割り当てられた各ロールを確認できます。 また、各ロールに関連付けられている配置合計のセルを選択して、画面の右下にあるグリッドのステータス バーで平均と合計を参照することもできます。
Units.jpg
[グループ化基準]機能は
Clarity PPM
15.7 で大幅に強化されました。 更新された機能の詳細については、「新規ユーザ エクスペリエンスの開始」を参照してください。
[詳細]パネルを使用した情報の編集
グリッド内のセルをクリックすると、詳細パネルが表示されます。 詳細パネルは 2 列のレイアウトで表示され、データを簡単かつ迅速に編集できます。
: Derek は、ロールを選択し、詳細パネルの[会話]ページを使用して、リソースの利用可能時間についてリソース マネージャと会話することができます。 また、[詳細]ページを使用して、詳細パネルに属性を追加することもできます。
Units.jpg
画面の 75% を占めるように詳細パネルをドラッグできます。 [詳細]列には 1 行につき複数のフィールドを含めることができ、フィールドの幅を変更できます。 詳細については、「新ユーザ エクスペリエンスの開始」を参照してください。
[フィルタ]オプションを使用して、[スタッフ]グリッド内のデータを迅速に検索できます。 また、[CSV にエクスポート]オプションを使用してデータをエクスポートすることもできます。 詳細については、「新ユーザ エクスペリエンスの開始」を参照してください。
スタッフ グリッドでのミックス予約の活用
プロジェクト マネージャとリソース マネージャが協力して
Clarity PPM
での配置とスタッフ配置の決定を行う、アジャイルな計画を実装するシナリオを考えてみましょう。 このようなシナリオでは、何年にもわたるプロジェクトに対してリソースは予約されません。管理チームがプロジェクトの期間全体に対してリソースをコミットしたくないからです。 したがって、リソース マネージャとプロジェクト マネージャは常に協力し、自分のチームについて配置を計画する必要があります。 そのようなシナリオでは、以下のような一般的な予約プロセスが実行されます。
  • プロジェクト マネージャ(PM)は、指定されたプロジェクトおよびその期間に必要なすべてのリソースに対して、ソフト予約された配置を入力します。
  • プロジェクト マネージャは、ソフト配置をキャプチャします。
  • リソース マネージャは、プロジェクト マネージャと協力して調整を行い、ソフト配置をハード配置に変換します。
プロジェクト マネージャとリソース マネージャの間のコラボレーションは、通常四半期ごとに継続して発生し、指定されたプロジェクトに対して以下の点で合意されます。
Clarity PPM でミックス予約を許可すると、「プロジェクト - マネージャ(自動)」アクセス権を持つユーザは、チームの詳細ページでリソースの配置データを変更できます。 ミックス予約を禁止するように設定を更新した場合、「プロジェクト - マネージャ(自動)」アクセス権を持つユーザは、リソース配置データを変更できなくなります。 この動作が可能になるのは、Clarity PPM の[ミックス予約を許可]オプションによって、チーム レコードの計画配置とハード配置に異なる値を設定できるためです。 プロジェクト マネージャは、プロジェクトの要件に基づいて計画配置を調整できますが、必要な予約権限がないとハード配置フィールドを更新できません。 リソース マネージャまたは関連する権限を持つユーザは、プロジェクト マネージャとの交渉後にハード配置フィールドを更新できます。 Clarity PPM の[ハード配置を受諾]および[計画配置を確定]アクションにより、リソース マネージャは計画配置とハード配置の曲線を同期できます。
一般的な予約プロセス
プロジェクト マネージャ(PM)は、指定されたプロジェクトおよびその期間に必要なすべてのリソースに対して、ソフト予約された配置を入力します。 プロジェクト マネージャは、「計画された」配置をキャプチャします。 リソース マネージャは、プロジェクト マネージャとの「会話」を通じて調整を行い、計画(ソフト)配置を確定済み(ハード)配置に変換します。 このような会話は、通常は四半期ごとに行われ、それによってミックス予約が生成されます。 計画配置とハード配置が等しくない場合、チーム メンバはミックス予約されます。
Clarity PPM
でのミックス予約の有効化
Clarity PPM
でミックス予約を有効にする場合は、管理者に対して、この機能をクラシック
Clarity PPM
で有効にするように依頼できます。 以下の手順に従います。
  1. [管理]メニューを開き、[プロジェクト管理]で
    [設定]
    をクリックします。
  2. [ミックス予約を許可]
    チェック ボックスをオンにし、
    [保存]
    をクリックします。
ミックス予約用の[スタッフ]グリッドの設定
クラシック PPM でミックス予約を有効にした後、[スタッフ]グリッドで以下のアクティビティを実行して、ミックス予約を正常に使用できるようにします。
  • 列パネルを使用して、[スタッフ]グリッドに合計(配置、ハード配置)およびハード配置の属性を追加します。
  • [表示オプション]を使用して、[期間ごとのメトリック]ドロップダウン リストで
    [配置]
    [ハード配置]
    を選択します。
ミックス予約が有効になっている場合の配置の編集
配置(ソフト)とハード配置の合計または期間ごとのメトリックの両方を入力できるようになりました。 合計を入力した場合、その値は期間ごとのメトリックに均等に配分されます。 配置データとハード配置データが一致しない場合、予約ステータスは自動的に[ミックス]に設定されます。
Clarity PPM
でミックス予約が有効になっている場合に、ミックス、ハード、ソフトの各予約ステータスのルールを確認してみましょう。
  • 予約ステータスを[ミックス]に直接変更することはできません。 このステータスは、配置データがハード配置データと一致しない場合に自動的に設定されます。
  • 予約ステータスは、[ミックス]から[ハード]、または[ミックス]から[ソフト]に直接変更できます。
  • 現在の予約ステータスが[ミックス]で、配置またはハード配置を更新すると、以下の場合を除き、ステータスは[ミックス]のままになります。
    • 配置がハード配置と一致した
    • ハード配置が完全に削除された
  • すべてのハード配置を手動で削除すると、予約ステータスは自動的に[ソフト]に更新されます。
ミックス予約が有効な場合、
新ユーザ エクスペリエンス
で[スタッフ配置]ページに移動すると、警告が表示されます。 [スタッフ配置]ページは、読み取り専用モードで提供されています。 したがって、個々のプロジェクトでスタッフ配置アクティビティを実行する必要があります。
エンティティ会計期間から派生する期間ごとのメトリック
すべての期間ごとのメトリックでは、クラシック PPM のシステム既定エンティティの会計期間定義を使用します。 グリッド内に表形式で表示される期間単位値の開始期間と終了期間を設定および調整できます。 たとえば、12 か
の期間のデータを表示できます。
四半期
に切り替えた場合、グリッドは 4 つの四半期を表示するように調整されます。 期間を切り替えると、一貫性を維持するため、一致する最も近い開始期間または終了期間にシフトされます。
以下の画像は、16 週間の週単位の配置を示し、配置合計が 600 時間未満の行はすべて除外されています。
image2019-5-7_18-20-51.png
グリッドの
[グループ化基準]
モードでは、集計された TSV データは使用できません。
配置の値
以下の画像は、プロジェクトのスタッフ配置合計がさまざまな列でどのように異なるかを示しています。
20190612-STAFF-PAGE-ALLOC-FTE-HOURS-DIFF-KE.jpg
左側の[配置]列は、スカラー フィールド値と呼ばれる場合があります。 右側の値(合計 | 配置)は、期間ごとのメトリックから値を導出します。このメトリックは、期間単位値(TSV)フィールド、およびクラシック PPM の会計期間に基づいています。
2 つの異なる値が表示される場合がありますが、この動作は有効です。 FTE 単位の場合、差異はより顕著です。 スカラーの配置の値では、行の開始日と終了日の正確な日付の境界を使用します。 期間ごとのメトリックの合計配置では、開始期間の開始日および選択された終了期間の最終日が使用されます。 計算は別の方法で導出されます。 グリッド内の行の日付範囲よりも TSV の範囲が大きい場合があります。 この動作は、合計が、特に FTE 値が異なる場合があるのはなぜかを説明しています。
FTE1 .png
  • 配置(FTE または時間で表される) = 配置作業時間 ÷ 合計作業時間
  • 配置は、リソースが投資に配置されている期間を、カレンダ時間ではなく、可能な合計作業時間の割合として定義します。
  • 典型的な稼働日は、多くの場合、午前 8 時 ~ 午後 5 時で、昼食の時間は 1 時間未満です。 8 時間 × 3600 = 1 日あたり 28,800 秒となります。
  • 通常、リソースは 5 日間に配置されている可能性があります。 その場合の配置は 28,000 × 5 = 144,000 秒です。
  • 一般的な週では、2 つの日付の間の合計作業可能時間は、5 日 × 8 時間 × 3600 = 144,000 秒となります。
  • この例では、5 日間の週のリソース配置は、配置作業時間(144,000)÷ 合計作業時間(144,000) = 1 FTE です。
Clarity PPM
は、指定されたリソース配置の値の合計を計算します。この値は、その配置セグメントの期間中の可能な合計作業時間と比較して、プロジェクトに配置されている秒数を表します。 また、現在選択されている期間の動的な合計を計算するために、期間ごとのメトリックについても考慮されます。
[合計
|
配置]
というラベルの付いた列が表示され、選択した期間のラベルを持つ複数の列と、続いて各期間の下に
[配置]
が表示されます。
[合計配置]
スカラー値の計算とは異なり、期間ごとの配置作業時間の列は、配置の合計を表しますが、プロジェクト全体ではなく、現在のビューの期間に対してのみ表示されます。 配置の動的な合計を計算する場合、期間のどれだけの長さに対してリソースが配置されているかが判断され、同じ動的期間中に利用可能な合計作業時間でその数が除算されます。 これらの数値は、さまざまな計画期間を表します。ここでは、元の配置の日付範囲を超えてそれ以上の期間を選択することも可能です。 このことは、一部のユーザがデータのバリエーションとして認識している状況を説明します。
: 以下の例には、異なる配置を持つ 2 つのリソースが示されています。 リソース マネージャは、現在から 6 か月先の計画を試みています。 データは正規化され、選択された期間にわたって予想される配置が計算されます。
FTE2.png
以下の画像は、ユーザが
[表示オプション]
で 6 か月の期間を選択している様子を示しています。
FTE3.png
合計列および期間ごとの列のセル値の更新
[スタッフ]
および
[割り当て]
グリッドでは、以下のような簡単な機能とオプションがサポートされています。
  • グリッドを設定(
    [列パネル]
    をクリック)して、
    [合計]
    列、期間ごとのメトリックの列、またはその両方に配置の値を表示できます。
  • 両方を表示する場合は、各期間ごとの列に個別の値を入力して、
    [合計]
    列の値に対してカウントされるようにすることができます。
  • 反対に、
    [合計]
    に 1 つの値を入力し、現在のビュー内の残りの期間に配置を動的に分散させることもできます。
image2019-6-13_11-21-56.png
また、値をコピーし、複数のセルにまたがって貼り付けることもできます。ただし、予期しない結果が生じる可能性があるため注意してください。
  • グリッド内でコピーおよび貼り付けを行う場合は、コピーするセルと貼り付けるセルのディメンションと列が同じであることを確認してください。
  • 同じ操作で、
    [合計]
    列と期間ごとのメトリック列の両方から値のコピーおよび貼り付けを行わないようにすることをお勧めします。 どちらか 1 つを使用してください。 つまり、
    [合計]
    列および期間ごとのメトリック列の値を 1 つの貼り付け操作で更新しようとしないでください。
非労働リソースのビジネス ルール
  • 非労働リソースの利用可能時間がゼロである場合、リソースまたはロールが投資チームに追加されると、配置がゼロになり、ETC もゼロになります。
  • 経費のリソースとロールの利用可能時間は常にゼロになります。
  • 経費リソースまたはロールに利用可能時間を含めるように設定することはできません。
  • 作業工数や作業時間の追跡には経費を使用しません。
  • ただし、備品および資材と労働のリソースはすべて、利用可能時間がゼロでもゼロでなくてもかまいません。 これらのタイプのリソースは、投資内で作業の実行をスケジュールできます。または備品および資材の場合には、使用時間をスケジュールできます。
労働リソースのビジネス ルール
  • 労働リソースには 0 より大きい利用可能時間が必要です。
  • 需要がゼロの場合、労働リソースを投資チームに追加する際、配置率をゼロに設定すると、タスク割り当ては ETC の値を持たなくなります。
  • 特定の労働リソースにキャパシティが表示されないようにする場合は、すべてが非稼働日の非標準カレンダを作成できます。
  • また、配置と ETC の値は、関連付けられたカレンダ内のリソースの利用可能時間にも影響を受けます。 したがって、リソースの利用可能時間の設定がゼロでない場合でも、そのリソースがチームまたはタスクに追加されると、計算される実際の配置または ETC の値は、リソースのカレンダの利用可能時間とリソースの採用日と退職日によって変わります。
[スタッフ]グリッドを使用する場合のビジネス ルール
新ユーザ エクスペリエンス
でプロジェクトにスタッフを配置する場合は、以下のビジネス ルールに従います。
  • プロジェクトの[スタッフ]グリッドを使用して、
    労働ロールおよび非労働ロールを追加できます。
  • スタッフ配置の機能、プロジェクト スタッフのグリッド、またはプロジェクトの割り当てグリッドを使用して、ロールの置換を実行できます。
  • ロールがチームに割り当てられたプロジェクト テンプレートがあり、
    新ユーザ エクスペリエンス
    でこのテンプレートからプロジェクトを作成すると、労働および非労働のロールのみがプロジェクトの[スタッフ]グリッドに表示されます。
  • ロールがタスクに割り当てられたプロジェクト テンプレートがあり、
    新ユーザ エクスペリエンス
    でこのテンプレートからプロジェクトを作成すると、新しいプロジェクトでは引き続きロールがタスクに割り当てられます。 スタッフ配置の機能、プロジェクト スタッフのグリッド、またはプロジェクトの割り当てのグリッドを使用して、ロールの置換を実行できます。
  • チーム オブジェクトの以下の属性に、クラシック PPM で定義されている既定値が設定されていることを確認します。 これらの属性に既定値が定義されていない場合、ユーザは
    新ユーザ エクスペリエンス
    のプロジェクトのチーム レコードを編集できません。
    • 予約ステータス
    • 要求ステータス
  • リソース要求は、
    新ユーザ エクスペリエンス
    ではサポートされていません。
[スタッフ]グリッドを使用するためのアクセス権
以下のビジネス ロジックは、アプリケーションがリソースおよびロールをスタッフ メンバとして追加する方法を決定します。
  • プロジェクトと、そのプロジェクト マネージャの予約アクセス権の組み合わせ。
  • クラシック
    Clarity PPM
    のチーム サブ オブジェクトの既定の予約ステータス設定。
既定の設定では、予約ステータスはソフトに設定されるため、ソフト予約権限を持つユーザは、スタッフ メンバを追加できます。 システム管理者は、ハード予約権限を持つユーザのみがスタッフ メンバを追加できるように、既定の設定をハードに変更できます。
アクセス権
既定の予約ステータスがソフトの場合
既定の予約ステータスがハードの場合
  • プロジェクト - 編集
  • リソース - ハード予約
  • スタッフ メンバが追加されます
  • 予約ステータスがソフトに設定されます
  • スタッフ メンバが追加されます
  • 予約ステータスがハードに設定されます
  • プロジェクト - 編集
  • リソース - ソフト予約
  • スタッフ メンバが追加されます
  • 予約ステータスがソフトに設定されます
  • スタッフ メンバを追加できません
  • プロジェクト - 表示
  • リソース - ハード予約
  • スタッフ メンバが追加されます
  • 予約ステータスがソフトに設定されます
  • スタッフ メンバが追加されます
  • 予約ステータスがハードに設定されます
  • プロジェクト - 表示
  • リソース - ソフト予約
  • スタッフ メンバを追加できません
  • スタッフ メンバを追加できません
プロジェクトの編集およびハード予約権限
スタッフ メンバの予約ステータスによっては、プロジェクトの編集アクセス権とリソースまたはロールのハード予約権限で以下の属性を編集できます。
プロジェクト アクセス
リソース/ロール - ハード予約
スタッフの予約ステータスがソフトの場合
リソース/ロール - ハード予約
スタッフの予約ステータスがハードの場合
プロジェクト - 編集
(インスタンスまたは OBS)
このアクセス権には、[資本化 %]フィールドの編集が可能な「
プロジェクト - 会計情報の編集
」アクセス権が含まれています。
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 資本化 %
  • カスタム スタッフ フィールド
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 資本化 %
  • カスタム スタッフ フィールド
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • プロジェクト - 管理の編集
    (インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の編集 - すべて
    (グローバル)
これらのアクセス権には「
プロジェクト - 会計情報の編集
」アクセス権は含まれません。
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
プロジェクト表示およびハード予約権限
スタッフ メンバの予約ステータスによっては、プロジェクトの表示アクセス権とリソースまたはロールのハード予約権限で以下の属性を編集できます。
プロジェクト アクセス
リソース/ロール - ハード予約
スタッフの予約ステータスがソフトの場合
リソース/ロール - ハード予約
スタッフの予約ステータスがハードの場合
  • プロジェクト - 表示
    (インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の表示
    (インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の表示 - すべて
    (グローバル)
リソースのハード予約と組み合わせると、ユーザはほとんどのスタッフ フィールドを編集できます。
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(リソースやロールの名前)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 予約ステータス
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
プロジェクトの編集およびソフト予約権限
スタッフ メンバの予約ステータスによっては、プロジェクトの編集アクセス権とリソースまたはロールのソフト予約権限で以下の属性を編集できます。
プロジェクト アクセス
リソース/ロール - ソフト予約
スタッフの予約ステータスがソフトの場合
リソース/ロール - ソフト予約
スタッフの予約ステータスがハードの場合
プロジェクト - 編集(インスタンスまたは OBS)
このアクセス権には、[資本化 %]フィールドの編集が可能な「プロジェクト - 会計情報の編集」アクセス権が含まれています。
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 資本化 %
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 既定の配置
  • 資本化 %
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • プロジェクト - 管理の編集(インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の編集 - すべて(グローバル)
これらのアクセス権には「プロジェクト - 会計情報の編集」アクセス権は含まれません。
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 開始/終了(プロジェクトの日付範囲内で配置日を変更するか、プロジェクトの日付範囲を超えて配置を拡張)
  • 既定の配置
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • プロジェクト ロール(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • プロジェクト - 表示
  • プロジェクト - 管理の表示
表示のみ
表示のみ
プロジェクトの編集、および予約権限なし
スタッフ メンバの予約ステータスによっては、プロジェクトの編集アクセス権と、リソースまたはロールの予約権限
なし
で以下の属性を編集できます。
プロジェクト アクセス
予約権限なし
プロジェクト - 編集(インスタンスまたは OBS)
このアクセス権には、[資本化 %]の編集が可能な「プロジェクト - 会計情報の編集」が含まれています。
以下の属性を編集します。
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • [プロジェクト ロール]フィールド(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 資本化 %
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • プロジェクト - 管理の編集(インスタンスまたは OBS)
  • プロジェクト - 管理の編集 - すべて(グローバル)
これらのアクセス権には「プロジェクト - 会計情報の編集」アクセス権は含まれません。
  • スタッフ(ロール名のみ)
  • [プロジェクト ロール]フィールド(ロールの「リソース - 表示」アクセス権に対応)
  • 時間入力がオープン
  • 依頼されたマネージャ(ロールの場合)
  • カスタム スタッフ フィールド
  • プロジェクト - 表示
  • プロジェクト - 管理の表示
表示のみ